MENU

論文一覧

2017

原著(英語)

  1. Yamanaka H, Okada S, Sanada H. A multicenter, randomized, controlled study of the use of nutritional supplements containing collagen peptides to facilitate the healing of pressure ulcers. Journal of Nutrition and Intermediary Metabolism. 2017;8(2017):51-9. [uri] [doi]
  2. Murayama R, Uchida M, Oe M, Takahashi T, Oya M, Komiyama C, Sanada H. Removal of peripheral intravenous catheters due to catheter failures among adult patients. Journal of Infusion Nursing. 2017;40(4):224-31. [doi]
  3. Yabunaka K, Nakagami G, Kitamura A, Sanada H. Pocket-sized versus laptop type ultrasonography devices for imaging normal subcutaneous tissue. Journal of Nursing Science and Engineering. 2017;4(1):21-6.
  4. Uehata Y, Yoshida M, Yabunaka K, Minematsu T, Tamai N, Sugama J, Sanada H. Relationship of skin hardness of the temporal region to nutritional status. Journal of Nursing Science and Engineering. 2017;4(1):49-57.
  5. Nakagami G, Mori M, Yoshida M, Kitamura A, Hayashi A, Miyagaki T, Sasaki S, Sugama J, Sanada H. Inter-rater and intra-rater reliability outcomes of a rapid bacteria counting system with pressure ulcer samples. Journal of Wound Care. 2017;26(Sup2):S27-S31. [uri] [doi]
  6. Goto T, Nakagami G, Takehara K, Nakamura T, Kawashima M, Tsunemi Y, Sanada H. Examining the accuracy of visual diagnosis of tinea pedis and tinea unguium in aged care facilities. J Wound Care. 2017;26(4):179-83. [uri] [doi]
  7. Koyano Y, Nakagami G, Sanada H. Reliability and validity of the Japanese version of Incontinence-Associated Dermatitis and its Severity (IADS). Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy, and Continence. 2017;21(1):1-9. [uri]
  8. Nozawa K, Tamai N, Minemtsu T, Kitamura A, Saegusa M, Amaike K, Sanada H. Situation of occurrence and morphological characteristics of peressure ulcers among inpatients with mental illness. Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy, and Continence. 2017;21(1):10-24. [uri]
  9. Noyori S, Nakagami G, Noguchi H, Yabunaka K, Mori T, Sanada H. A New Ultrasonographic Image Displaying System to Support Vein Detection. Journal of Robotics and Mechatronics. 2017;29(2):306-16. [uri] [doi]
  10. Oya M, Murayama R, Oe M, Yabunaka K, Tanabe H, Takahashi T, Matsui Y, Otomo E, Komiyama C, Sanada H*. Continuous thermographic observation may predict extravasation in chemotherapy-treated patients. European Journal of Oncology Nursing. 2017;28:56-61. [uri] [doi]
  11. Miura Y, Yamabe A, Nakagami G, Sanada H. Relationship between health literacy and adherence to exercise classes in health care facilities. Journal of Clinical Gerontology and Geriatrics. 2017;8(2):52-7.
  12. Kon Y, Ichikawa-Shigeta Y, Iuchi T, Nakajima Y, Nakagami G, Tabata K, Sanada H, Sugama J. Effects of a Skin Barrier Cream on Management of Incontinence-Associated Dermatitis in Older Women: A Cluster Randomized Controlled Trial. Journal of Wound Ostomy and Continence Nursing. 2017;44(5):1-6. [doi]
  13. Tamai N, Minematsu T, Tsunokuni S, Aso K, Higashimura S, Nakagami G, Sanada H. Detection of albumin using skin blotting as a measure of skin barrier function. Journal of Nursing Science and Engineering. 2017;4(2):116-20. [doi]
  14. Watanabe A, Noguchi H, Oe M, Sanada H, Mori T. Development of a Plantar Load Estimation Algorithm for Evaluation of Forefoot Load of Diabetic Patients during Daily Walks Using a Foot Motion Sensor. Journal of Diabetes Research. 2017;2017:1-8. [uri] [doi]
  15. Haryanto H, Aris, i D, Suriadi S, Imran I, Ogai K, Sanada H, Okuwa NM. Relationship between maceration and wound healing on diabetic foot ulcers in Indonesia: a prospective study. International Wound Journal. 2017;14(3):516-22. [doi]
  16. Takahashi T, Murayama R, Oe NM, Tanabe H, Yabunaka K, Arai R, Komiyama C, Uchida M, Sanada H. Is Thrombus With Subcutaneous Edema Detected by Ultrasonography Related to Short Peripheral Catheter Failure? A Prospective Observational Study. Journal of Infusion Nursing. 2017;40(5):313-22. [doi]
  17. Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Ota R, Hashimoto NK, Kobayashi M, Sugama J. Wash or wipe? A comparative study of skin physiological changes between water washing and wiping after skin cleaning. Skin Research and Technology. 2017;23(4):519-24. [doi]
  18. Iuchi T, Kobayashi M, Tsuchiya S, Ohno N, Dai M, Matsumoto M, Ogai K, Sato A, Sawazaki T, Miyati T, Tanaka S, Sugama J. Objective assessment of leg edema using ultrasonography with a gel pad. PLos One. 2017;12(8):e0182042. [uri]
  19. Yusuf S, Okuwa M, Rassa S, Laitung B, Kasim S, Irwan M, Sanada H, Nakatani T, Sugama J. Relationship between sandals and diabetic foot ulcers in an outpatient clinic in Indonesia. The Diabetic Foot Journal. 2017;20(2):83-8.
  20. Abe-Doi M, Oe M, Murayama R, Takahashi M, Zushi Y, Tanabe H, Takamoto I, Suzuki R, Yamauchi T, Kadowaki T, Komiyama C, Sanada H. Development of an Automatic Puncturing and Sampling System for a Self-Monitoring Blood Glucose Device. DIABETES TECHNOLOGY and THERAPEUTICS. 2017;19(11). [uri] [doi]
  21. Takehara K, Amemiya A, Mugita Y, Tsunemi Y, Seko Y, Ohashi Y, Ueki K, Kadowaki T, Oe M, Nagase T, Ikeda M, Sanada H. The Association between Tinea Pedis and Feet-Washing Behavior in Patients with Diabetes: A Cross-sectional Study. Advances in Skin and Wound Care. 2017;30(11):510-6. [doi]
  22. Koyano Y, Nakagami G, Iizaka S, Sugama J, Sanada H. Skin property can predict the development of skin tears among elderly patients: a prospective cohort study. International Wound Journal. 2017;14(4):691-7. [uri] [doi]
  23. Yoshida M, Murayama R, Hotta K, Higuchi Y, Sanada H. Differences in motor learning of pelvic floor muscle contraction between women with and without stress urinary incontinence: Evaluation by transabdominal ultrasonography. Neurourol Urodyn. 2017;36(1):98-103. [uri] [doi]
  24. Goto T, Nakagami G, Nakai A, Noyori S, Sasaki S, Hayashi C, Miyagaki T, Akamata K, Sanada H. Utility of a three-dimensional wound measurement device in pressure ulcers. Chronic Wound Care Management and Research. 2017;2017(4):129-33. [uri] [doi]
  25. Matsui Y, Murayama R, Tanabe H, Oe M, Motoo Y, Wagatsuma T, Michibuchi M, Kinoshita S, Sakai K, Konya C, Sugama J, Sanada H. Evaluation of the predictive validity of thermography in identifying extravasation with intravenous chemotherapy infusions. Journal of Infusion Nursing. 2017;40(6):367-74. [doi]

症例報告(英語)

  1. Yabunaka K, Nakagami G, Kitamura A, Miyagaki T, Hayashi A, Sasaki S, Sanada H. Visualization of Blood Flow in an Undermined Pressure Ulcer Revealed by Sonographic Imaging and Clutter Suppression Post-Processing: A Case Report. Journal of Diagnostic Medical Sonography. 2017;33(1):33-6. [doi]
  2. Oe M, Takehara K, Noguchi H, Ohashi Y, Amemiya A, Sakoda H, Suzuki R, Yamauchi T, Ueki K, Kadowaki T, Sanada H. Thermographic findings in a case of type 2 diabetes with foot ulcer due to callus deterioration. Diabetology International. 2017;8(3):328-33. [uri] [doi]
  3. Yabunaka K, Nakagami G, Komagata K, Sanada H. Ultrasonographic follow-up of functional chronic constipation in adults: A report of two cases. SAGE Open Medical Case Reports. 2017;5:1-4. [uri] [doi]

その他(英語)

  1. Mori T, Kobayashi Y. Innovative Technology for Nursing Care and Nosotrophy. Journal of Robotics and Mechatronics. 2017;29(2):287. [uri] [doi]

書籍

  1. 本間之夫, 真田弘美, 溝上祐子, 谷口珠実, 吉田美香子. 排泄ケアガイドブック. 照林社, 2017. [uri]

章記載

  1. 内藤亜由美, 真田弘美. 褥瘡・皮膚潰瘍-49. 皮膚科医が知るべきスキン-テア (skin tear), 専門医でも聞きたい皮膚科診療100の質問, 宮地良樹 (編集), 120-1, 2017.
  2. 真田弘美. , 排泄ケアガイドブック, 日本創傷オストミー失禁管理学会 (編集), i, 2017. [uri]
  3. 真田弘美. 1)排泄ケアの基本的姿勢(Part1. 排泄の基礎-1. 総論), 排泄ケアガイドブック, 日本創傷オストミー失禁管理学会 (編集), 2-4, 2017. [uri]
  4. 大江真琴, 真田弘美. 第7章 足のアセスメントと検査 1 プライマリケアで必要なアセスメント, フットケアと足病変治療ガイドブック第3版, 日本フットケア学会 (編集), 39-41, 2017. [uri]
  5. 真田弘美. [序にかえて]なぜ今、スキンケアのベストプラクティスが必要か, スキンケアガイドブック, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会 (編集), ii-iii, 2017. [uri]
  6. 竹原君江, 大江真琴. 足病の予防・ケア, スキンケアガイドブック, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会 (編集), 269-79, 2017. [uri]

原著(日本語)

  1. 小林康司, 池田真理, 村山陵子, 大江真琴, 相馬光代, 鳩宿あゆみ, 小見山智恵子, 真田弘美. 看護師の視点からとらえた輸液療法が患者の療養生活行動を妨げるプロセス. 看護理工学会誌. 2017;4(1):39-48.
  2. 大江真琴, 濱谷雅子, 野口博史, 大場美穂, 竹原君江, 大橋優美子, 植木浩二郎, 門脇孝, 森武俊, 真田弘美. 糖尿病患者における足部胼胝の要因:カルテ調査による検討. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2017;20(4):426-33.
  3. 青木未来, 光村実香, 松本勝, 須釜淳子. ウォーキング教室を介した地域密着型健康増進活動の取り組み- 活動の振り返りと今後の支援の在り方-. 看護実践学会誌. 2017;30(1):56-65.

総説(日本語)

  1. 仲上豪二朗, 真田弘美. Pressure Redistribution Deviceの最先端-ロボティックマットレスによる次世代の褥瘡管理-(特集/Advanced Wound Careの最前線). PEPARS. 2017;126:54-61. [uri]
  2. 森武俊, 真田弘美. 下肢救済における看護工学の現状と未来. 日本下肢救済・足病変学会誌. 2017;9(1):3-10. [uri] [doi]
  3. 竹原君江, 大江真琴, 野口博史, 大橋優美子, 常深祐一郎, 真田弘美. 糖尿病足潰瘍予防を目的とした足白癬・爪白癬のアセスメントとケア. 日本下肢救済・足病変学会誌. 2017;9(1):25-32. [uri] [doi]
  4. 野口博史, 雨宮歩, 大江真琴, 竹原君江, 真田弘美, 森武俊. 工学技術に基づく足のアセスメント―歩き方,足底の圧とずれの客観計測―. 日本下肢救済・足病変学会誌. 2017;9(1):42-9. [uri] [doi]
  5. 野口博史. 工学研究者の関わりにより実現される看護工学研究. 日本生活支援工学会誌. 2017;16(2):15-22. [uri]
  6. 森武俊. 看護・介護領域でのロボットの活躍と見守りシステム. 保健の科学. 2017;59(8):510-7.
  7. 野口博史. テーラーメイド支援を実現するロボティックマットレス. 保健の科学. 2017;59(8):524-9.
  8. 紺家千津子, 真田弘美. 高齢者にみられる創傷, スキン-テア. フレグランスジャーナル. 2017;2017(8):250-4.

症例報告(日本語)

  1. 井上文, 保坂嘉成, 村山陵子*, 田邊秀憲, 大江真琴, 内田美保, 小見山智恵子, 真田弘美. 看護師の末梢静脈路確保における留置針刺入・輸液ルート接続時の主観的体験. 看護理工学会誌. 2017;4(1):67-72.

その他(日本語)

  1. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構. アドバンストな看護技術を導入した在宅・介護施設療養者の摂食嚥下・排便を支える多職種連携システムの構築. 脳とこころの健康大国実現プロジェクト2016-2017. 2017:27. [uri]
  2. 真田弘美. 地域完結型の医療を促進する特定行為とテクノロジーの利用(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2017;69(9):21.
  3. 真田弘美. 特別寄稿 西村元一先生をお見送りして. エキスパートナース. 2017;33(8):108-9.
  4. 平山千登勢, 中田晴美, 真田弘美, 小栁礼恵. 座談会 排尿自立指導を成功に導く!(平山千登勢×中田晴美×真田弘美×小栁礼恵). 週間医学界新聞. 2017;3233:1-2.
  5. 坂東眞理子, 石田昌宏, 真田弘美. 鼎談 看護教育の将来と看護への期待(日本看護サミット2017)坂東眞理子×石田昌宏×真田弘美. 協会ニュース. 2017;599:9.
  6. MedicalTribune. 第46回日本創傷治癒学会~日本の褥瘡ケア成功の鍵に2つの“世界初”. Medical Tribune. 2017;50(3):8. [uri]
  7. 真田弘美. 変わる未来の看護にロボティックス(ロボット工学)をどう活用するか(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2017;69(3):21.
  8. 真田弘美. 将来を見すえて看護学の若手研究者の育成を(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2017;69(5):21.
  9. 真田弘美. 個人主義の国・フランスで見た高齢者コミュニティ(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2017;69(6):21.
  10. 真田弘美. 企画):特集 若手研究者育成のさらなる進展-海外大学の視察を中心に. 看護研究. 2017;50(2):101. [uri]
  11. 真田弘美, 上別府圭子, 山本則子, 大江真琴, 高橋真実. 東京大学医学部附属Global Nursing Research Center 構想-イノベーティブ看護学研究の推進に向けて. 看護研究. 2017;50(2):102-6. [uri]
  12. 真田弘美, 仲上豪二朗, 山本則子, 野口麻衣子, 副島尭史. NIHによる若手研究者育成支援-NINRを中心に(視察報告[若手研究者育成の視点]). 看護研究. 2017;50(2):107-13. [uri]
  13. 山本則子, 仲上豪二朗, 真田弘美, 野口麻衣子, 副島尭史. University of Pennsylvania(視察報告[若手研究者育成の視点]). 看護研究. 2017;50(2):114-8. [uri]
  14. 副島尭史, 山本則子, 真田弘美, 仲上豪二朗, 野口麻衣子. Johns Hopkins University(視察報告[若手研究者育成の視点]). 看護研究. 2017;50(2):120-6. [uri]
  15. 野口麻衣子, 山本則子, 真田弘美, 仲上豪二朗, 副島尭史. University of California, San Francisco(視察報告[若手研究者育成の視点]). 看護研究. 2017;50(2):127-32. [uri]
  16. 仲上豪二朗, 真田弘美, 山本則子, 野口衣子, 副島尭史. NINRにおける所内研究(視察報告[看理連携の視点]). 看護研究. 2017;50(2):133-8. [uri]
  17. 森武俊, 吉田美香子. University of Missouri, Columbia((視察報告[看工連携の視点]). 看護研究. 2017;50(2):139-46. [uri]
  18. 吉田美香子, 森武俊. The University of British Columbia((視察報告[看工連携の視点]). 看護研究. 2017;50(2):147-52. [uri]
  19. 真田弘美. 医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンターの開設に向けて. 東京大学保健学同窓会 同窓会ニューズレター. 2017;47:3.
  20. 紺家千津子, 真田弘美. 第13回あなたが傷つけるかも!?スキン-テアから高齢者の皮膚を守る(なるほど!使える!在宅医療のお役立ちワザ). Gノート. 2017;4(3):660-7. [uri]
  21. 真田弘美. 高齢者特有の皮膚障害スキン-テア(皮膚裂傷)/ドライスキン 予防ケアの効果的な取り組み-栄養管理に焦点を当てて-. エキスパートナース. 2017;33(5):92-5. [uri]
  22. 真田弘美. 医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンターの開設に向けて. きせき(参議院議員 石田昌宏 機関誌). 2017;7:18.
  23. 真田弘美. PDNセミナーレポート 第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会(2017年2月23日(木)ランチョンセミナー4:褥瘡対策最前線2017 共催:ニュートリー株式会社) 演者:真田弘美 司会:矢吹浩子 めざすは褥瘡有病率1%未満 栄養管理とAIを活用した褥瘡治療の今を語る. PDN通信. 2017;59:4-5.
  24. 真田弘美. 日本の看護の革新に向けた研究を(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2017;69(7):21.
  25. 森武俊, 向後麻亜子. 宅内見守りセンサによる高齢者フレイル検知の試み. 看護理工学会誌. 2017;4(1):2-14.
  26. 真田弘美. 第46回日本創傷治癒学会開催. 週刊医学界新聞. 2017;3208:7. [uri]
  27. 真田弘美. 特別記事:第30回日本手術看護学会年次大会ランチョンセミナー収録「周術期における予防的スキンケア-オペ室での褥瘡をいかに予防するか?. エキスパートナース. 2017;33(22):131-134.
  28. 真田弘美. 地域包括ケアの時代に向けた認定看護師対象の特定行為研修について(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2017;69(2):21.
  29. 真田弘美. 継承と進化を続けてきた沖縄県の看護に地域包括ケアの姿を見る(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2017;69(1):21.
  30. 真田弘美. 巻頭言 ロボテックスやAIを用いた研究は老年看護学に必要か. 老年看護学. 2017;22(1):3-4.
  31. 真田弘美. 鼎談 看護教育の将来と看護への期待(日本看護サミット2017 地域包括ケア時代の看護基礎教育)坂東眞理子×石田昌宏×真田弘美. 看護. 2017;69(11):32-7.
  32. 真田弘美. コンチネンスケアをチーム医療に. 東京大学大学院医学系研究科泌尿器外科分野 本間之夫教授退任記念誌. 2017:58.
  33. 貝谷敏子, 間宮直子, 吉田美香子, 祖父江正代, 内藤亜由美, 高橋麻由美, 谷口珠実, 南由起子, 渡邉千登世, 青木和恵, 真田弘美. 皮膚・排泄ケア認定看護師による地域連携に関する診療報酬算定の実態調査. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2017;21(3):284-95.
  34. 真田弘美. Report-東京大学大学院医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター記念講演会 日本初の看護の研究センター開設される. ナーシングビジネス. 2017;11(12):76-7.

