MENU

年をとるのも悪くないと思える社会の実現を! Aging is the Process of Maturity in Human Life
  • ライフサポート技術開発学(モルテン寄付講座)
  • 社会連携講座アドバンストナーシングテクノロジー
  • 社会連携講座スキンケアサイエンス
  • 東京大学スポーツ先端科学研究拠点
  • 日本褥瘡学会
  • 看護理工学会
  • 日本創傷オストミー失禁管理学会
  • 第4回看護理工学入門セミナー
  • 第5回看護理工学会学術集会
  • 健康科学・看護学専攻
  • 東京大学医学部健康総合科学科 看護科学専修
  • 褥瘡・創傷管理のホームページ

What's new


当教室の研究が東京大学の大学紹介ビデオ “UTokyo/Society”で紹介されています。(1分4秒頃)点滴を刺す際の血管の位置がわかる仮想超音波プローブシステムと、点滴をうける手元とを対比し、看護理工学研究が臨床の看護に起こすイノベーションをイメージしています。
>詳細はこちら(東京大学webサイト)

Events

これまでのイベントはこちら
藤田保健衛生大学 副学長の才藤栄一先生をお招きし、「リハビリテーション医学・医療」「摂食嚥下リハビリテーション」と題してご講義頂きました。リハビリテーションの基本的な考え方から、摂食嚥下リハビリテーションの最新知見まで濃密な内容のご講義に深い感銘を受けました。 (2017/02/14)
社会連携講座スキンケアサイエンスの開設のお祝いをしました。 (2017/02/03)
金沢大学新学術創生研究機構ユニット長の須釜淳子先生をお招きし、「褥瘡予防ケア―圧分散ケアのエビデンス―」と題してご講義頂きました。圧分散ケアの基礎知識から圧分散マットレスに関する先生のご研究の最新の知見まで幅広くご紹介いただきました。 (2017/01/30)
医療法人社団廣仁会札幌皮膚科クリニック副院長の安部正敏先生をお招きし、ご講義頂きました。 (2017/01/23)
当教室修士課程2年5名の修士論文発表会が無事終了いたしました。終了後の打ち上げは、大変賑やかな会となりました。今後は、研究成果をアウトプットすべく、論文投稿や学会発表に向けて準備を進めてまいります。 (2017/01/20)
新年、明けましておめでとうございます。旧年中はひとかたならぬご支援を賜り、誠に有難うございました。本年も教室員一同、看護学の発展に貢献できるよう研究活動に取り組んで参ります。今年も何卒宜しくお願い申し上げます。 (2017/01/01)
上尾中央総合病院の大村健二先生をお招きし、「慢性腎臓病患者に発生した褥瘡の治療」、「周術期、侵襲期の栄養管理」と題して御講義頂きました。 (2016/12/26)
東京大学医学部附属病院の小柳礼恵先生、藤沢市民病院の内藤亜由美先生をお招きし、御講義頂きました。 (2016/12/19)
北美原クリニック理事長の岡田晋吾先生をお招きし、「在宅医療の実際~多職種連携、ICTの活用~」と題して御講義頂きました。 (2016/12/12)
真田弘美教授が大会長を務めた第46回日本創傷治癒学会が開催されました。ご参加いただいた皆様、ボランティアスタッフの皆様に御礼申し上げます。 (2016/12/09-2016/12/10)
首都大学東京大学院人間健康科学研究科教授の勝野とわ子先生をお招きし、「認知症者と介護家族を支えるケア」と題して御講義頂きました。 (2016/12/05)