MENU

年をとるのも悪くないと思える社会の実現を! Aging is the Process of Maturity in Human Life
  • ライフサポート技術開発学(モルテン寄付講座)
  • 社会連携講座アドバンストナーシングテクノロジー
  • 社会連携講座スキンケアサイエンス
  • 社会連携講座イメージング看護学
  • 健康科学・看護学専攻
  • 東京大学医学部健康総合科学科 看護科学専修
  • 東京大学スポーツ先端科学研究拠点
  • 日本褥瘡学会
  • 看護理工学会
  • 日本創傷オストミー失禁管理学会
  • 第39回日本看護科学学会学術集会
  • 真田先生の歩み
  • 研究へのご協力のご依頼
  • 褥瘡・創傷管理のホームページ
  • 国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会
  • UTokyo promotion video
  • 大学院入学希望の方へ

What's new


健康総合科学科看護科学専修の学生の「東大看護のことを世の中にもっと知ってほしい」という思いから企画・制作されたプロモーションビデオです。あらゆる人を対象に、生きる力を最大限に発揮して暮らせるように支援する看護を、「生きる力を看る、最後まで護る」というコンセプトで表現しています。
>看護科学専修PV紹介ページ

Events

これまでのイベントはこちら
フランス・リヨンで開催されたThe 21st Annual Meeting of the European Pressure Ulcer Advisory Panelに参加致しました。当教室からは2件発表しました。 (2019/09/18-2019/09/20)
慶応義塾大学日吉キャンパスで開催されたLIFE2019 (日本機械学会福祉工学シンポジウム2019・第35回ライフサポート学会大会・第19回日本生活支援工学会大会)に参加致しました。当教室からは口演2件を発表しました。 (2019/09/12-2019/09/14)
Nottingham trent universityで開催されたInternational summer schoolに参加し、世界各国の創傷分野における最新の研究や教育方法について学びを深めました。真田 弘美 教授がInternational Symposiumで講演し、若手教員らがワークショップレクチャーとハンズオン、各学生が研究発表を行いました。また、ILFJの成果であるLIMPRINTポスターがBest Innovation Poster Awardを受賞しました。 (2019/09/02-2019/09/06)
第15回東京大学・金沢大学合同研究会を京都にて行いました。普段とは違う視点から、多くのご指導、ご意見を頂き大変学びの多い一日となりました。 (2019/08/25)
京都で開催された第21回日本褥瘡学会学術集会に参加致しました。当教室からは口演4件、シンポジウム3件、ランチョンセミナー2件を発表しました。博士1年の前田智徳さんが最優秀演題賞を受賞しました。 (2019/08/23-2019/08/24)
夏恒例のゼミ合宿を静岡県の伊東市で行いました。いつもと異なる環境の中、皆が集中してゼミに取り組み、熱いディスカッションが交わされました。ゼミ後には青空の下、全員で楽しくBBQにて英気を養いました。 (2019/08/08-2019/08/09)
ブリティッシュコロンビア大学、香港大学、香港中文大学からサマープログラムへの参加者をお迎えして、最新の褥瘡管理についてハンズオンも含め授業を行いました。 (2019/08/05-2019/08/06)
ドイツ・ベルリンで開催された The 41st International Engineering in Medicine and Biology Conference (EMBC'19)に参加致しました。当教室からは3件発表しました。 (2019/07/24-2019/07/27)
第7回看護理工学入門セミナーが医学部2号館で開催されました。沢山の方にご参加頂き、盛況のうちに無事終えることができました。ご参加頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。 (2019/07/20-2019/07/21)
福井県で開催された国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会第9回学術集会に参加致しました。真田 弘美 教授が特別講演、仲上 豪二朗 准教授と臺 美佐子 特任講師が理事長企画演題の発表とリンパ浮腫エコーのハンズオンセミナーを行いました。 (2019/07/06-2019/07/07)
9th International Lymphoedema Framework Conference in Chicagoに参加いたしました。真田 弘美 教授、仲上 豪二朗 准教授、臺 美佐子 特任講師がInternational Lymphoedema Frameworkとの国際共同プロジェクト成果を報告いたしました。 (2019/06/13-2019/06/15)