2016

原著(英語)

  1. Yoshimura M, Iizaka S, Kohno M, Nagata O, Yamasaki T, Mae T, Haruyama N, Sanada H. Risk factors associated with intraoperatively acquired pressure ulcers in the park-bench position: A retrospective study. International Wound Journal. 2016;13(6):1206-13. [uri] [doi]
  2. Kanazawa T, Kitamura A, Nakagami G, Goto T, Miyagaki T, Hayashi A, Sasaki S, Mugita Y, Iizaka S, Sanada H. Lower temperature at the wound edge detected by thermography predicts undermining development in pressure ulcers: A pilot study. International Wound Journal. 2016;13(4):454-60. [uri] [doi]
  3. Mori T, Komichi K, Noguchi H, Umeda-Kameyama Y, Sanada H, Akishita M, Ohe K. Anomaly detection in home monitoring system for the elderly using financial theories. Journal of Nursing Science and Engineering. 2016;3(1):21-30.
  4. Tanabe H, Takahashi T, Murayama R, Yabunaka K, Oe M, Matsui Y, Arai UR, Komiyama C, Sanada H. Using ultrasonography for vessel diameter assessment to prevent infiltration. Journal of Infusion Nursing. 2016;39(2):105-11. [uri] [doi]
  5. Dai M, Sato A, Maeba H, Iuchi T, Matsumoto M, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H, Sugama J. Dermal structure in lymphedema patients with history of acute dermatolymphangioadenitis evaluated by histogram analysis of ultrasonography findings: A case-control study. Lymphatic research and biology. 2016;14(1):2-7. [uri]
  6. Nishijima Y, Ibuki A, Minematsu T, Sanada H. Expression profiles of the antioxidant enzymes gene (SOD1, CAT, GPX, and HMOX1) in the skin of UV-irradiated and obese mice. Jounal of Nursing Science and Engineering. 2016;3(1):13-20.
  7. McCreath HE, Bates-Jensen BM, Nakagami G, Patlan A, Booth H, Connolly D, Truong C, Woldai A. Use of Munsell color charts to measure skin tone objectively in nursing home residents at risk for pressure ulcer development. Journal of Avanced Nursing. 2016;72(9):2077-85. [uri] [doi]
  8. Kanazawa T, Nakagami G, Goto T, Noguchi H, Oe M, Miyagaki T, Hayashi A, Sasaki S, Sanada H. Use of smartphone attached mobile thermography assessing subclinical inflammation: a pilot study. Journal of Wound Care. 2016;25(4):177-82. [uri] [doi]
  9. Hamatani M, Mori T, Oe M, Noguchi H, Takehara K, Amemiya A, Ohashi Y, Ueki K, Kadowaki T, Sanada H. Factors associated with callus in diabetic patients, focused on plantar shear stress during gait. Journal of Diabetes Science and Technology. 2016;10(6):1353-9. [doi]
  10. Yabunaka K, Murayama TR, Takahashi T, Oe M, Oya M, Fujioka M, Sanada H. Ultrasonographic classification of subcutaneous edema caused by infusion via peripheral intravenous catheters. Journal of Medical Ultrasound. 2016;24(2):60-5.
  11. Huang L, Minematsu T, Kitamura A, Quinetti PC, Nakagami G, Mugita Y, Oe M, Noguchi H, Mori T, Sanada H. Topical administration of acylated homoserine lactone improves epithelialization of cutaneous wounds in hyperglycaemic rats. PLOS one. 2016;11(7):e0158647. [uri] [doi]
  12. Miura Y, Nakagami G, Yabunaka K, Tohara H, Hara K, Mori T, Sanada H. Detecting pharyngeal post-swallow residue by ultrasound examination: a case series. Med Ultrason. 2016;18(3):288-93. [doi]
  13. Kitamura A, Nakagami G, Minematsu T, Miyagaki T, Sasaki S, Sanada H. Prediction of epithelialization using the wound blotting method based on the distribution of transforming growth factor β: a pilot study. Journal of Japanese Society Wound, Ostomy, and Continence Management. 2016;20(3):341-8.
  14. Hori N, Tamai N, Noguchi H, Nakagami G, Sugama J, Mori T, Sanada H. Development and assessment of air mattress with independent air cell pressure control responsive to interface pressure distribution. Journal of Japanese Society Wound, Ostomy, and Continence Management. 2016;20(3):300-9.
  15. Goto T, Nakagami G, Tamai N, Kitamura A, Naito A, Hirokawa M, Shimokawa C, Sanada H. Nerve growth factor in exudate from venous leg ulcers is associated with inflammation alonalong temperature increace assessed by infrared thermography. Journal of Japanese Society Wound, Ostomy, and Continence Management. 2016;20(3):310-8.
  16. Tanabe H, Murayama R, Yabunaka K, Oe M, Takahashi T, Komiyama C, Sanada H. Low-angled peripheral intravenous catheter tip placement decreases phlebitis. Journal of Vascular Access. 2016;17(6):542-7. [uri] [doi]
  17. Sakai Y, Yokono T, Mizokami Y, Sanada H, Okkuwa M, Nakatani T, Sugama J. Differences in the working pattern among wound, ostomiy, and continence nurses with and without conducting the specified medical act: a multicenter time and motion study. BMC Nursing. 2016;15(69):1-10. [doi]
  18. Amemiya A, Noguchi H, Oe M, Takehara K, Ohashi Y, Suzuki R, Yamauchi T, Kadowaki T, Sanada H, Mori T. Shear stress-normal stress (Pressure) Ratio (SPR) decides forming callus in patients with diabetic neuropathy. Journal of Diabetes Research. 2016;2016:1-10. [doi]
  19. Goto T, Tamai N, Nakagami G, Kitamura A, Naito A, Hirokawa M, Shimokawa C, Takahashi K, Umemoto J, Sanada H. Can wound exudate from venous leg ulcers measure wound pain status?: A Pilot Study. PLoS One. 2016;11(12):e0167478. [doi]
  20. Nakagami G, Schultz G, Gibson JD, Phillips P, Kitamura A, Minematsu T, Miyagaki T, Hayashi A, Sasaki S, Sugama J, Sanada H. Biofilm detection by wound blotting can predict slough development in pressure ulcers: A prospective observational study. Wound Repair and Regeneration. 2016;25(1):131-8. [uri] [doi]
  21. Yoshida M, Igawa Y, Higashimura S, Suzuki M, Niimi A, Sanada H. Translation and reliability and validity testing of a Japanese version of the Intermittent Self-Catheterization Questionnaire among disposable and reusable catheter users. Neurourology and Urodynamics. 2016. [doi]
  22. Aris, i D, Oe M, Roselyne RY, Matsumoto NM, Nakagami G, Tamaki T, Suriadi, Sanada H, Sugama J. Evaluation of validity of the new diabetic foot ulcer assessment scale in Indonesia. Wound Repair Regen. 2016;24(5):876-84. [doi]
  23. Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Minematsu T, Kitamura K, Kobayashi M, Sanada H, Sugama J. Increased level of tumour necrosis factor-alpha (TNF-α) on the skin of Japanese obese males: measured by quantitative skin blotting. International Journal of Cosmetic Science. International Journal of Cosmetic Science. 2016;38(5):462-9. [uri]
  24. Matsumoto M, Ogai K, Aoki M, Yokogawa M, Tawara M, Sugama J, Minematsu T, Nakagami G, Dai M, Sanada H. Relationship between Dermal Structural Changes on Ultrasonographic Images and Skin Viscoelasticity in Overweight and Obese Japanese Males. Health. 2016;8(11):1029-39. [doi]
  25. Nitta S, Matsumoto M, Sugama J, Nakagami G, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H. New quantitative indicators of evaluating the skin care regimen for older adults with dry skin by using the degital image analysis. Jounal of Nursing Science and Engineering. 2016;3:93-100.
  26. Yusuf S, Okuwa M, Irwan M, Rassa S, Laitung B, Thalib A, Kasim S, Sanada H, Nakatani T, Sugama J. Prevalence and Risk Factor of Diabetic Foot Ulcers in a Regional Hospital, Eastern Indonesia. Open Journal of Nursing. 2016;6(1):1-10. [uri] [doi]
  27. Dai M, Sato A, Maeba H, Iuchi T, Matsumoto M, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H, Sugama J. Dermal Structure in Lymphedema Patients with History of Acute Dermatolymphangioadenitis Evaluated by Histogram Analysis of Ultrasonography Findings: A Case-Control Study. Lymphatic Research and Biology. 2016;14(1):2-7. [uri] [doi]

短報(英語)

  1. Tsunemi Y, Takehara K, Miura Y, Nakagami G, Sanada H, Kawashima M. Specimens processed with an extraction solution of the Dermatophyte Test Strip can be used for direct microscopy. Br J Dermatol. 2016. [doi]

症例報告(英語)

  1. Oya M, Takahashi T, Tanabe H, Oe M, Murayama R, Yabunaka K, Matsui Y, Sanada H. Low-temperature infiltration identified using infrared thermography in patients with subcutaneous edema revealed ultrasonographically: A case report. Drug Discoveries & Therapeutics. 2016;10(2):117-22. [uri] [doi]
  2. Oe M, Ohashi Y, Takehara K, Oba M, Doi M, Iizuka Y, Murayama R, Kadowaki T, Sanada H. Foot complications in patients with diabetes mellitus: practical report of diabetic foot clinic in Beijing. Japanese Journal of Foot Care. 2016;14(2):57-61.

その他(英語)

  1. Oe M, Takehara K, Noguchi H, Ohashi Y, Watanabe A, Murayama R, Kadowaki T, Sanada H. Validation of a skin hardness meter for foot callus in patients with diabetes: pilot study. Japanese Journal of Foot Care. 2016;14(4):141-143.

書籍

  1. 真田弘美, 本間之夫. 平成28年度診療報酬改定「排尿自立指導料」に関する手引き. 照林社, 2016.
  2. 日本褥瘡学会(学術委員会・実態調査委員会・用語検討委員会). ベストプラクティス医療関連機器圧迫創傷MDRPUの予防と管理. 照林社, 2016.
  3. 正木治恵, 真田弘美. 看護学テキストNiCE老年看護学概論(改訂第2版)「老いを生きる」を支えることとは. 株式会社南江堂, 2016.
  4. 真田弘美, 正木治恵. 看護学テキストNiCE老年看護学技術(改訂第2版)最後までその人らしく生きることを支援する. 株式会社南江堂, 2016.
  5. 真田弘美, 市岡滋, 溝上祐子. 進化を続ける!褥瘡・創傷 治療・ケアアップデート. 照林社, 2016.

章記載

  1. 仲上豪二朗, 真田弘美. 10, 社会を変える健康のサイエンス: 健康総合科学への21の扉, 東京大学新聞社学部健康総合科学科 (編集), 54-8, 2016.
  2. 森武俊. Column ②, 社会を変える健康のサイエンス: 健康総合科学への21の扉, 東京大学新聞社学部健康総合科学科 (編集), 59, 2016.
  3. 村山陵子. Column ③, 社会を変える健康のサイエンス: 健康総合科学への21の扉, 東京大学新聞社学部健康総合科学科 (編集), 71, 2016.
  4. 大桑麻由美, 真田弘美. ステートメント9, 腹部の手術では、臍処理は徹底的に行う, 日本創傷治癒学会ガイドライン委員会 編集 (編集), 40-1, 2016.
  5. 大桑麻由美, 真田弘美. ステートメント14, 術前の禁煙は、術後の創傷治癒遅延のリスクを減少する, 日本創傷治癒学会ガイドライン委員会 編集 (編集), 50-1, 2016.
  6. 大桑麻由美, 真田弘美. ステートメント15, 術前の禁煙は、創感染の予防効果がある, 日本創傷治癒学会ガイドライン委員会 編集 (編集), 52-3, 2016.
  7. 真田弘美, 本間之夫. はじめに, 平成28年度診療報酬改定「排尿自立指導料」に関する手引き, 真田弘美 本間之夫 (編集), 1, 2016.
  8. 真田弘美. , ベストプラクティス医療関連機器圧迫創傷MDRPUの予防と管理,, 日本褥瘡学会(学術委員会・実態調査委員会・用語検討委員会)編集 (編集), 1-2, 2016.
  9. 東村志保, 大江真琴, 真田弘美. 第Ⅳ章 高齢者に特徴的な疾患と看護―事例による展開 4.認知機能障害の看護(アルツハイマー病), 看護学テキストNiCE老年看護学技術(改訂第2版)最後までその人らしく生きることを支援する, 真田弘美 正木治恵 (編集), 357-374, 2016.
  10. 東村志保, 大江真琴, 真田弘美. 第Ⅳ章 高齢者に特徴的な症状と看護―老年症候群 9.尿失禁, 看護学テキストNiCE老年看護学技術(改訂第2版)最後までその人らしく生きることを支援する, 真田弘美 正木治恵 (編集), 226-35, 2016.
  11. 峰松健夫. 第Ⅵ章 老年看護技術の新たな動向と課題 1.感染症をめぐる最近の動向と課題, 看護学テキストNiCE老年看護学技術(改訂第2版)最後までその人らしく生きることを支援する, 真田弘美 正木治恵 (編集), 416-9, 2016.
  12. 真田弘美. 第Ⅲ章 高齢者の生活と看護―加齢変化とフィジカルアセスメントの技術 3.排泄, 看護学テキストNiCE老年看護学技術(改訂第2版)最後までその人らしく生きることを支援する, 真田弘美 正木治恵 (編集), 49-63, 2016.
  13. 東村志保, 大江真琴, 真田弘美. 第Ⅵ章 老年看護技術の新たな動向と課題 2.老年看護技術の新たな動向と課題, 看護学テキストNiCE老年看護学技術(改訂第2版)最後までその人らしく生きることを支援する, 真田弘美 正木治恵 (編集), 49-63, 2016.
  14. 真田弘美. 第Ⅰ章 現代の高齢者とその理解, 看護学テキストNiCE老年看護学技術(改訂第2版)最後までその人らしく生きることを支援する, 真田弘美 正木治恵 (編集), 1-15, 2016.
  15. 仲上豪二朗, 真田弘美. 第Ⅳ章 高齢者に特徴的な症状と看護―老年症候群 8.褥瘡, 看護学テキストNiCE老年看護学技術(改訂第2版)最後までその人らしく生きることを支援する, 真田弘美 正木治恵 (編集), 211-25, 2016.
  16. 真田弘美, 市岡滋, 溝上祐子. , 進化を続ける!褥瘡・創傷 治療・ケアアップデート, 真田弘美 市岡滋 溝上祐子 (編集), i, 2016. [uri]
  17. 真田弘美, 藪中幸一. ドップラーモードを併用した安全なデブリードマン(Part3 機器・製品の進化で充実する褥瘡・創傷管理:治療とケア), 進化を続ける!褥瘡・創傷 治療・ケアアップデート, 真田弘美 市岡滋 溝上祐子 (編集), 140-144, 2016. [uri]

原著(日本語)

  1. 古川久美子, 大江真琴, 保坂嘉成, 大橋優美子, 竹原君江, 村山陵子, 大友英子, 小見山智恵子, 加藤聡, 真田弘美. 足潰瘍予防のための靴の選択方法に関する研究―足潰瘍のない糖尿病患者自身における靴の選択基準. 日本フットケア学会雑誌. 2016;14(1):11-5.
  2. 横野知江, 真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子, 大桑麻由美, 松井優子, 松尾淳子, 木下幸子, 市川佳映, 貝谷敏子, 佐藤文, 藤本由美子. 皮膚・排泄ケア認定看護師経験年数別にみた褥瘡管理に関する調整力自己評価尺度の活用可能性の検討. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会. 2016;20(1):32-42.
  3. 飯坂真司, 真田弘美. 地理情報システムを用いた東京都の皮膚・排泄ケア認定看護師所属施設と訪問看護ステーションの近接性. 日本褥瘡学会誌. 2016;18(2):118-26.
  4. 飯坂真司, 真田弘美. 東京都の皮膚・排泄ケア認定看護師所属施設の分布-地理情報システムを用いた病院・自治体単位の空間分析. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2016;20(3):319-28.

