MENU

年をとるのも悪くないと思える社会の実現を! Aging is the Process of Maturity in Human Life
  • ライフサポート技術開発学(モルテン寄付講座)
  • 社会連携講座アドバンストナーシングテクノロジー
  • 社会連携講座スキンケアサイエンス
  • 社会連携講座イメージング看護学
  • 大学院入学希望の方へ
  • 研究へのご協力のご依頼
  • 健康科学・看護学専攻
  • 東京大学医学部健康総合科学科 看護科学専修
  • 東京大学スポーツ先端科学研究拠点
  • 日本褥瘡学会
  • 看護理工学会
  • 日本創傷オストミー失禁管理学会
  • 真田先生の歩み
  • 褥瘡・創傷管理のホームページ
  • UTokyo promotion video
  • 第32回日本小児ストーマ・排泄・創傷管理研究会

What's new


健康総合科学科看護科学専修の学生の「東大看護のことを世の中にもっと知ってほしい」という思いから企画・制作されたプロモーションビデオです。あらゆる人を対象に、生きる力を最大限に発揮して暮らせるように支援する看護を、「生きる力を看る、最後まで護る」というコンセプトで表現しています。
>看護科学専修PV紹介ページ

Events

これまでのイベントはこちら
北海道・札幌で開催された第27回日本創傷・オストミー失禁管理学会学術集会に参加致しました。「WOC分野におけるリーン・ヘルスケア ―バリューと医療資源を考える」をテーマに開催され、多くの素晴らしい発表から刺激を受けた2日間でした。当教室からは16件発表し、森 武俊特任教授、仲上 豪二朗准教授が会長賞、修了生の野沢恭介さんが学術奨励賞を受賞致しました。 (2018/05/19-2018/05/20)
ゴールデンウィーク恒例の老年看護学/創傷看護学分野テニス大会(通称 真田杯)を開催致しました。今年で13回目を迎えるテニス大会で皆で爽やかに汗を流しました。 (2018/04/29)
当教室秘書の渡辺さん、ライフサポート技術開発学(モルテン)寄付講座秘書の交野さん、社会連携講座スキンケアサイエンス秘書の古閑さんに日頃の感謝の気持ちを込めて、秘書の日のお祝いをしました。いつもありがとうございます! (2018/04/25)
老年看護学/創傷看護学分野の同窓会「八重桜の会」を開催しました。学位論文の発表を中心に、新講座、グローバルナーシングリサーチセンター設立後の様子など、教室の活動を共有することができました。これまで教室に関わってこられた先生方、先輩方の努力や成果が積み重なって今の教室があることに感謝し、今後も研究に励んで参りたいと思います。 (2018/04/08)
ConvaTec UK Tissue viability nurseであるDavid Nelson先生をお招きし、「Model of therapeutics options for leg ulcers and the role of tissue viability nurses in UK」と題して特別講演をしていただきました。 (2018/04/06)
新年度より新たに教室の仲間になりました新任の教員、新入生、学部生を囲み、歓迎会を開催致しました。楽しいひと時を過ごし、親睦を深めました。 (2018/04/02)
新年度を迎えました。新講座の開設、グローバルナーシングリサーチセンターの設立で更に充実した環境で、看護理工学研究を一層推し進める一年として参ります。 (2018/04/02)
学部生の大野 昴紀 さんが卒業論文「研究奨励賞」を受賞しました。教室で取り組んで来た看護理工学研究の研究が学内でも評価されたことを誇りに思っております。 (2018/03/23)
平成29年度学位記授与式・卒業式が執り行われました。当教室からは、老年看護学分野と創傷看護学合わせて博士課程修了1名、博士課程退学1名、修士課程修了4名、学部卒業1名がそれぞれに課程を終えることができましたことをご報告申し上げます。今後はこの教室で学んだことを糧として、それぞれの道を進んで参ります。今後とも、皆様よりの御支援、御指導の程、何卒よろしくお願い申し上げます。 (2018/03/22)
東京で開催された第67回日本老年医学会関東甲信越地方会に参加致しました。当教室からは演題2件を発表致しました。 (2018/03/03)
第14回大学院合同研究会を行いました。岩手県立大学、金沢大学、山形大学、横浜市立大学、東京大学の5教室が岩手に集結し、日頃の研究成果を共有致しました。奇しくも桃の節句、萌芽的な研究の数々に、議論にも花が咲きました。 (2018/03/02-2018/03/03)