総説(日本語)

  1. 森武俊. 工学技術による歩行測定 ~歩容計測と足底力負荷計測~. 日本フットケア学会雑誌. 2016;14(1):1-10.

症例報告(日本語)

  1. 竹内朋子, 大久保清子, 真田弘美. 単身看護師のワーク・ライフ・バランスの現状および労働条件との関連. 日本医療マネジメント学会雑誌. 2016;17(2):83-7.

報告書(日本語)

  1. 紺家千津子, 溝上祐子,  上出良一 , 大浦紀彦, 徳永恵子, 真田弘美, 仲上豪二朗, 安部正敏, 大桑麻由美, 野口博史, 飯坂真司, 加瀬昌子, 小柳礼恵, 祖父江正代, 高橋麻由美, 丹波光子, 栃折綾香, 内藤亜由美, 中村徳子, 間宮直子, 宮永友美, 山田清美. 医療用テープによるスキン-テアの実態. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会. 2016;20(1):43-8.
  2. 東口髙志, 真田弘美. 日本医療研究開発機構 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業 口腔ケアと栄養管理による誤嚥性肺炎の予防に関する研究. 平成27年度 総括・分担研究報告書. 2016.

その他(日本語)

  1. 大江真琴, 真田弘美. 特集2コマ送り写真で完全マスター!フットケア手技【検査編】1アキレス腱反射. 糖尿病ケア. 2016;13(3):20-21.
  2. 大江真琴, 真田弘美. 特集2コマ送り写真で完全マスター!フットケア手技【検査編】2振動覚検査. 糖尿病ケア. 2016;13(3):22-23.
  3. 大江真琴, 真田弘美. 特集2コマ送り写真で完全マスター!フットケア手技【検査編】3モノフィラメント検査. 糖尿病ケア. 2016;13(3):24-25.
  4. 玉井奈緒, 上野修平. ”その人らしさ”に寄り添う がん患者のアピアランスケア サポートシート 第2回脱毛①. プロフェッショナルがんナーシング. 2016;6(2):53.
  5. 真田弘美. 若手研究者を育てるシステムづくりについて米国を視察(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2016;68(5):21.
  6. 真田弘美. チームの共通言語が鍵となる認知症ケア加算(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2016;68(6):21.
  7. 真田弘美. 「排尿自立指導料」新設 排泄の自立に向けた取り組みに期待(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2016;68(7):21.
  8. 真田弘美. 世界からみた日本のリンパ浮腫管理と診療報酬(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2016;68(9):21.
  9. 真田弘美. アジア圏の看護師のハングリー精神を実感して(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2016;68(12):21.
  10. 大江真琴, 四津里英, DefaAris, i, Suriadi, 仲上豪二朗, 須釜淳子, 玉木毅, 真田弘美. グローバル化を目指した糖尿病足潰瘍評価スケールの開発. BIO Clinica. 2016;31(12):81-6.
  11. 真田弘美. イタリアの研修にて先進国の多様な高齢化への対応を知る(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2016;68(13):21.
  12. 真田弘美. 在宅の時代に特定行為研修の必要性を示す好機 日本創傷治癒学会学術集会(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2016;68(15):21.
  13. 野寄修平. 「点滴漏れを減らすための血管を可視化する研究」からみた看護学とものづくり(特別記事 看護理工学は創造する-エコーを用いた最新の研究成果). 看護研究. 2016;49(7):589-94.
  14. 真田弘美. 明日の看護学を創る学生の指導を通して-我慢させない療養生活の実現をテーマに(特別記事 看護理工学は創造する-エコーを用いた最新の研究成果). 看護研究. 2016;49(7):595-596.
  15. 石田昌宏, 野寄修平. [対談] もうすぐ始まるという看護学研究の明るい未来について. 週間医学界新聞. 2016;3201:1-2. [uri]
  16. 東京大学新聞社. 総長賞受賞. 現役東大生がつくる東大受験本 東大2017 とんがる東大. 2016:190.

2015

原著(英語)

  1. Nakagami G, Kimura N, Takehara K, Nakamura T, Kawashima M, Tsunemi Y, Sanada H*. Relationship between activity of daily living and asteatosis in the lower legs among elderly residents in long-term care institutions: A cross-sectional study. International Wound Journal. 2015;12(5):586-9. [uri] [doi]
  2. Nakagami G, Sanada H*, Sugama J. Development and evaluation of a self-regulating alternating pressure air cushion. Disability and Rehabilitation Assistive Technology. 2015;10(2):165-9. [uri] [doi]
  3. Kishi C, Minematsu T, Huang L, Mugita Y, Kitamura A, Nakagami G, Yamane T, Yoshida M, Noguchi H, Funakubo M, Mori T, Sanada H*. Hypoosmotic shock-induced subclinical inflammation of skin in a rat model of disrupted skin barrier function. Biological Research for Nursing. 2015;17(2):135-41. [uri] [doi]
  4. Sanada H, Nakagami G, Koyano Y, Iizaka S, Sugama J. Incidence of skin tears in the extremities among elderly patients at a long-term medical facility in Japan: A prospective cohort study. Geriatr Gerontol Int. 2015;15(8):1058-63. [uri] [doi]
  5. Yamane T, Nakagami G, Yoshino S, Shimura M, Kitamura A, Kobayashi-Hattori K, Oishi Y, Nishijima Y, Minematsu T, Sanada H. Hydrocellular foam dressings promote wound healing associated with decrease in inflammation in rat periwound skin and granulation tissue, compared with hydrocolloid dressings. Bioscience Biotechnology, and Biochemistry. 2015;79(2):185-9. [uri] [doi]
  6. Tsunemi Y, Takehara K, Oe M, Sanada H, Kawashima M. Diagnostic accuracy of tinea unguium based on clinical observation. The Journal of Dermatology. 2015;42(2):221-2. [uri] [doi]
  7. Iizaka S, Kaitani T, Nakagami G, Sugama J, Sanada H*. Clinical validity of the estimated energy requirement and the average protein requirement for nutritional status change and wound healing in older patients with pressure ulcers: A multicenter prospective cohort study. Geriatrics Gerontology Internatinal. 2015;15(11):1201-9. [uri] [doi]
  8. Matsumoto M, Sugama J, Nemoto T, Kurita T, Matsuo J, Dai M, Ueta M, Okuwa M, Nakatani T, Tabata K, Sanada H. The nature of sleep in 10 bedridden elderly patients with disorders of consciousness in a Japanese hospital. Biological Research for Nursing. 2015;17(1):13-20. [uri]
  9. Yabunaka K, Murayama R, Takahashi T, Tanabe H, Kawamoto A, Oe M, Arai R, Sanada H*. Ultrasonographic appearance of infusion via the peripheral intravenous catheters. Journal of Nursing Science and Engineering. 2015;2(1):40-46.
  10. Yusuf S, Okuwa M, Shigeta Y, Dai M, Iuchi T, Rahman S, Usman A, Kasim S, Sugama J, Nakatani T, Sanada H. Microclimate and development of pressure ulcers and superficial skin changes. International Wound Journal. 2015;12(1):40-46. [uri]
  11. Yabunaka K, Matsuo J, Hara A, Takii M, Nakagami G, Got, a T, Nishimura G, Sanada H. Sonographic visualization of fecal loading in adults: Comparison with computed tomography. Journal of Diagnostic Medical Sonography. 2015;31(2):86-92. [uri] [doi]
  12. Oe M, Takehara K, Ohashi Y, Mugita Y, Murayama R, Komiyama C, Ueki K, Kadowaki T, Sanada H*. Incidence of foot ulcers in patients with diabetes at a university hospital in Tokyo over a 5-year period. Diabetology International. 2015;6(1):55-59. [uri] [doi]
  13. Kaitani T, Nakagami G, Sugama J, Tachi M, Matsuyama Y, Miyachi Y, Nagase T, Takemura Y, Sanada H. Evaluation of an advanced pressure ulcer management protocol followed by trained wound, ostomy, and continence nurses: A non-randomized controlled trial. Chronic Wound Care Management and Research. 2015;2:39-51. [uri] [doi]
  14. Iuchi T, Dai M, Sanada H, Okuwa M, Nakatani T, Sugama J. Associations between the treatments and outcomes of patients with upper and lower lymphoedema in Japan: A cross-sectional observational study. International Journal of Nursing Studies. 2015;52(5):913-919. [uri]
  15. Sari Y, Sanada H, Minematsu T, Nakagami G, Nagase T, Huang L, Noguchi H, Mori T, Yoshimura K, Sugama J. Vibration inhibits deterioration in rat deep-tissue injury through HIF1-MMP axis. Wound Repair Regeneration. 2015;23(3):386-93. [uri] [doi]
  16. Sari Y, Minematsu T, Huang L, Noguchi H, Mori T, Nakagami G, Nagase T, Oe M, Sugama J, Yoshimura K, Sanada H. Establishment of a novel rat model for deep tissue injury deterioration. International Wound Journal. 2015;12(2):202-9. [uri]
  17. Kaneko M, Minematsu T, Yoshida M, Nishijima Y, Noguchi H, Ohta Y, Nakagami G, Mori T, Sanada H*. Compression-induced HIF-1 enhances thrombosis and PAI-1 expression in mouse skin. Wound Repair Regeneration. 2015;23(5):657-663. [uri] [doi]
  18. Kitamura A, Yoshida M, Minematsu T, Nakagami G, Iizaka S, Fujita H, Naito A, Takahashi K, Mori T, Sanada H*. Prediction of healing progress of pressure ulcers by distribution analysis of protein markers on necrotic tissue: A retrospective cohort study. Wound Repair Regeneration. 2015;23(5):772-7. [uri] [doi]
  19. Konya C, Sugama J, Akizuki H, Sanada H. Effectiveness of a non-invasive pressure ulcer undermining measuring device. Jounal of Nursing Science and Engineering. 2015;2(2):99-106.
  20. Ogai K, Matsumoto M, Minematsu T, Kitamura K, Kobayashi M, Sugama J, Sanada H. Development of an improved method for quantitative analysis of skin blotting: Increasing reliability and applicability for skin assessment. International Journal of Cosmetic Science. 2015;37(4):425-32. [uri] [doi]
  21. Arias S, Cardiel E, Garay L, Sanada H, Mori T, Noguchi H, Nakagami G, Rogeli P. Effects on interface pressure and tissue oxygenation under ischial tuberosities during the application of an alternating cushion. Journal of Tissue Viability. 2015;24(3):91-101. [uri] [doi]
  22. Tsunemi Y, Takehara K, Miura Y, Nakagami G, Sanada H, Kawashima M. Diagnosis of tinea pedis by dermatophyte test strip. The British Journal of Dermatology. 2015;173(5):1323-4. [uri] [doi]
  23. Nakagami G, Minematsu T, Morohoshi T, Yamane T, Kanazawa T, Huang L, Asada M, Nagase T, Ikeda S, Ikeda T, Sanada H. Pseudomonas aeruginosa quorum-sensing signaling molecule N-3-oxododecanoyl homoserine lactone induces matrix metalloproteinase 9 expression via the AP1 pathway in rat fibroblasts. Bioscience Biotechnology, and Biochemistry. 2015;79(10):1719-24. [uri] [doi]
  24. Yoshimura M, Nakagami G, Iizaka S, Yoshida M, Uehata Y, Kohno M, Kasuya Y, Mae T, Yamasaki T, Sanada H. Microclimate is an independent risk factor for the development of intraoperatively acquired pressure ulcers in the park-bench position: A prospective observational study. Wound Repair Regeneration. 2015;23(6):939-47. [uri]
  25. Tasaki N, Minematsu T, Mugita Y, Ikeda S, Nakagami G, Sanada H. Telogen elongation in the hair cycle of ob/ob mice. Bioscience Biotechnology, and Biochemistry. 2015;80(1):74-9. [uri] [doi]
  26. Tamai N, Akase T, Minematsu T, Higashi K, Toida T, Igarashi K, Sanada H. Association between components of exudates and periwound moisture-associated dermatitis in breast cancer patients with malignant fungating wounds. Biological Research for Nursing. 2015;18(2):199-206. [uri] [doi]
  27. Minematsu T, Yabunaka K, Nishijima Y, Sanada H. Investigation of applicability of high-frequency ultrasonography for analysis of dermal structure in pig skin. Journal of Nursing Science and Engineering. 2015;2(3):150-6.
  28. Oe M, Nagai S, Ikeda M, Oya M, Ohashi Y, Otomo E, Murayama R, Ueki K, Kadowaki T, Komiyama C, Sanada H*. Difficulties of the introduction of self-monitoring of blood glucose in elderly diabetic patients. Journal of Nursing Science and Engineering. 2015;2(3):164-73.
  29. Nakagami G, Kubo T, Kawanami H, Iwasaki T, Sanada H. Ceramide delivery to human skin by a ceramide dressing repairs disrupted skin barrier function. Journal of Nursing Science and Engineering. 2015;2(3):174-9.
  30. Kaitani T, Nakagami G, Iizaka S, Fukuda T, Oe M, Igarashi A, Mori T, Takemura Y, Mizokami Y, Sugama J, Sanada H. Cost-utility analysis of an advanced pressure ulcer management protocol followed by trained wound, ostomy, and continence nurses. Wound Repair Regeneration. 2015;23(6):915-21. [uri] [doi]
  31. Yoshino S, Nakagami G, Ohira T, Kawasaki R, Shimura M, Iwatsuki K, Sanada H, Kobayashi-Hattori K, Oishi Y, Yamane T. Hydrocellular foam dressing increases the leptin level in wound fluid. Wound Repair Regeneration. 2015;23(5):703-10. [uri] [doi]
  32. Noguchi H, Oe M, Takehara K, Mori T, Sanada H. Reliability and validity of an on-site measurement and visualization system to measure plantar pressure and shear force in footwear for the education of diabetic patients. Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy, and Continence. 2015;19(3):327-335.
  33. Mugita Y, Minematsu T, Huang L, Nakagami G, Kishi C, Ichikawa Y, Nagase T, Oe M, Noguchi H, Mori T, Abe M, Sugama J, Sanada H. Histopathology of incontinence-Associated skin lesions: Inner tissue damage due to invasion of proteolytic enzymes and bacteria in macerated rat skin. PLoS one. 2015;10(9):e0138117. [uri]
  34. Murayama R, Takahashi T, Tanabe H, Yabunaka K, Oe M, Oya M, Uchida M, Komiyama C, Sanada H. The relationship between the tip position of an indwelling venous catheter and the subcutaneous edema. BioScience Trends. 2015;9(6):414-9. [uri] [doi]
  35. Sato A, Dai M, Fujimoto Y, Yusuf S, Tsuchiya S, Iuchi T, Tabata K, Yamashita, A, Nakatani T, Sanada H, Sugama J. A cross-sectional study of elderly individuals with oedema and skin injuries in long-term care facilities. Journal of the Tsuruma Health Science Society Kanazawa University. 2015;39(2):63-73.
  36. Fujimoto Y, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H, Sato A. Risk factors of non-invasive positive pressure ventilation therapy mask-related pressure ulcers. Journal of the Tsuruma Health Science Society Kanazawa University. 2015;39(2):37-50.
  37. Dai M, Sugama J, Tsuchiya S, Sato A, Matsumoto M, Iuchi T, Maeba H, Okuwa M, Sanada H, Moffatt CJ. Inter-rater reliability of the AFTD-pitting test among elderly patients in a long-term medical facility. Lymphoedema research and practice. 2015;3(1):1-7.
  38. Murayama R, Uchida M, Oe M, Takahashi T, Oya M, Komiyama C, Sanada H. Patient risk factors for developing sign- and symptom-related peripheral intravenous catheter failure: A retrospective study. Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy, and Continence. 2015;19(4):394-402.. 2015;19(4):394-402.
  39. Fukuda M, Tabata K, Nishizawa T, Dai M, Nakagami G, Noguchi H, Nakatani T, Okuwa M, Sanada H, Sugama J. Evaluation of the automatic bottoming-out releasing system in the automatic self-regulating alternating pressure air-cell wheelchair cushion. Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy, and Continence. 2015;19(4):365-77.
  40. Ueda-Iuchi T, Ohno N, Miyati T, Dai M, Okuwa M, Nakatani T, Sanada H, Sugama J. Assessment of the interstitial fluid in the subcutaneous tissue of healthy adults using ultrasonography. SAGE Open Medicine. 2015;3. [doi]
  41. Yoshida M, Murayama R, Hotta K, Higuchi Y, Sanada H. Differences in motor learning of pelvic floor muscle contraction between women with and without stress urinary incontinence: Evaluation by transabdominal ultrasonography. Neurourology and Urodynamics. 2015. [uri] [doi]
  42. Takehara K, Amemiya A, Mugita Y, Tsunemi Y, Seko Y, Ohashi Y, Ueki K, Kadowaki T, Oe M, Nagase T, Ikeda M, Sanada H*. Association between washing residue on the feet and tinea pedis in diabetic patients. Nursing Research and Practice. 2015. [uri] [doi]

短報(英語)

  1. Amemiya A, Noguchi H, Oe M, Ohashi Y, Takehara K, Ueki K, Kadowaki T, Sanada H, Mori T. Comparison of gait features between feet with callus or corns and normal feet using motion sensors in people with diabetes and people without diabetes. Journal of Diabetes Science and Technology. 2015;10(2):614-5. [uri] [doi]

症例報告(英語)

  1. Yabunaka K, Iizaka S, Nakagami G, Fujioka M, Sanada H. Three-dimensional ultrasound imaging of the pressure ulcer: A case report. Medical Ultrasonography. 2015;17(3):404-406. [uri] [doi]

その他(英語)

  1. Oe M, Ohashi Y, Amemiya A, Yamada A, Iizuka Y, Kadowaki T, Sanada H*. Foot complications in diabetes mellitus: comparison of Chinese and Japanese patients. Japanese Journal of Foot Care. 2015;13(1):19-23.

書籍

  1. Fletcher J, Gefen A, Jones L, Sanada H, Irvine M. Hybrid support surfaces made easy. Wounds international, 2015. [uri]

章記載

  1. 森武俊. 第2部 技術と環境をつなぐデザインの行方 06 センサーと生活環境の行方, 人と「機械」をつなぐデザイン, 佐倉統 (編集), 125-140, 2015.

原著(日本語)

  1. 加藤亜由美, 深澤佑介, 森武俊*. 五感と関連するオノマトペを用いた意外性の高い飲食店推薦. 人工知能学会論文誌. 2015;30(1):216-228.
  2. 山田案美加, 大江真琴, 大橋優美子, 雨宮歩, 高野学, 野口博史, 玉井奈緒, 西澤知江, 植木浩二郎, 門脇孝, 森武俊, 真田弘美*. 糖尿病患者の糖尿病用治療靴作製と着用継続に関するプロセス. 看護理工学会誌. 2015;2(1):15-24.
  3. 飯坂真司, 竹原君江, 真田弘美. 携帯型皮膚水分計の妥当性評価. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2015;19(1):33-9.
  4. 片岡ヤス子, 村山陵子, 柳原良次, 大江真琴, 内田美保, 小見山智恵子, 真田弘美. シミュレーションによる抗がん剤の曝露・飛散予防に向けての取り組み. 看護実践学会誌. 2015;27(2):31-37.
  5. 諏訪さゆり, 池崎澄江, 辻村真由子, 岡本有子, 小長谷百絵, 真田弘美, 千葉由美, 長畑多代, 長谷川真澄, 水野敏子, 堀内ふき. 日本老年看護学会会員における研究費の申請・獲得に関する実態調査. 日本老年看護学会誌. 2015;19(2):85-91.
  6. 高橋美奈子, 野口博史*, 大江真琴, 倉持江美子, 大橋優美子, 雨宮歩, 高野学, 村山陵子, 森武俊, 植木浩二郎, 門脇孝, 真田弘美, 小見山智恵子. 糖尿病患者の足部筋力と足底圧・せん断力.腰部足部角速度の関係:4症例における足底圧・せん断力・足部腰部角速度同時測定による検討. 看護理工学会誌. 2015;2(3):157-163.
  7. 松本勝, 大貝和裕, 根本鉄, 栗田俊治, 須釜淳子. 意識障害のある寝たきり高齢者における24時間の睡眠評価とバイタルサインズのモニタリング. 看護理工学会誌, 2015;2(1): 47-53. 2015;2(1):47-53.

総説(日本語)

  1. 大江真琴, 真田弘美. 糖尿病足病変の予防とフットケア. 診断と治療. 2015;103(3):367-371.
  2. 薮中幸一, 真田弘美. ①エコーを活用した皮膚のアセスメント (第5章 皮膚科最新の検査). 看護技術. 2015;61(5):152-161.
  3. 仲上豪二朗, 真田弘美. 特集高齢者における感染症対策 Seminar:各疾患における感染症対策 8.褥瘡における感染症対策. Geriat Med. 2015;53(3):225-229.
  4. 仲上豪二朗, 北村言, 真田弘美. 特集 褥瘡で外用剤を使いこなす 基剤の特性を考慮した皮膚外用療法の実践 ココがポイント! 外用剤使用時・使用後の「ワザ」と「知恵」3. 外用剤使用後の褥瘡モニタリング. 薬局. 2015;66(8):101-106.

報告書(日本語)

  1. 日本褥瘡学会学術委員会:須釜淳子, 石澤美保子, 鎌田直子, 川上重彦, 木下幸子, 真田弘美, 仲上豪二朗, 深川修二, 古江増隆, 松井優子, 宮地良樹, 横尾和久, 武田利明, 志渡晃一, 安部正敏, 田中克己, 野口まどか, 橋本一郎, 林みゆき, 樋口浩文, 水谷仁. 第3回(平成24年度) 日本褥瘡学会実態調査報告 療養場所別医療関連機器圧迫創傷の有病率, 部位, 重症度(深さ), 有病者の特徴, 発生関連機器. 日本褥瘡学会誌. 2015;17(2):141-158.

その他(日本語)

  1. 坂本すが, 菊池令子, 大久保清子, 真田弘美. 新春座談会 看護のいまと将来を語り合う-10年先を見据え、挑戦する看護でありたい. 公益社団法人日本看護協会協会ニュース. 2015;570:4-5.
  2. 太田喜久子, 真田弘美. [対談] 今こそ看護研究は飛躍の時!. 週間医学界新聞. 2015;3110:1-3.
  3. 真田弘美. 会長挨拶 健康総合科学科同窓会に向けて. 東京大学保健学同窓会 同窓会ニューズレター. 2015;43:1.
  4. 真田弘美. 診療報酬改定に向けた専門的な看護ケアの研究に期待(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2015;67(6):21.
  5. 真田弘美. 1.なぜいま、スキンテアに注目したいか (特集「いま知っておきたいスキンテア(皮膚裂傷) 編集: 真田弘美」の最新情報). エキスパートナース. 2015;31(7):74-78.
  6. 真田弘美, 溝上祐子, ケリリン・カービル, 紺家千津子, 間宮直子, 加瀬昌子, 内藤亜由美. ディスカッション ナースがスキンテアに対してできること (特集「いま知っておきたいスキンテア(皮膚裂傷) 編集:真田弘美」の最新情報). エキスパートナース. 2015;31(7):90-92.
  7. 水野英彰, 真田弘美. セミナーレポート: ニュートリションセミナー in 品川 「褥瘡栄養管理の新潮流&褥瘡管理最前線2015. エキスパートナース. 2015;31(7):115-118.
  8. 真田弘美. 特定行為実施・正念場はこれから(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2015;67(7):21.
  9. 真田弘美. UKのリンパ浮腫外来で見た在宅医療の理想的なモデル(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2015;67(9):21.
  10. 大久保清子, 竹股喜代子, 真田弘美. 特別鼎談 地域包括ケア時代の看護職のマネジメントと経営. 最新医療経営フェイズ・スリー. 2015;372:58-61.
  11. 仲上豪二朗, 山根拓実, 真田弘美. 【特別寄稿 創傷ケア】 ここまでわかった創傷被服材の創傷治癒促進における分子メカニズム. エキスパートナース. 2015;31(9):76-81.
  12. 真田弘美. 若者に希望を伝えるための「看護の将来ビジョン」 (副会長活動ダイジェスト). 看護. 2015;67(10):21.
  13. 真田弘美. 世界の助産師にみた看護職の責任感とプライド (副会長活動ダイジェスト). 看護. 2015;67(11):21.
  14. 真田弘美. Part2 インタビュー1:クリティカル・シンキングのもとに自律的に行動できる看護師の育成をめざして-日本看護協会副会長、大学院教授の立場から (特集 看護師の 「特定行為研修」 が始まった!). エキスパートナース. 2015;31(12):104-107.
  15. 真田弘美. 新しい道を切り拓く看護職たち (副会長活動ダイジェスト). 看護. 2015;67(12):21.
  16. 真田弘美. グローバル化へ向けた健康総合科学科の取り組み(会長挨拶). 東京大学保健学同窓会同窓会ニューズレター. 2015;44:1.
  17. キャリアブレイン. 手順書を使わない特定行為、研修義務化が必要-真田・日看協副会長に聞く. 医療経営CBnews management. 2015. [uri]
  18. 鳥羽研二(研究代表者), 真田弘美, 他(分担研究者). 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 高齢者在宅医療に関する多職種協働の阻害要因を克服する教育システムの構築に関する研究. H26年度総括・分担研究報告書. 2015.
  19. 鳥羽研二(研究代表者), 真田弘美, 他(分担研究者). 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 高齢者在宅医療に関する多職種協働の阻害要因を克服する教育システムの構築に関する研究. H24-26年度総合研究報告書. 2015.

2014

原著(英語)

  1. Ichikawa-Shigeta Y, Sugama J, Sanada H*, Nakatani T, Konya C, Nakagami G, Minematsu T, Yusuf S, Mugita Y. Physiological and appearance characteristics of skin maceration in elderly women with incontinence. J Wound Care. 2014;23(1):18-30.
  2. Noguchi H, H, a M, Fukui R, Shimosaka M, Mori T, Sato T, Sanada H. Measurement of dense static point cloud and online behavior recognition using horizontal LIDAR and pan rotation of vertical LIDAR with mirrors. SICE JCMSI. 2014;7(1):12-20. [uri]
  3. Iizaka S, Asada M, Koyanagi H, Sasaki S, Naito A, Konya C, Sanada H. The reliability and validity of color indicators using digital image analysis of peristomal skin photographs: Results of a preliminary prospective clinical study. Ostomy Wound Manage. 2014;60(3):12-29. [uri]
  4. Sanada H, Nakagami G, Takehara K, Goto T, Ishii N, Yoshida S, Ryu M, Tsunemi Y. Antifungal Effect of Non-Woven Textiles Containing Polyhexamethylene Biguanide with Sophorolipid: A Potential Method for Tinea Pedis Prevention. Healthcare. 2014;2:183-91. [uri]
  5. Iizaka S, Koyanagi H, Sasaki S, Sekine R, Konya C, Sugama J, Sanada H. Nutrition-related status and granulation tissue colour of pressure ulcers evaluated by digital image analysis in older patients. J Wound Care. 2014;23(4):198-206. [uri]
  6. Miura Y, Nakagami G, Yabunaka K, Tohara H, Murayama R, Noguchi H, Mori T, Sanada H*. Method for detecting aspiration based on image prosessing-assisted B-mode video ultranonography. Journal of Nursing Science Engineering. 2014;1(1):12-20.
  7. Kato A, Fukazawa Y, Sanada H, Mori T*. Extraction of food-related onomatopoeia from food reviews and its application to restaurant search. JACIII. 2014;18(3):418-428. [uri]
  8. Minematsu T, Horii M, Oe M, Sugama J, Mugita Y, Huang L, Nakagami G, Sanada H*. Skin blotting: a noninvasive technique for evaluating physiological skin status. Adv Skin Wound Care. 2014;27(6):272-279. [uri] [doi]
  9. Amemiya A, Noguchi H, Oe M, Ohashi Y, Ueki K, Kadowaki T, Mori T*, Sanada H. Elevated plantar pressure in diabetic patients and its relationship with their gait features. Gait \& Posture. 2014;40(3):408-14. [uri] [doi]
  10. Iuchi T, Nakajima Y, Fukuda M, Matsuo J, Okamoto H, Sanada H, Sugama J*. Using an extreme bony prominence anatomical model to examine the influence of bed sheet materials and bed making methods on the distribution of pressure on the support surface. J Tissue Viability. 2014;23(2):60-68. [uri] [doi]
  11. Kanazawa T, Nakagami G, Minematsu T, Yamane T, Huang L, Mugita Y, Noguchi H, Mori T, Sanada H*. Biological responses of three-dimensional cultured fibroblasts by sustained compressive loading include apoptosis and survival activity. PLoS One. 2014;9(8):e104676. [uri] [doi]
  12. Goto T, Naito A, Tamai N, Nakagami G, Oe M, Sanada H*. Objective evaluation for venous leg ulcer-related nociceptive pain using thermography. Chronic Wound Care Management and Research. 2014;1:23-30. [uri] [doi]
  13. Matsumoto M, Ibuki A, Minematsu T, Sugama J*, Horii M, Ogai K, Nishizawa T, Dai M, Sato A, Fujimoto Y, Okuwa M, Nakagami G, Nakatani T, Sanada H. Structural changes in dermal collagen and oxidative stress levels in the skin of Japanese overweight males. Int J Cosmet Sci. 2014;36(5):477-84. [uri] [doi]
  14. Miura Y, Takehara K, Nakagami G, Amemiya A, Kanazawa T, Kimura N, Kishi C, Koyano Y, Tamai N, Nakamura T, Kawashima M, Tsunemi Y, Sanada H*. Screening for tinea unguium by thermography in older adults with subungual hyperkeratosis. Geriatr Gerontol Int. 2014;15(8):991-996. [uri] [doi]
  15. Tokunaga-Nakawatase Y, Nishigaki M, Taru C, Miyawaki I, Nishida J, Kosaka S, Sanada H, Kazuma K. Computer-supported indirect-form lifestyle-modification support program using Lifestyle Intervention Support Software for Diabetes Prevention (LISS-DP) for people with a family history of type 2 diabetes in a medical checkup setting: a randomized controlled trial. Prim Care Diabetes. 2014;8(3):207-214. [uri] [doi]
  16. Arias S, Rogeli P, Cardiel E, Sanada H, Mori T, Noguchi H, Nakagami G. Assessment of three alternating pressure sequences applied to a dynamic cushion to relieve pressure on seating areas. Revista mexicana de ingenieria biomedica. 2014;35(3):253-262.
  17. Yonezawa K, Haruna M, Shiraishi M, Matsuzaki M, Sanada H. Relationship between skin barrier function in early neonates and diaper dermatitis during the first month of life: A prospective observational study. Pediatric Dermatology. 2014;31(6):692-697. [uri]
  18. Yabunaka K, Konishi H, Nakagami G, Matsuo J, Noguchi A, Sanada H. Videofluoroscopy-guided balloon dilatation for treatment of severe pharyngeal dysphagia. Diagn Interv Radiol. 2014.
  19. Ichikawa-Shigeta Y, Sanada H, Konya C, Yusuf S, Supriadi, Sugama J*. Risk assessment tool for incontinence-associated dermatitis in elderly patients combining tissue tolerance and perineal environment predictors: a prospective clinical study. Chronic wound care management and research. 2014:41-47. [doi]
  20. Takano M, Noguchi H, Oe M, Sanada H, Mori T*. Development and evaluation of a system to assess the effect of footwear on the in shoe plantar pressure and shear during gait. ROBOMECH Journal. 2014;1(4). [uri] [doi]
  21. Yotsu RR, Pham MN, Oe M, Nagase T, Sanada H, Hara H, Fukuda S, Fujitani J, Yamamoto-Honda R, Kajio H, Noda M, Tamaki T. Comparison of characteristics and healing course of diabetic foot ulcers by etiological classification: Neuropathic, ischemic, and neuro-ischemic type. J Diabetes Complications. 2014. [uri] [doi]
  22. Miura Y, Nakagami G, Yabunaka K, Tohara H, Murayama R, Noguchi H, Mori T, Sanada H*. Method for detection of aspiration based on B-mode video ultrasonography. Radiol Phys Technol. 2014. [uri] [doi]
  23. Koyano Y, Nakagami G, Iizaka S, Minematsu T, Noguchi H, Tamai N, Mugita Y, Kitamura A, Tabata K, Abe M, Murayama R, Sugama J, Sanada H*. Exploring the prevalence of skin tears and skin properties related to skin tears in elderly patients at a long-term medical facility in Japan. Int Wound J. 2014. [uri] [doi]
  24. Matsumoto M, Matsuo J, Dai M, Nishizawa T, Matsui K, Ichikawa Y, Okuwa M, Sugama J*, Sanada H. Influence of differences in washing methods on skin texture. Int J Cosmet Sci. 2014. [uri] [doi]

症例報告(英語)

  1. Miura Y, Nakagami G, Tohara H, Murayama R, Noguchi H, Mori T, Sanada H. B-mode video ultrasonography for detecting aspiration: two case studies. Journal of Society of Nursing Practice. 2014;27(1):42-49.
  2. Kitamura A, Nakagmai G, Yoshida M, Noguchi H, Nishijima Y, Minematsu T, Naito A, Sugawara J, Shibayama H, Takahashi K, Hakuta A, Umemoto J, Terada N, Segawa R, Mori T, Sanada H. Visualization of tumor necrosis factor-α distributions within pressure ulcer tissue using the wound blotting method: a case report and discussion.. WOUNDS. 2014;26(11):323-329.

その他(英語)

  1. Sanada H. Expert commentary: pressure ulcers in the surgical patient. Wounds Int. 2014;5(4):19.

書籍

  1. 玉井奈緒. エビデンスに基づく疾患別看護ケア関連図(改訂版). 中央法規出版株式会社, 2014.
  2. . 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  3. 大江真琴. 1.フローチャート(Ⅰフローチャート). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  4. 玉井奈緒. 5.心理・社会的ケアを理解する(Ⅱ基礎知識を理解する). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  5. 森武俊. Column 1 皮膚温を用いた足潰瘍ハイリスク状態のモニタリング(Ⅲ足のアセスメントをする). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  6. 大江真琴. Column 2 サーモグラフィやエコーを使用したアセスメント技術(Ⅲ足のアセスメントをする). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  7. 野口博史. Column 3 せん断力の測定(Ⅲ足のアセスメントをする). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  8. 森武俊. Column 4 せん断応力の軽減を目指したフットウェア(Ⅲ足のアセスメントをする). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  9. 大江真琴, 四津里英, 真田弘美. 3.スケールを用いて評価する(Ⅴ創傷のアセスメントをする). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  10. 仲上豪二朗. Column 1 振動療法(Ⅵ創部をケアする). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  11. 峰松健夫. Column 2アシル化ホモセリンラクトン(AHL)(Ⅵ創部をケアする). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  12. 峰松健夫. Column 3 アクアポリン3)(Ⅵ創部をケアする). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  13. 大江真琴. 2.足外来の実際(Ⅸチーム医療をする). 最新版ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  14. 飯坂真司, 真田弘美. すぐに使える高齢者総合診療ノート. 日本医事新報社, 2014.
  15. 真田弘美. 序文. 最新版 ナースのための糖尿病フットケア技術. メディカルレビュー社, 2014.
  16. Sanada H, Nakagami G, Minematsu T, Tamai N, Nishijima Y, Mori T, Noguchi H, Iizaka S, Murayama R, Oe M, Yoshida M, Yabunaka K, Kaitani T. Bioengineering Nursing: New Horizons of Nursing Research. Nova Science Pub Inc, 2014. [uri]
  17. 片岡ひとみ, 上出良一, 木下幸子, 小西千枝, 紺家千津子, 真田弘美, 徳永恵子, 仲上豪二朗, 溝上祐子, 室岡陽子. ABCD-Stoma®に基づくベーシック・スキンケアABCD-Stoma®ケア. 一般社団法人日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2014.
  18. 真田弘美. 序文, ABCD-Stoma®に基づくベーシック・スキンケアABCD-Stoma®ケア. 一般社団法人日本創傷・オストミー・失禁管理学会, 2014.
  19. 長瀬敬, 真田弘美. 5. 褥瘡予防対策(第Ⅴ章 在宅・介護の側面から高齢者運動器を理解する), ベッドサイドの高齢者運動器の診かた. 南山堂, 2014.
  20. 永田智子, 真田弘美. 2. 地域看護(第Ⅶ章 病診連携を考える), ベッドサイドの高齢者運動器の診かた. 南山堂, 2014.
  21. 大江真琴, 真田弘美. 18 糖尿病足潰瘍予防に関する看護研究の展開. 門脇孝編集. 糖尿病学2014. 診断と治療社, 2014.
  22. 飯坂真司,真田弘美. DESIGN-R®を用いた褥瘡状態の評価(第3章 慢性潰瘍-Ⅰ 褥瘡-②褥瘡の創のみかた). まるわかり創傷治療のキホン. 南山堂, 2014.
  23. 飯坂真司,真田弘美. 9. 褥瘡(PartⅡ 病態別栄養療法). 臨床栄養実践ガイド. 中外医学社, 2014.

原著(日本語)

  1. 藪中幸一, 松尾淳子, 原明子, 仲上豪二朗, 須釜淳子, 真田弘美. 超音波画像による大腸内に貯留した便とガスの比較検討. 超音波検査技術. 2014;38(6):605-613.
  2. 西尾奈緒美, 松井優子, 北川敦子, 須釜淳子, 真田弘美. 急性GVHD(移植片対宿主病)の皮膚の実態に関する研究-移植直後からの皮膚の経時的変化の特徴-. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2014;18(1):9-19.
  3. 松井優子, 村山陵子, 田邊秀憲, 大江真琴, 福田守良, 元雄良治, 我妻孝則, 木下幸子, 坂井恵子, 紺家千津子, 須釜淳子, 真田弘美. 健康成人を対象にした点滴静脈内注射の血管外漏出モデルにおけるサーモグラフィー画像の分析. 看護理工学会誌. 2014;1(1):4-11.
  4. 貝谷敏子, 仲上豪二朗, 内藤亜由美, 玉井奈緒, 飯坂真司, 真田弘美. 特定行為としての高度創傷管理技術を臨床導入し定着させるためのプロセスモデルの構築. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会会誌. 2014;18(3):313-318.

総説(日本語)

  1. 大江真琴, 真田弘美. 1ページでわかる足の検査 2.モノフィラメント検査. 糖尿病ケア. 2014;11(3):31.
  2. 大江真琴 , 真田弘美. 1ページでわかる足の検査 1.アキレス腱反射・振動覚検査. 糖尿病ケア. 2014;11(3):30.
  3. 真田弘美. 特集 褥瘡ケアのカギを握る!「滲出液」の見方とドレッシング材の選び方. エキスパートナース. 2014;30(3):53-87.
  4. 飯坂真司. Part2- 滲出液管理の第1歩は”量の把握” 滲出液量を予測できる「ESTimation法とは, (特集 褥瘡ケアのカギを握る!「滲出液」の見方とドレッシング材の選び方). エキスパートナース. 2014;30(3):61-68.
  5. 飯坂真司, 真田弘美. Part1- wound bed preparationと滲出液コントロール(特集褥瘡ケアのカギを握る!「滲出液」の見方とドレッシング材の選び方). エキスパートナース. 2014;30(3):54-60.
  6. 真田弘美. 書評「看護研究ポケットナビ」臨床の専門家と研究の専門家の共通理解を導くナビゲーション(航海図). 看護研究. 2014;47(2):135.
  7. 森武俊. 見守り機能を備えた住宅. 日本ロボット学会誌. 2014;32(3):49-52. [uri]
  8. 仲上豪二朗, 峰松健夫, 真田弘美. 看護学×理工学 融合と発展を探る 浸出液を活用した創傷アセスメント技術の深化. 看護技術. 2014;60(6):618-619.
  9. 真田弘美. 新興国に学びたいシームレスな看護システム(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2014;66(6):21.
  10. 真田弘美. 「看護の将来ビジョン」の第1歩は地道なケアの積み重ねから(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2014;66(7):21.
  11. 飯坂真司, 峰松健夫, 安部正敏, 真田弘美. 皮膚疾患(Ⅸ. 肥満に起因ないし関連する疾患-成立機序・病態・管理・治療-). 日本臨牀. 2014;74(増刊号4):642-646.
  12. 藪中幸一, 飯坂真司, 山本巧, 真田弘美. 超音波検査による褥瘡診断の有用性. Jpn j med ultrasonics. 2014;41(5):649-658.
  13. 真田弘美. 「看護師特定行為・研修部会」で審議開始。質の高い制度をめざし、最大の努力で取り組んでいく(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2014;66(13):21.
  14. 森武俊. 看護学×理工学 融合と発展を探る 看護理工学のこれから. 看護技術. 2014;60(14):60-61.
  15. 仲上豪二朗, 真田弘美. 振動による血流改善-褥瘡・糖尿病-. WHITE. 2014;2(2):129-132.

症例報告(日本語)

  1. 峰松健夫, 仲上豪二朗, 麦田裕子, 金澤寿樹, 北村言, 真田弘美. 終末期がん患者における癌性創傷が疑われる非定型的褥瘡の創面ブロッティング法を用いた非侵襲的アセスメント. 褥瘡学会誌. 2014;16(2):154-158.
  2. 平野明博, 佐久間恵, 木村敬子, 峰松健夫, 仲上豪二朗, 大江真琴, 村山陵子, 真田弘美, 小見山智恵. 造血幹細胞移植患者に対して病院で提供される食事の非加熱食・加熱食の細菌に関する実態調査. 看護実践学会誌. 2014;27(1):50-56.

その他(日本語)

  1. 真田弘美. 第3回「明日の象徴」授賞式で若手看護職の活躍に期待(副会長活動ダイジェスト). 看護. 2014;66(15):21.
  2. 真田弘美. 医道審看護師特定行為・研修部会 行為区分と手順書内容おおむね合意. 公益社団法人日本看護協会 協会ニュース. 2014;567:1.
  3. 真田弘美. 職種間で共通の“定義”はチーム医療の第一歩 (副会長活動ダイジェスト). 看護. 2014;67(1):21.
  4. 真田弘美. 医道審特定行為・研修部会 研修内容などに関する議論進む. 公益社団法人日本看護協会協会ニュース. 2014;569:1.

2013

原著(英語)

  1. Oe M, Sanada H*, Nagase T, Minematsu T, Ohashi Y, Kadono T, Ueki K, Kadowaki T. Sweat gland atrophy of the heel in diabetic patients with angiopathy. J Clin Nurs. 2013;22(1-2):289-92.
  2. Mori T, Sato T, Kuroda A, Tanaka M, Shimosaka M, Sato T, Sanada H, Noguchi H. Outdoor map construction based on aerial photography and electrical map using multi-plane laser range scan data. Journal of robotics and mechatronics. 2013;25(1):5-15.
  3. Dai M, Okuwa M, Katayama M, Nakatani T, Ueyama T, Minamiyama T, Iuchi T, Higi K, Sugama J, Sanada H. Addition of vibration to simple lymphatic drainage in the management of breast cander-related lymphedema: A randomized controlled cross over pilot study.. J So Nurs Pract. 2013;25(1):58-66.
  4. Murayama R, Tsuda M, Haruna M, Matsuzaki M, Sanada H, Aoki K. Relationship between perceived sleep posture and subjective sleep quality:Changes related to progression of pregnancy. J So Nurs Pract. 2013;25(1):49-57.
  5. Zhong X, Nagase T, Huang L, Kaitani T, Iizaka S, Yamamoto Y, Kanazawa T, Sanada H*. Reliability and validity of the Chinese version of DESIGN-R, an assessment instrument for pressure ulcers. Ostomy Wound Manage.. 2013;52(2):36-43.
  6. Minematsu T, Nakagami G, Yamamoto Y, Kanazawa T, Huang KL, Sasaki S, Uchida G, Fujita H, Haga N, Yoshimura K, Nagase T, Sanada H*. Wound blotting: A convenient biochemical assessment tool for protein components in exudate of chronic wounds. Wound Repair Regen. 2013;21(2):329-34.
  7. Oe M, Yotsu RR*, Sanada H, Nagase T, Tamaki T. Screening for osteomyelitis using thermography in patients with diabetic foot. Ulcers. 2013;2013:284294. [uri] [doi]
  8. Nakagami G, Yoshida S, Matsumoto M, Koyano Y, Yamamoto Y, Sugama J, . A new objective evaluation method for PU cleansing using a rapid bacteria counting system. Journal of Wound Care. 2013;22(5):278-81.
  9. Yoshida M, Murayama R, Ota E, Nakata M, Kozuma S, Homma Y. Reliability and validity of the Japanese version of the pelvic floor distress inventory-short form 20. Int Urogynecol J. 2013;24(6):1039-46.
  10. Yoshida M, Murayama R, Haruna M, Matsuzaki M, Yoshimura K, Murashima S, Kozuma S. Longitudinal comparison study of pelvic floor function between women with and without stress urinary incontinence after vaginal delivery. J Med Ultrasonics. 2013;40(2):125-31.
  11. Masaki N, Sugama J*, Okuwa M, Inagaki M, Matsuo J, Nakatani T, Sanada H. Heel blood flow during loading and off-loading in bedridden older adults with low and normal ankle-brachial pressure index: a quasi-experimental study. Biol Res Nurs. 2013;15(3):285-291.
  12. Yoshida M, Murayama R, Nakata M, Haruna M, Matsuzaki M, Shiraishi M, Sanada H. Pelvic floor function and advanced maternal age at first vaginal delivery. Open J Obstet Gynecol. 2013;3(4A):28-34.
  13. Iizaka S, Kaitani T, Sugama J, Nakagami G, Naito A, Koyanagi H, Konya C, Sanada H. Predictive validity of granulation tissue color measured by digital image analysis for deep pressure ulcer healing: a multicenter prospective cohort study. Wound Repair Regen. 2013;21(1):25-34.
  14. Nagase T, Akase T, Sanada H*, Minematsu T, Ibuki A, Huang L, Asada M, Yoshimura K, Nagase M, Shimada T, Aburada M, Nakagami G, Sugama J. Aging-like skin changes in metabolic syndrome model mice are mediated by mineralocorticoid receptor signaling. Aging Cell. 2013;12(1):50-7.
  15. Tamai N, Horii M, Takehara K, Kato S, Yamamoto Y, Naito A, Tayama M, Tamahashi Y, Nakamura S, Kadono T, Oe M, Nagase T, Sanada H*. Morphological characteristics of and factors related to moisture-associated dermatitis surrounding malignantwounds in breast cancer patients. Eur J Oncol Nurs. 2013;17(5):673-80. [uri] [doi]
  16. Ogawa Y, Mori T*, Noguchi H, Nakagami G, Sanada H. Development and evaluation of an air mattress structure and function for reducing discomfort when elevating the head-of-bed. Disabil Rehabil Assist Technol. 2013;10(1):81-8. [doi]
  17. Mugita Y, Minematsu T, Huang L, Sugama J, Ichikawa Y, Nakagami G, Nagase T, Oe M, Noguchi H, Mori T, Sanada H*. A convenient and highly sensitive method for quantification of ceramide in tape-stripping samples by dot-blot analysis as a skin barrier assessment technique in murine macerated skin. J Jpn WOCM. 2013;17(3):201-212.
  18. Mori T, Nagase T, Takehara K, Oe M, Ohashi Y, Amemiya A, Sanada H. Morphological pattern classification system for plantar thermography of patients with diabetes. J Diabetes Sci Technol. 2013;7(5):1102–12. [uri]
  19. Kaitani T, Nakagami G, Sanada H. Cost-effectiveness of conservative sharp wound debridement for pressure ulcers offered by wound, ostomy and continence nurses: A propensity score matching analysis. J Wound Technol. 2013;21:6-10. [uri]
  20. Watanabe Y, Oe M, Takemura NY, Onishi M, K, a K, Sanada H*. Four factor Research Awareness Scale for Nurses in Japanese: Instrument development study. Jpn J Nurs Sci. 2013;10(2):232-41. [uri] [doi]
  21. Okajima S, Hirota A, Kimura E, Inagaki M, Tamai N, Iizaka S, Nakagami G, Mori T, Sugama J, Sanada H*. Health-related quality of life and associated factors in patients with primary lymphedema. Jpn J Nurs Sci. 2013;10(2):202-11. [uri] [doi]
  22. Minematsu T, Nishijima Y, Huang L, Nakagami G, Ohta Y, Kurata S, Sanada H*. HSL Attenuates the Follicular Oxidative Stress and Enhances the Hair Growth in ob/ob Mice. Plast Reconstr Surg - Global Open. 2013;1(7):e60. [uri] [doi]
  23. Kimura N, Nakagami G, Takehara K, Miura Y, Nakamura T, Kawashima M, Tsunemi Y, Sanada H*. Prevalence of asteatosis and asteatotic eczema among elderly residents in facilities covered by long-term care insurance. J Dermatol. 2013;40(9):770-771. [uri] [doi]
  24. Hiroshi N, Hiroaki F, Taketoshi M, Hiromi S, Tomomasa S. Object and human localization with ZigBee-Based sensor devices in a living environment. adio frequency identification from system to applications. InTech. 2013. [uri] [doi]
  25. Tsunemi Y, Takehara K, Miura Y, Nakagami G, Sanada H, Kawashima M. Screening for tinea unguium by dermatophyte test strip. Br J Dermatol. 2013. [uri] [doi]
  26. Kato H, Nakagami G, Iwahira Y, Otani R, Nagase T, Iizaka S, Tamai N, Matsuyama Y, Sanada H*. Risk factors and risk scoring tool for infection during tissue expansion in tissue expander and implant breast reconstruction. Breast J. 2013. [doi]
  27. Yamane T, Nakagami G, Yoshino S, Muramatsu A, Matsui S, Oishi Y, Kanazawa T, Minematsu T, Sanada H*. Hydrocellular foam dressing promotes wound healing along with increases in Hyaluronan Synthase 3 and PPARα gene expression in epidermis. PLoS One. 2013;8(8). [uri] [doi]
  28. Matsumoto M, Sugama J*, Okuwa M, Dai M, Matsuo J, Sanada H. Non-invasive monitoring of core body temperature rhythms over 72 h in 10 bedridden elderly patients with disorders of consciousness in a Japanese hospital: A pilot study.. Arch Gerontol Geriatr. 2013. [doi]
  29. Nagase T, Iizaka S, Kato H, Nakagami G, Kaitani T, Machida M, Oshima H, Ochiai H, Bito S, Sanada H, ASPU G. Undermining incision and healing of deep pressure ulcers: A prospective cohort study of pressure ulcers by the Japanese National Hospital Organization. Wound Repair Regen. 2013. [doi]
  30. Sugimoto T, Huang L, Minematsu T, Yamamoto Y, Asada M, Nakagami G, Akase T, Nagase T, Oe M, Mori T, Sanada H*. Impaired aquaporin 3 expression in reepithelialization of cutaneous wound healing in the diabetic rat. Biological research for nursing. 2013. [doi]
  31. Takeuchi T, Togari T, Oe M, Takemura Y, Sanada H. Variations in the mental health and sense of coherence (SOC) of new graduate nurses and the effects of SOC on variations in mental health. Open Journal of Nursing. 2013;3(1). [doi]

書籍

  1. 長瀬敬, 真田弘美. 8 褥瘡 日本老年医学会編集 老年医学 系統講義テキスト(4章老年症候群). 西村書店, 2013.
  2. Oe M, Sanada H, NagaseTakashi, Takeo M, Yumiko O, Takahumi K, Kohjiro U, Takashi K. Fistulas and Fissures: Types, Symptoms, Causes, and Treatment. Nova Science Publishers, 2013.
  3. . 看護に役立つ!エコーの読み方活かし方. 照林社, 2013.
  4. 真田弘美. 将来、看護師が聴診器と同じようにエコーを使いこなす時代へ (看護に役立つ!エコーの読み方活かし方. 序にかえて-その1). 照林社, 2013.
  5. 大江真琴, 薮中幸一. 1. 体表・皮下組織のエコーによる観察(看護に役立つ!エコーの読み方活かし方 Part 2 表在(皮膚/血管)・下肢血流のエコー). 照林社, 2013.
  6. 飯坂真司, 薮中浩二. 1. 褥瘡のエコーによる鑑別の流れ(看護に役立つ!エコーの読み方活かし方 Part 3 褥瘡・創傷領域のエコー). 照林社, 2013.
  7. 麦田裕子, 仲上豪二朗, 佐々木早苗, 真田弘美. 3. 症例からみる褥瘡・創傷のエコー画像① ポケットの鑑別(看護に役立つ!エコーの読み方活かし方 Part 3 褥瘡・創傷領域のエコー). 照林社, 2013.
  8. 仲上豪二朗, 麦田裕子, 藤田英樹, 菊池和希, 真田弘美. 3. 症例からみる褥瘡・創傷のエコー画像② ドプラエコーによるデブリードマンの可否の判断(Part 3 褥瘡・創傷領域のエコー). 看護に役立つ!エコーの読み方活かし方. 照林社. 72-74, 2013. 7月. 照林社, 2013.
  9. 松尾淳子, 松井優子, 須釜淳子, 藪中幸一, 真田弘美. 3. 静脈留置カテーテル挿入・留置時の観察(看護に役立つ!エコーの読み方活かし方 Part 5 血管穿刺に用いるエコー). 照林社, 2013.
  10. 吉田美香子. 2. 失禁管理 骨盤底筋の評価(看護に役立つ!エコーの読み方活かし方 Part 6 ケアに活かすエコー). 照林社, 2013.
  11. 真田弘美, 木村恵美子, 小林範子. リンパ浮腫における弾性ストッキング. MEDICAL EDUCATION PARTNERSHIP LTD, 2013.
  12. 矢崎義雄, 遠藤久夫, 梶本章, 真田弘美, 中村秀一. 医療白書2013年度版 在宅医療の進展で日本医療はどう変わるか. 日本医療企画, 2013.
  13. 真田弘美, 木村恵美子, 小林範子. リンパ浮腫における弾性ストッキング. MEDICAL EDUCATION PARTNERSHIP LTD, 2013.
  14. 三浦由佳, 仲上豪二朗, 野口博史, 戸原玄. 4. 嚥下 誤嚥の評価(看護に役立つ!エコーの読み方活かし方 Part 6 ケアに活かすエコー). 2013.

章記載

  1. 真田弘美, 臺美佐子, 井内映美. 3)看護・指導(11. 続発性(二次性)リンパ浮腫の診療), リンパ浮腫診断治療指針2013, 一般社団法人リンパ浮腫療法士認定機構 (編集), 93-94, 2013.

原著(日本語)

  1. 大江真琴, 四津里英, 玉木毅, 真田弘美. 糖尿病性足潰瘍における創部評価スケールの信頼性と妥当性:臨床写真における検討. 日本フットケア学会誌. 2013;11(1):5-11.
  2. 駒形和典, 仲上豪二朗, 玉井奈緒, 加藤啓史, 杉本隆, 飯坂真司, 須釜淳子, 繁田佳映, 真田弘美*. パウチを用いた新しい男性用尿失禁ケア用具の開発と評価. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2013;17(1):11-22.
  3. 堀井素子, 須釜淳子, 大江真琴, 峰松健夫, 長瀬敬, 藪中幸一, 赤瀬智子, 仲上豪二朗, 伊吹愛, 真田弘美*. 超音波画像診断装置を用いた男性肥満者の真皮および皮下脂肪組織の構造変化の抽出ならびに酸化ストレスとの関連性の検討. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2013;17(1):23-32.
  4. 松尾淳子, 福田守良, 井内映美, 西澤知江, 大桑麻由美, 須釜淳子, 紺家千津子, 真田弘美. ベッドメーキングの違いがエアマットレスの圧再分配機能に及ぼす影響. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2013;17(1):33-39.

総説(日本語)

  1. 三浦由佳, 仲上豪二朗, 野口博史, 戸原玄. 第11回 嚥下のエコー検査. エキスパートナース. 2013;29(3):90-5.
  2. 藪中幸一, 真田弘美. 第12回 エコー装置を利用したカテーテル類留置の確認①(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2013;29(4):121-126.
  3. 松尾淳子, 松井優子, 須釜淳子, 藪中幸一, 真田弘美. 第13回 エコー装置を利用したカテーテル類留置の確認②静脈留置カテーテル挿入・留置時の観察(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2013;29(5):114-120.
  4. 長瀬敬, 藪中幸一. 第9回 褥瘡のエコー画像①深部組織損傷(DTI)のエコー (連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2013;29(1):96-101.
  5. 小柳礼恵, 藪中幸一. 第10回 エコーによるストーマケア(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2013;29(2):87-93.
  6. 真田弘美. 第15回(最終回) 将来、看護師が聴診器と同じようにエコーを使いこなす時代(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2013;29(9):120-1.
  7. 藪中幸一. 第15回(最終回) エコー技術の新たな展開(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2013;29(9):115-9.
  8. 藪中幸一. 第14回 エコー画像で注意したいアーチファクト(画像のノイズ)(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2013;29(7):100-5.
  9. 真田弘美. 特集 ナースが知りたい 便失禁(下痢)のトータルマネジメント. エキスパートナース. 2013;29(12):82-98.
  10. 仲上豪二朗. 褥瘡発生をどう予測し、どう予防するか(特集 リハビリテーション専門職が知っておきたい褥瘡の基本). Medical rehabilitation. 2013(159):12-21.
  11. 仲上豪二朗. 新しい褥瘡発生のメカニズムの考え方(特集 リハビリテーション専門職が知っておきたい褥瘡の基本). Medical rehabilitation. 2013(159):5-11.
  12. 真田弘美, 芳賀信彦. Medical Rehabilitation編集企画にあたって…. Medical rehabilitation. 2013(159):前付1.
  13. 真田弘美, 芳賀信彦. 特集 リハビリテーション専門職が知っておきたい褥瘡の基本. Medical rehabilitation. 2013(159).

症例報告(日本語)

  1. 四津里英, 長瀬敬, 真田弘美, 玉木毅. 在宅Snap(r)陰圧閉鎖療法にて治癒した難治性仙骨部褥瘡の1. 日本皮膚科学会雑誌. 2013;123(12):2269-2272.

2012

原著(英語)

  1. Asada M, Nakagami G, Minematsu T, Nagase T, Akase T, Huang L, Yoshimura K, Sanada H. Novel models for bacterial colonization and infection of full-thickness wounds in rats. Wound Repair Regen. 2012;20(4):601-10. [uri]
  2. Oe M, Sanada H, Nagase T, Minematsu T, Ohashi Y, Kadono T, Ueki K, Kadowaki T. Factors associated with deep foot fissures in diabetic patients: A cross-sectional observational study. Int J Nurs Stud. 2012;49(6):739–46. [uri] [doi]
  3. Mori T, Tominaga S, Noguchi H, Shimosaka M, Fukui R, Sato T. Predicting behaviors of residents by modeling preceding action transition from trajectories. J Robot Mechatron. 2012;24(2):320-9.
  4. Iizaka S, Jiao L, Sugama J, Minematsu T, Oba M, Matsuo J, Tabata K, Sugiyama T, Sanada H. Evaluation of nutritional status and skin condition among elderly residents in a long-term care hospital. J Nutr Health Aging. 2012;16(1):107-11. [uri]
  5. Sasaki N, Nakagami G, Sakai K, Kato H, Nanjo Y, Sanada H. Determining the optimal inner air cell pressure for the effective reduction of interface pressure. J Tissue Viability. 2012;21(2):47-53. [uri]
  6. Tamai N, Nagakawa T, Sanada H. Nutritional status in long-term survivors after partial gastrectomy. J So Nurs Pract. 2012;24(1):21-30.
  7. Oe M, Yotsu RR, Sanada H*, Nagase T, Tamaki T. Thermographic findings in a case of type 2 diabetes with foot ulcer and osteomyelitis. J Wound Care. 2012;21(6):274-278. [uri]
  8. Iwahira Y, Nagase T, Nakagami G, Huang L, Ohta Y, Sanada H*. Histopathological comparisons of irradiated and non-irradiated breast skin from the same individuals. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2012;65(11):1496-505. [uri]
  9. Iizaka S, Sanada H*, Matsui FY, Tachibana T, Nakayama T, Sugama J, Furuta K, Tachi M, Tokunaga MK, Scientific CE. Predictive validity of weekly monitoring of wound status using DESIGN-R score change for pressure ulcer healing: A multicenter prospective cohort study.. Wound Repair Regen. 2012;4(20):473-481. [uri] [doi]
  10. Fukui R, Mori T, Sato T. An electrostatic capacitive floor sensor system for human position monitoring in a living space. Advanced Robotics. 2012;10(26):1127-42. [uri]
  11. Mori T, Ishino T, Noguchi H, Sato T, Miura Y, Nakagami G, Oe M, Sanada H. Life pattern estimation of the elderly based on accumulated activity data and its application to anomaly detection. Journal of robotics and mechatronics. 2012;5(24):754-765. [uri]
  12. Tamai N, Kaitani T, Takehara K, Oe M, Nagase T, Murayama R. Evaluation of skin temperature, humidity, and comfort of two types of absorbent products for urinary incontinence. J Jpn WOCM. 2012;16(4):345-52.
  13. Iizaka S, Matsuo J, Konya C, Sekine R, Sugama J, Sanada H. Estimation of protein requirements according to nitrogen balance for older hospitalized adults with pressure ulcers according to wound severity in Japan. J Am Geriatr Soc. 2012;60(11):2027-34.
  14. Paes C, Nakagami G, Minematsu T, Nagase T, Huang SL, Sanada H*. The Pseudomonas aeruginosa quorum sensing signal molecule N-(3-oxododecanoyl) homoserine lactone enhances keratinocyte migration and induces Mmp13 gene expression in vitro. Biochem Biophys Res Commun. 2012;427(2):273-279. [uri]
  15. Mori T, Hamatani M, Noguchi H, Oe M, Sanada H. Insole-type simultaneous measurement system of plantar pressure and shear force during gait for diabetic patients. Journal of Robotics and Mechatronics. 2012;24(5):766-772.
  16. Higashino T, Nakagami G, Kadono T, Ogawa Y, Iizaka S, Koyanagi H, Sasaki S, Haga N, Sanada H*. Combination of thermographic and ultrasonographic assessments for early detection of deep tissue injury. Int Wound J. 2012. [doi]
  17. Kawakami A, Tanaka M*, Nishigaki M, Naganuma M, Iwao Y, Hibi T, Sanada H, Noriko Y, Kazuma K. Relationship between non-adherence to aminosalicylate medication and the risk of clinical relapse among Japanese patients with ulcerative colitis in clinical remission: a prospective cohort study. J Gastroenterol. 2012. [doi]
  18. Sugama J, Sanada H, Shigeta Y, Nakagami G, Konya C. Efficacy of an improved absorbent pad on incontinence-associated dermatitis in older women: cluster randomized controlled trial. BMC Geriatrics. 2012. [uri] [doi]

総説(英語)

  1. Nakagami G, Asada M, Sanada H. Innovations in wound infection management. Wounds Int. 2012;3(2):4-6. [uri]

書籍

  1. 真田弘美, 宮地良樹. NEW 褥瘡のすべてがわかる. 永井書店, 2012.

章記載

  1. 大江真琴, 真田弘美. 高齢者のフットケア(第4章 ライフステージとフットケア), 日本フットケア学会編集 フットケア第2版 基礎的知識から専門的技術まで, 186-92, 2012.
  2. 大江真琴, 真田弘美. 足病変の疫学(第2章 糖尿病の疫学 B合併症の疫学-わが国と海外), Visual糖尿病臨床のすべて 糖尿病予防と治療のエビデンス, 61-7, 2012.

原著(日本語)

  1. 貝谷敏子, 西澤知江, 大江真琴, 玉井奈緒, 岡部勝行, 真田弘美. 脊髄損傷者の褥瘡再発に対する認識と再発のプロセス-12症例のインタビューからの検討‐. 日本褥瘡学会誌. 2012;14(1):49-57.
  2. 西出薫, 大江真琴, 真田弘美, 長瀬敬, 大場美穂, 飯坂真司, 仲上豪二朗, 大橋優美子, 門野岳史, 植木浩二郎, 門脇孝. 糖尿病性足潰瘍の予防を目的としたハイリスクな胼胝の同定方法の開発; 糖尿病性神経障害患者に生じる炎症を伴う胼胝の形態的特徴. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2012;16(1):1-8.
  3. 竹内朋子, 戸ヶ里泰典, 佐々木美奈子, 真田弘美. 新卒看護師の職業コミットメント-入職前後の変動ならびに職業継続意欲との関連性-. 日本看護管理学会誌. 2012;1(16):5-12.
  4. 大桑麻由美, SaldyYusuf, Supriadi, 熊谷あゆ美, 飯坂真司, 須釜淳子, 真田弘美. 新マルチパッド型簡易体圧測定器の臨床における信頼性と妥当性の検討. 日本褥瘡学会誌. 2012;2(14):129-33.
  5. 内藤亜由美, 大江真琴, 岡島静子, 山本裕子, 長瀬敬, 貝谷敏子, 竹原君江, 飯坂真司, 玉井奈緒, 峰松健夫, 孟真, 真田弘美*. 静脈性下腿潰瘍における形態的特徴と創傷治癒のプロセスに関する質的研究. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2012;3(16):257-67.

短報(日本語)

  1. 大江真琴, 貝谷敏子, 玉井奈緒, 竹原君江, 真田弘美. 靴の種類による足部皮膚温パターンの比較-非糖尿病者における検討-. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2012;16(1):9-14.

総説(日本語)

  1. 玉井奈緒, 真田弘美. がん性創傷(第Ⅳ章 各論:がん患者へのケアとエビデンス症状マネジメントとケアのエビデンス ◆皮膚症状). がん看護. 2012;17(2):232-6.
  2. 藪中幸一, 真田弘美. 第1回 ナースがエコーを活用する時代がやってきた!(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2012;28(5):129-33.
  3. 藪中幸一, 真田弘美. 第2回 エコーを実際に当ててみよう(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2012;28(7):86-91.
  4. 須釜淳子. “医療機器関連圧迫創”は 「褥瘡」なのか?(総論 Part[2] ナースが防ぐ医療機器関連圧迫創). エキスパートナース. 2012;28(7):52-3.
  5. 南條裕子. “急性期患者”の治療と褥瘡予防のほどよいバランスとは(Part1 [1] “究極の”褥瘡ケアの視点 特集 新しいステージに入った“究極の”褥瘡ケア). エキスパートナース. 2012;28(7):41-6.
  6. 真田弘美. “究極の” 褥瘡ケアでいま、医療者が問われているもの(総論 特集 新しいステージに入った“究極の”褥瘡ケア). エキスパートナース. 2012;28(7):30-1.
  7. 飯坂真司, 真田弘美. 褥瘡. 臨床栄養. 2012;120(5):508-12.
  8. 飯坂真司, 真田弘美. 褥瘡評価ツール DESIGN-Rのみかた. ニュートリションケア. 2012;8(5):15-25.
  9. 大江真琴, 藪中幸一. 第5回 体表・皮下組織のエコーによる観察(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2012;11(28):100-5.
  10. 大江真琴, 真田弘美. 重症虚血肢に対するIVRおよび包括的治療(7. 重症下肢虚血患者におけるフットケアの基本). IVR会誌. 2012;3(27):287-91.
  11. 仲上豪二朗, 真田弘美. 看護学における大学院教育. 医学のあゆみ. 2012;243(7):634-40.
  12. 飯坂真司, 藪中幸一. 第8回 褥瘡のエコー画像①褥瘡のエコーによる鑑別の流れ(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2012;28(15):86-93.
  13. 藪中幸一. 第7回 緊急性のある腹部エコー画像(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2012;28(13):90-6.
  14. 藪中幸一. 第6回 緊急性のある心エコー画像の観察(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2012;28(12):91-7.
  15. 藪中幸一. 第4回 エコーによる血管疾患の観察-下肢血管エコーのアセスメント(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2012;28(10):84-9.
  16. 土居ゆみ. 第3回 エコーを利用した中心静脈ルートの挿入(連載 ナースが活用できるエコーの使い方&読み方). エキスパートナース. 2012;28(9):91-7.

症例報告(日本語)

  1. 藪中幸一, 井上正也, 山本達雄, 藤本洋和, 李尚憲, 宮崎実, 仲上豪二朗, 真田弘美. 超音波検査が経過観察に有用であった上腸間膜静脈血栓症の1例. 超音波検査技術. 2012;37(2):123-9.

2011

原著(英語)

  1. Asada M, Nakagami G, Minematsu T, Nagase T, Akase T, Huang L, Yoshimura K, Sanada H. Novel biomarkers for the detection of wound infection by wound fluid RT-PCR in rats. Exp Dermatol. 2011;21(2):118-22. [uri] [doi]
  2. Yabunaka K, Sanada H, Sanada S, Konishi H, Hashimoto T, Yatake H, Yamamoto K, Katsuda T, Ohue M. Sonographic assessment of hyoid bone movement during swallowing: a study of normal adults with advancing age. Radiol Phys Technol. 2011;4(1):73-7. [uri]
  3. Yabunaka K, Konishi H, Nakagami G, Sanada H, Iizaka S, Sanada S, Ohue M. Ultrasonographic evaluation of geniohyoid muscle movement during swallowing: a study on healthy adults of various ages. Radiol Phys Technol. 2011;5(1):34-9. [uri]
  4. Takehara K, Oe M, Tunemi Y, Nagase T, Ohashi Y, Iizaka S, Ueki K, Tsukamoto K, Kadowaki T, Sanada H. Factors associated with presence and severity of toenail onychomycosis in patients with diabetes: A cross-sectional study. Int J Nurs Stud. 2011;48(9):1101-8. [uri] [doi]
  5. Nagase T, Sanada H, Takehara K, Oe M, Iizaka S, Ohashi Y, Oba M, Kadowaki T, Nakagami G. Variations of plantar thermographic patterns in normal controls and non-ulcer diabetic patients: Novel classification using angiosome concept. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2011;64(7):860-6. [uri]
  6. Shimada T, Akase T, Kosugi M, Aburada M. Preventive effect of boiogito on metabolic disorders in the TSOD mouse, a model of spontaneous obese Type II diabetes mellitus. Evid Based Complement Alternat Med. 2011;2011:931073. [uri]
  7. Noguchi H, Mori T, Sato T. Object localization by cooperation between human position sensing and active RFID system in home environment. SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration. 2011;4(3):191-8. [uri]
  8. Noguchi H, Mori T, Sato T. Flexible discovery of components for sensor data processing by RDF in network middleware for home environment. J Robot Mechatron. 2011;23(4):505-14. [uri]
  9. Yamamoto Y, Nakagami G, Mori T, Sakai K, Sanada H. Evaluation of preventive effect on buttocks immersion of independently controlled inner air cell pressure in air mattress. J Jpn WOCM. 2011;15(3):239-49.
  10. Nanjo Y, Nakagami G, Kaitani T, Naito A, Takehara K, Lijuan J, Yahagi N, Sanada H. Relationship between morphological characteristics and etiology of pressure ulcers in intensive care unit patients. J Wound Ostomy Continence Nurs. 2011;38(4):404-12. [uri]
  11. Sanada H, Iizaka S, Matsui Y, Furue M, Tachibana T, Nakayama T, Sugama J, Furuta K, Tachi M, Tokunaga K, Miyachi Y. Clinical wound assessment using DESIGN-R total score can predict pressure ulcer healing: Pooled analysis from two multicenter cohort studies. Wound Repair Regen. 2011;19(5):559-67. [uri]
  12. Ibuki A, Akase T, Nagase T, Minematsu T, Nakagami G, Horii M, Sagara H, Komeda T, Kobayashi M, Shimada T, Aburada M, Yoshimura K, Sugama J, Sanada H. Skin fragility in obese diabetic mice: possible involvement of elevated oxidative stress and upregulation of matrix metalloproteinases. Exp Dermatol. 2011;21(3):178-83. [uri] [doi]
  13. Matsui Y, Furue M, Sanada H, Tachibana T, Nakayama T, Sugama J, Furuta K, Tachi M, Tokunaga K, Miyachi Y. Development of the DESIGN-R with an observational study: An absolute evaluation tool for monitoring pressure ulcer wound healing. Wound Repair Regen. 2011;19(3):309-15. [uri]
  14. Shigeta Y, Nakagami G, Sanada H, Konya C, Sugama J. Factors influencing intact skin in women with incontinence using absorbent products: results of a cross-sectional, comparative study. Ostomy Wound Manage. 2011;56(12):26-33. [uri]
  15. Akase T, Nagase T, Huang L, Ibuki A, Minematsu T, Nakagami G, Ohta Y, Shimada T, Aburada M, Sugama J, Sanada H. Aging-Like skin changes induced by ultraviolet irradiation in an animal model of metabolic syndrome. Biol Res Nurs. 2011;14(2):180-7. [uri] [doi]
  16. Akase T, Shimada T, Terabayashi S, Ikeya Y, Sanada H, Aburada M. Antiobesity effects of Kaempferia parviflora in spontaneously obese type II diabetic mice. J Nat Med. 2011;65(1):73-80. [uri]
  17. Iizaka S, Sugama J, Nakagami G, Kaitani T, Naito A, Koyanagi H, Matsuo J, Kadono T, Konya C, Sanada H. Concurrent validation and reliability of digital image analysis of granulation tissue color for clinical pressure ulcers. Wound Repair Regen. 2011;19(4):455-63. [uri] [doi]
  18. Nakagami G, Morohoshi T, Ikeda T, Ohta Y, Sagara H, Huang L, Nagase T, Sugama J, Sanada H. Contribution of quorum sensing to the virulence of Pseudomonas aeruginosa in pressure ulcer infection in rats. Wound Repair Regen. 2011;19(2):214-22. [uri]
  19. Iizaka S, Sanada H, Matsui Y, Furue M, Tachibana T, Nakayama T, Sugama J, Furuta K, Tachi M, Tokunaga K, Miyachi Y. Serum albumin level is a limited nutritional marker for predicting wound healing in patients with pressure ulcer: Two multicenter prospective cohort studies. Clin Nutr. 2011;30(6):738-45. [uri]
  20. Iizaka S, Sanada H, Nakagami G, Koyanagi H, Sugama J. Quantitative estimation of exudate volume for full-thickness pressure ulcers: the ESTimation method. J Wound Care. 2011;20(10):453-63. [uri]
  21. Mori T, Urushibata R, Noguchi H, Shimosaka M, Sanada H, Sato T. Sensor arrangement for classification of life activities with pyroelectric sensors-arrangement to save sensors and to quasi-maximize classification precision. J Robot Mechatron. 2011;23(4):494-504. [uri]
  22. Mori T, Hosoda N, Sato T. Object usual places extraction in smart space: robotic room. Robotics Research. 2011;66:111-22. [uri]
  23. Minematsu T, Yamamoto Y, Nagase T, Naito A, Takehara K, Iizaka S, Komagata K, Huang L, Nakagami G, Akase T, Oe M, Yoshimura K, Ishizuka T, Sugama J, Sanada H. Aging enhances maceration-induced ultrastructural alteration of the epidermis and impairment of skin barrier function. J Dermatol Sci. 2011;62(3):160-8. [uri]
  24. Minematsu T, Huang L, Ibuki A, Nakagami G, Akase T, Sugama J, Nagase T, Yoshimura K, Sanada H. Altered expression of matrix metalloproteinases and their tissue inhibitors in matured rat adipocytes in vitro. Biol Res Nurs. 2011;14(3):242-9. [uri]
  25. Nakagami G, Minematsu T, Asada M, Nagase T, Akase T, Huang L, Morohoshi T, Ikeda T, Ohta Y, Sanada H. The Pseudomonas aeruginosa quorum-sensing signal N-(3-oxododecanoyl) homoserine lactone can accelerate cutaneous wound healing through myofibroblast differentiation in rats. FEMS Immunol Med Microbiol. 2011;62(2):157-63. [uri] [doi]
  26. Nakagami G, Sanada H, Higashino T, Kadono T, Uchida G, Fujita H, Ogawa Y, Yamamoto Y, Iizaka S, Koyanagi H, Sasaki S, Haga N. Combination of ultrasonographic and thermographic assessments for predicting partial-thickness pressure ulcer healing. WOUNDS. 2011;23(9):285-92. [uri]
  27. Nakagami G, Sanada H, Iizaka S, Kadono T, Higashino T, Koyanagi H, Haga N. Predicting delayed pressure ulcer healing using thermography: a prospective cohort study. J Wound Care. 2011;19(11):465-70. [uri]
  28. Odashima S, Mori T, Shimosaka M, Noguchi H, Sato T. Event understanding of human-object interaction: object movement detection via stable changes. Intelligent Video Event Analysis and Understanding. 2011;332:195-210. [uri]
  29. Ichioka S, Yokogawa H, Nakagami G, Sekiya N, Sanada H. In vivo analysis of skin microcirculation and the role of nitric oxide during vibration. Ostomy Wound Manage. 2011;57(9):40-7. [uri]
  30. Fukui R, Mori T, Sato T. Home-use object transfer/storage robot system with compliant strategy and mechanism (commodities management and its extended application of daily life support for the elderly). J Robot Mechatron. 2011;23(4):532-43. [uri]
  31. Matsuo J, Sugama SJ, Okuwa M, Nakatani T, Konya C, Sakamoto J. Development and validity of a new model for assessing pressure redistribution properties of support surfaces. J Tissue Viability. 2011;20(2):55-56. [uri]
  32. Nagase T, Sanada H, Oe M, Takehara K, Nishide K, Kadowaki T. Screening of foot inflammation in diabetic patients by non-invasive imaging modalities. Global Perspective on Diabetic Foot Ulcerations. 2011:27-46. [uri]

書籍

  1. . 老年看護学技術 最後までその人らしく生きることを支援する. 南江堂, 2011.
  2. . 老年看護学概論 「老いを生きる」を支えることとは. 南江堂, 2011.
  3. 門脇孝, 真田弘美編集. すべてがわかる 最新・糖尿病. 照林社, 2011.
  4. 市岡滋, 須釜淳子. 治りにくい創傷の治療とケア. 照林社, 2011.

章記載

  1. Fukada H, Mori T, Noguchi H, Tomomasa S. Use of active RFID and environment-embedded sensors for indoor object location estimation, Deploying RFID - Challenges, Solutions, and Open Issues, Cristina T(Editor), 219-36, 2011. [uri] [doi]
  2. 稲垣美佐子, 大桑麻由美, 真田弘美. 4. 感染症を防ぐためのスキンケア(CHAPTER8. 保存的治療), よくわかるリンパ浮腫のすべて, 光嶋勲 (編集), 138-42, 2011.
  3. 森武俊. 第7編 ロボットパーセプション, ロボットテクノロジー, 一般社団法人日本ロボット学会 (編集), , 2011.
  4. 貝谷敏子. セルフマネジメントを目標とした効果的な患者・家族教育 (Part6. 教育とチームアプローチ), 治りにくい創傷の治療とケア, 市岡滋 須釜淳子 (編集), 198-201, 2011.
  5. 内藤亜由美. ケア③静脈性潰瘍 (Part4. 治りにくい下肢潰瘍), 治りにくい創傷の治療とケア, 市岡滋 須釜淳子 (編集), 177-81, 2011.
  6. 大江真琴, 四津里英. ケア①ナースが行うフットケア技術 (Part4. 治りにくい下肢潰瘍), 治りにくい創傷の治療とケア, 市岡滋 須釜淳子 (編集), 166-74, 2011.
  7. 長瀬敬. 手術療法の適応と管理 褥瘡のオプション治療 (Part3. 治りにくい褥瘡), 治りにくい創傷の治療とケア, 市岡滋 須釜淳子 (編集), 132-6, 2011.
  8. 飯坂真司, 和島愛. 症例にみる治療とケア⑦栄養状態を改善して創を治す (Part3. 治りにくい褥瘡), 治りにくい創傷の治療とケア, 市岡滋 須釜淳子 (編集), 126-31, 2011.
  9. 仲上豪二朗. 症例にみる治療とケア①感染をコントロールする (Part3. 治りにくい褥瘡), 治りにくい創傷の治療とケア, 市岡滋 須釜淳子 (編集), 96-100, 2011.
  10. 西澤知江, 須釜淳子. フォーカスされるケア①圧力・ずれを防止する体圧分散用具の選択(Part3. 治りにくい褥瘡), 治りにくい創傷の治療とケア, 市岡滋 須釜淳子 (編集), 78-82, 2011.

原著(日本語)

  1. 飯坂真司, 峰松健夫, 大場美穂, 赤瀬智子, 真田弘美*, 須釜淳子. 肥満者の皮膚生理機能の評価と減量との関連. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2011;14(3):258-65.
  2. 久保肇, 森武俊, 佐藤知正. マイクロ波ドップラーセンサによる移動・呼吸信号検出. 日本生体医工学会誌. 2011;48(6):595-603.
  3. 須釜淳子, 繁田佳映, 福田汐里, 松尾淳子, 北川敦子, 紺家千津子, 村澤恵理, 瀬籐美帆, 岡田美幸, 松岡奈緒美. 20歳代から50歳代成人における肥満と皮膚との関係. 看護実践学会誌. 2011;23(1):24-9.
  4. 丸谷晃子, 須釜淳子*, 真田弘美, 大桑麻由美, 岩崎清美, 小西千枝. デュアルフィットエアセルマットレス使用時の褥瘡予防と寝心地の評価:心臓・大血管術後患者におけるランダム化比較試験. 日本褥瘡学会誌. 2011;13(2):142-9.
  5. 飯坂真司, 仲上豪二朗, 内藤亜由美, 小柳礼恵, 松尾淳子, 紺家千津子, 須釜淳子, 真田弘美*. 全層欠損褥瘡に対する定量的な滲出液量推定アルゴリズムの開発. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2011;15(3):231-8.
  6. 小田嶋成幸, 佐藤知正, 森武俊. 画像の安定変化を用いた複数視点統合による家庭内物体移動管理システム. 日本ロボット学会誌. 2011;29(9):837-48.
  7. 西澤知江, 戸ヶ里泰典, 真田弘美, 須釜淳子. 皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡管理体制を組織化するための調整力自己評価尺度開発における初期的研究~質的帰納的研究成果に基づいた尺度項目の信頼性と妥当性の検証~. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2011;15(4):282-91.

短報(日本語)

  1. 紺家千津子, 溝上祐子, 上出良一, 徳永恵子, 真田弘美, 仲上豪二朗. 「日本語版DETスコア」における信頼性と正確性. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2011;14(3):272-8.
  2. 田口和貴子, 雨宮歩, 田中郁弥, 伊藤玲子, 竹原君江, 大江真琴, 真田弘美. 一般病棟看護師による糖尿病患者へのフットケアに対するフローチャート式足チェックシートが及ぼす影響. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2011;15(3):250-4.
  3. 北川敦子, 須釜淳子, 真田弘美, 仲上豪二朗, 紺家千津子, 田端恵子. 軟便対応パッドの便吸収力に関するランダム化比較試験. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2011;14(3):266-71.

総説(日本語)

  1. 仲上豪二朗. 褥瘡の感染予防と発生時のケアのポイント(感染症の看護とケアのポイント(4)). 化学療法の領域. 2011;27(1):151-60.
  2. 仲上豪二朗, 森武俊, 大江真琴, 真田弘美. 看護学領域における工学の発展(特集 見守りに役立つ見守り技術). ヒューマンインターフェース学会誌. 2011;13(1):5-8.
  3. 大江真琴, 真田弘美. フットケアと看護(特集 高齢者とフットケア). Geriatric Medicine(老年医学). 2011;49(2):153-7.
  4. 真田弘美. 基礎と臨床を結ぶトランスレーショナルリサーチ-褥瘡研究からみた基礎研究の成果と高度看護実践との橋渡し- (第15回聖路加看護学会学術集会 教育講演2). 聖路加看護学会誌. 2011;15(1):44-7.
  5. 仲上豪二朗, 須釜淳子, 真田弘美. 車いすクッションの開発を通して見えた看護学の社会的価値. インターナショナルナーシングレビュー. 2011;34(2):46-51.
  6. 真田弘美, 長瀬敬. 看護学はいかに創傷管理を変えてきたか?-創傷治療における看護学の進歩-. 医学のあゆみ. 2011;237(1):39-44.
  7. 森武俊. 生活支援のためのセンサデータマイニング-「みまもり工学」への展開-. 電子情報通信学会誌. 2011;94(4):276-81.
  8. 真田弘美. 看護研究が医療を変える-褥瘡研究を例に-(第7回国立病院看護研究学会 教育講演). 国立病院看護研究学会誌. 2011;7(1):75-83.
  9. 真田弘美. トランスレーショナルリサーチが世界の看護実践をかえる-褥瘡研究を通してみえたその手法(第30回日本看護科学学会学術集会 シンポジウムⅠ「創造を促す看護学のサイクル-実践と研究をつなぐ-」). 日本看護科学会誌. 2011;31(2):87-8.
  10. 大江真琴, 四津里英, 真田弘美. 糖尿病足潰瘍のマネジメント 第1回予防ケア編(FORUM 合併症Ⅱ 足病変). プラクティス. 2011;28(4):346-9.
  11. 飯坂真司, 真田弘美. 褥瘡と栄養:最新の研究では、何がどこまでわかっている?. エキスパートナース. 2011;27(10):25-9.
  12. 長瀬敬. 特集/形成外科における私のオリジナルセオリー 老年看護学の眼からみた「エイジング考」. PEPARS. 2011;56:79-85.
  13. 大江真琴, 四津里英, 真田弘美. 糖尿病足潰瘍のマネジメント 第2回創傷ケア編(FORUM 合併症Ⅱ 足病変). プラクティス. 2011;28(5):443-6.
  14. 大江真琴, 竹原君江, 真田弘美. 大学附属病院における糖尿病性足潰瘍予防に関する取り組み(特集:糖尿病合併症管理料(30分間に看護師は何をすべきか)). 日本下肢救済・足病変学会誌. 2011;3(3):99-105.
  15. 真田弘美. 看護研究は医療を動かす-褥瘡研究から見えた高度看護実践の効果-. 順天堂大学医療看護学部 医療看護研究. 2011;8(1):56-9.
  16. 森武俊. 看護学における学際的交流の可能性と意義ー工学の視点からー(ChapterⅢ看護研究への期待 1.各界からの声:看護研究に期待するもの). EB NURSING. 2011;11(増刊2):200-2.
  17. 小柳礼恵. Column:看護研究が身近になるように(ChapterⅡ看護研究実践ガイド 6.成果を公表する). EB NURSING. 2011;11(増刊2):190-2.
  18. 長瀬敬. 症例報告の仕方-医師が伝授する症例報告のツボ-(ChapterⅡ看護研究実践ガイド 6.成果を公表する). EB NURSING. 2011;11(増刊2):170-9.
  19. 仲上豪二朗. データの処理・解析-実験データ編- -いかにしてデータを磨き上げるか-(ChapterⅡ看護研究実践ガイド 5.データをまとめる). EB NURSING. 2011;11(増刊2):146-53.
  20. 仲上豪二朗. 実験データのクオリティコントロール-データの質を担保しよう-(ChapterⅡ看護研究実践ガイド 4.データを収集する). EB NURSING. 2011;11(増刊2):112-9.
  21. 大江真琴, 四津里英, 真田弘美. 糖尿病足潰瘍のマネジメント 第3回トピックス編(FORUM 合併症Ⅱ 足病変). プラクティス. 2011;28(6):541-4.
  22. 真田弘美. 医師と看護師のための褥瘡の治し方. Derma. 2011.

その他(日本語)

  1. 真田弘美. 看護業務WG:看護師特定能力認証制度骨子案まとまる. 公益社団法人日本看護協会 協会ニュース. 2011;532:1.
  2. 真田弘美. 第3回日中韓看護学会:少子高齢化で看護職の重要性高まる. 公益社団法人日本看護協会 協会ニュース. 2011;532:2.
  3. 真田弘美. 看護技術にイノベーションをもたらし、国民全体の健康レベルの維持・向上を. 日本シニアリビング新聞. 2011;67:3.
  4. 大江真琴. 糖尿病患者におけるフットケア-足潰瘍の予防を中心とした足外来の取り組み-. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2011;15(1):1-8.
  5. 真田弘美. 在宅の褥瘡実態把握調査でみた訪問看護の可能性(コラム 手から手へ). ほうもん看護. 2011;173:1.
  6. 真田弘美(BarbaraBraden先生との特別対談). ブレーデンスケール開発後の約20年で、世界の・日本の褥瘡ケアはどう変わったか. エキスパートナース. 2011;27(11):10-5.
  7. 門脇孝, 小見山智恵子, 真田弘美, 西垣昌和. -キーワードは”連携”-(ChapterⅢ看護研究への期待 2. 座談会:臨床看護研究を発展させるために). EB NURSING. 2011;11(増刊2):204-15.
  8. . Report-日本看護協会の新会長に坂本すが氏 公益社団法人となって初の総会が開催. エキスパートナース. 2011;27(10):7.
  9. . 学術集会報告 第9回日本フットケア学会年次学術集会 糖尿病患者における足潰瘍の発症率-東京大学医学部附属病院糖尿病代謝内科における3年間の検討-. OPTIMAL THERAPY. 2011;3(2):22.
  10. . 学会レポート 第9回日本フットケア学会年次学術集会 一般演題 糖尿病患者における足病変の主訴と医療者による所見の乖離. SEASONAL POST. 2011;3(2):6.
  11. 真田弘美. 祝辞 褥瘡学会北海道地方会-10周年にむけて. 日本褥瘡学会北海道地方会10周年記念誌. 2011;11.

2010

原著(英語)

  1. Urasaki M, Nakagami G, Sanada H, Kitagawa A, Tadaka E, Sugama J. Interface pressure distribution of elderly Japanese people in the sitting position. Disabil Rehabil Assist Technol. 2010;6(1):38-46. [uri]
  2. Oe M, Okuwa M, Sanada H, Sugama J, Inagaki M, Kasahara Y, Tabata K, Nakagami G, Nishizawa T. Difference of foot manifestations between young, adult, and bedridden elderly with diabetes: a cross-sectional observational study. J So Nurs Pract. 2010;22(1):19-27.
  3. Arashi M, Sugama J, Sanada H, Konya C, Okuwa M, Nakagami G, Inoue A, Tabata K. Vibration therapy accelerates healing of stage I pressure ulcers in older adult patients. Adv Skin Wound Care. 2010;23(7):321-7. [uri]
  4. Huang L, Nakagami G, Minematsu T, Kinoshita A, Sugama J, Nakatani T, Sagara H, Sanada H. Ulceration and delayed healing following pressure loading in hyperglycemic rats with an immature dermal collagen fiber network. WOUNDS. 2010;22(9):237-44. [uri]
  5. Fujii K, Sugama J, Okuwa M, Sanada H, Mizokami Y. Incidence and risk factors of pressure ulcers in seven neonatal intensive care units in Japan: a multisite prospective cohort study. Int Wound J. 2010;7(5):323-8. [uri]
  6. Ueda K, Akase T, Nakagami G, Nagase T, Minematsu T, Huang L, Sagara H, Ohta Y, Sanada H. A possible animal model for critical colonisation. Journal of Wound Care. 2010;19(7):295-300. [uri]
  7. Konya C, Sanada H, Sugama J, Okuwa M, Kamatani Y, Nakagami G, Sakaki K. Skin injuries caused by medical adhesive tape in older people and associated factors. J Clin Nurs. 2010;9(9-10):1236-42. [uri]
  8. Sari Y, Nagase T, Minematsu T, Akase T, Nakagami G, Sanada H, Sugama J. Hypoxia is involved in deep tissue injury formation in a rat model. WOUNDS. 2010;22(2):45-51. [uri]
  9. Kaitani T, Tokunaga K, Matsui N, Sanada H. Risk factors related to the development of pressure ulcers in the critical care setting. J Clin Nurs. 2010;19(3-4):414-21. [uri]
  10. Iizaka S, Okuwa M, Sugama J, Sanada H. The impact of malnutrition and nutrition-related factors on the development and severity of pressure ulcers in older patients receiving home care. Clin Nutr. 2010;29(1):47-53. [uri] [doi]
  11. Nakagami G, Sari Y, Nagase T, Iizaka S, Ohta Y, Sanada H. Evaluation of the usefulness of skin blood flow measurements by laser speckle flowgraphy in pressure-induced ischemic wounds in rats. Ann Plast Surg. 2010;64(3):351-4. [uri]
  12. Iizaka S, Sanada H, Minematsu T, Oba M, Nakagami G, Koyanagi H, Nagase T, Konya C, Sugama J. Do nutritional markers in wound fluid reflect pressure ulcer status?. Wound Repair Regen. 2010;18(1):31-7. [uri]
  13. Iizaka S, Sanada H, Nakagami G, Sekine R, Koyanagi H, Konya C, Sugama J. Estimation of protein loss from wound fluid in older patients with severe pressure ulcers. Nutrition. 2010;26(9):890-5. [uri]
  14. Minematsu T, Nakagami G, Sari Y, Akase T, Sugama J, Nagase T, Sanada H. Candidate biomarkers for deep tissue damage from molecular biological and biochemical aspects. J Tissue Viability. 2010;19(2):77-83. [uri]
  15. Tsuda K, Nakatani T, Sugama J, Okuwa M, Sanada H. Influence of the timing of switching a protein-free to a protein-containing diet on the wound healing process in a rat all-layer skin defect. Int Wound J. 2010;7(3):135-46. [uri]

書籍

  1. 門脇孝, 真田弘美, 植木浩二郎, 大橋優美子編集. インフォームドコンセントのための図説シリーズ 糖尿病のフットケア. 医薬ジャーナル社, 2010.
  2. 宮地良樹, 真田弘美(監訳), 仲上豪二朗(翻訳). 褥瘡の予防&治療 クイックリファレンスガイド. 2010.

章記載

  1. 真田弘美, 東村志保. 5. 褥瘡, 認知症診療の進め方-その基本と実践-, 長谷川和夫 (編集), 173-86, 2010.
  2. 真田弘美, 仲上豪二朗. 7. 褥瘡(II 老年医学-第2章 老年症候群), 新老年学第3版, 大内尉義 秋山弘子 (編集), 609-21, 2010.

原著(日本語)

  1. 藤川潤子, 仲上豪二朗, 赤瀬智子, 須釜淳子, 松尾淳子, 田端恵子, 真田弘美*. 新しい高齢者用ダイナミッククッションにおける圧分散の評価. 日本褥瘡学会誌. 2010;12(1):28-35.
  2. 須釜淳子, 真田弘美, 仲上豪二朗, 井上歩, 繁田佳映, 大場美穂, 紺家千津子, 松尾淳子, 田端恵子. 高齢者用前側吸収尿失禁パッドにおける尿吸収状態の評価. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2010;14(2):247-51.
  3. 焦麗娟, 飯坂真司, 須釜淳子, 松尾淳子, 福田汐里, 大場美穂, 峰松健夫, 田端恵子, 杉山徹, 真田弘美*. 療養型病院入院高齢者における皮膚と栄養状態の関連:栄養スクリーニングのための工学的皮膚評価. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2010;14(2):239-46.

総説(日本語)

  1. 飯坂真司, 真田弘美. 皮膚・排泄ケア 一歩進んだ!褥瘡の栄養アセスメント-創から考えるエネルギー・蛋白質ケア-(最新のケアがまるごとわかる!Advanced Nursing). エキスパートナース. 2010;26(2):24-7.
  2. 長瀬敬. 看護データバンク 2 看護ケアに関わるキーワード 褥瘡. EB NURSING. 2010;10(増刊1):86-7.
  3. 松尾淳子, 須釜淳子. 体圧分散寝具の種類と適応. PEPARS. 2010;41:12-9.
  4. 真田弘美, 飯坂真司. 特集/褥瘡治療のチームアプローチ 褥瘡の評価-DESIGN-Rの使用方法-. PEPARS. 2010;41:20-8.
  5. 長瀬敬, 赤瀬智子, 真田弘美. 臨床講座 17.褥瘡の基礎と予防・ケア. Pharma Tribune. 2010;2(5):19-29.
  6. 長瀬敬. 褥瘡は必ず表面から深部に向かって悪化する?(1.褥瘡ケア). EB NURSING. 2010;10(増刊2号):33-6.
  7. 繁田佳映, 須釜淳子. 体位変換は2時間ごとに行う必要がある?(1. 褥瘡ケア). EB NURSING. 2010;10(増刊2号):23-5.
  8. 仲上豪二朗, 赤瀬智子. マットレスによる褥瘡予防はコストエフェクティブでない?(1 褥瘡ケア). EB NURSING. 2010;10(増刊2号):20-2.
  9. 飯坂真司. 褥瘡予防に骨突出部のマッサージを行うとよい?(1 褥瘡ケア). EB NURSING. 2010;10(増刊2号):17-9.
  10. 仲上豪二朗, 真田弘美ゲストエディター. 1. 褥瘡ケア 看護のエビデンス ”いま” ”むかし”. EB NURSING. 2010;10(増刊2号):10-36.
  11. 内藤亜由美, 真田弘美. 静脈性下腿潰瘍と看護ケア(PART4 下肢潰瘍ケア・創傷ケア). エキスパートナース. 2010;26(14(臨時増刊号)):111-4.
  12. 飯坂真司, 内藤亜由美, 真田弘美. 米国WOCN Societyオストミーガイドラインのトピックス (PART2 ストーマケア). エキスパートナース. 2010;26(14(臨時増刊号)):83-6.
  13. 浅田真弓, 仲上豪二朗, 真田弘美. 新時代を予感させる革新的ストーマケア用品 (PART2 ストーマケア). エキスパートナース. 2010;26(14(臨時増刊号)):79-82.
  14. 仲上豪二朗. 国際褥瘡ガイドラインのトピックス (PART1 褥瘡ケア). エキスパートナース. 2010;26(14(臨時増刊号)):18-22.
  15. 仲上豪二朗, 真田弘美, 宮地良樹. 褥瘡予防・治療国際ガイドライン(MAリポート). メディカル朝日. 2010;39(11):38-41.
  16. 貝谷敏子, 真田弘美, 須釜淳子, 宮地良樹, 館正弘, 長瀬敬, 松山裕. 重度褥瘡ケアにおける高度創傷管理技術教育のプログラム開発とその評価. 看護研究. 2010;43(6):479-87.
  17. 宮永葵子, 須釜淳子. 壊死組織を有する褥瘡に対する振動の効果. 看護研究. 2010;43(6):473-78.
  18. 須釜淳子, 嵐碧. 振動によるStageⅠ褥瘡の治癒促進効果. 看護研究. 2010;43(6):465-71.
  19. 仲上豪二朗, 浦崎雅也, 北川敦子, 真田弘美. 振動による血流促進効果の検討. 看護研究. 2010;43(6):459-64.
  20. 市岡滋, 横川秀樹, 関谷直美, 仲上豪二朗, 真田弘美. 振動による微小循環変化のメカニズム. 看護研究. 2010;43(6):453-58.
  21. 大桑麻由美, 須釜淳子, 真田弘美, 大江真琴. 寝たきり高齢者の下肢褥瘡発生要因. 看護研究. 2010;43(6):447-52.
  22. 真田弘美, 長瀬敬, 須釜淳子. 看護学Translational Research の構想とプロセス. 看護研究. 2010;43(6):435-46.
  23. 上田葵子, 須釜淳子, 大桑麻由美, 難波名保美, 飯坂真司, 真田弘美, 田端恵子. 壊死組織を有する褥瘡に対する振動の効果. 日本褥瘡学会誌. 2010;12(2):111-7.
  24. 真田弘美編集. ナースが知りたい 褥瘡・ストーマ・失禁ケアの最新トピックス. エキスパートナース. 2010;26(14(臨時増刊号)).
  25. 浅田真弓, 仲上豪二朗, 峰松健夫. 創部からの細菌検出で感染を診断する?(1. 褥瘡ケア). EB NURSING. 2010.

その他(日本語)

  1. 真田弘美. コメント「本邦における看護学領域の評価研究」(シリーズ いろいろな臨床試験のケースレポート:温泉のRCTから看護のSRまで[第6回]-10. 助産領域のRCTとSR). 薬理と治療. 2010;38(5):457-61.
  2. 真田弘美. 看護の未来に向けて「看護業務実態調査」に協力を. 週刊医学会新聞. 2010;2888:7.
  3. 真田弘美. 褥瘡対策をとりまく国際的な動向と日本の進歩. 神皮(神奈川県皮膚科医会会報). 2010;17:57.
  4. 真田弘美. 看護は実践科学だからこそ、QOLを主眼に置いた生活の支援方法を開発してほしい(特集 看護研究の道しるべ-先達からのメッセージ 私がブレイクスルーした“あのとき”). 週刊医学会新聞. 2010;2892:3-4.
  5. 真田弘美(座長), 吉田貞夫(講演者). 第12回日本褥瘡学会学術集会 モーニングセミナー開催(共催:ネスレ日本株式会社) インスリン抵抗性とアルギニンの上手な使い方-糖尿病性潰瘍などの例を通じて. 月刊ナーシング. 2010;30(13):91-4.
  6. 真田弘美. 第48回日本社会保険医学会総会教育講演 「看護の専門性を検証する方策として研究とは-褥瘡研究を例に-」. ベストナース. 2010;21(12):21-3.
  7. . REPORT-第19回日本創傷・オストミー・失禁管理学会 アフタヌーンセミナー3 褥瘡ケアを新しい視点から考える. EBNursing. 2010;10(4):44-5.
  8. . Special Report-第19回「日本創傷・オストミー・失禁管理学会」学術集会が開催! 皮膚・排泄ケア領域の多彩な演題が発表される. エキスパートナース. 2010;26(9):10-1.

2009

原著(英語)

  1. Yabunaka K, Iizaka S, Nakagami G, Aoi N, Kadono T, Koyanagi H, Uno M, Ohue M, Sanada S, Sanada H. Can ultrasonographic evaluation of subcutaneous fat predict pressure ulceration?. J Wound Care. 2009;18:192-8. [uri]
  2. Nishide K, Nagase T, Oba M, Oe M, Ohashi Y, Iizaka S, Nakagami G, Kadowaki T, Sanada H. Ultrasonographic and thermographic screening for latent inflammation in diabetic foot callus. Diabetes Res Clin Pract. 2009;85(3):304-9. [uri]
  3. Sakai K, Sanada H, Matsui N, Nakagami G, Sugama J, Komiyama C, Yahagi N. Continuous monitoring of interface pressure distribution in intensive care patients for pressure ulcer prevention. J Adv Nurs. 2009;65(4):809-17. [uri]
  4. Shigeta Y, Nakagami G, Sanada H, Oba M, Fujikawa J, Konya C, Sugama J. Exploring the relationship between skin property and absorbent pad environment. J Clin Nurs. 2009;18(11):1607-16. [uri]
  5. Akase T, Shimada T, Harasawa Y, Akase T, Ikeya Y, Nagai E, Iizuka S, Nakagami G, Iizaka S, Sanada H, Aburada M. Preventive Effects of Salacia reticulata on Obesity and Metabolic Disorders in TSOD Mice. Evid Based Complement Alternat Med. 2009;2011:484-590. [uri]
  6. Sanada H, Nakagami G, Mizokami Y, Minami Y, Yamamoto A, Oe M, Kaitani T, Iizaka S. Evaluating the effect of the new incentive system for high-risk pressure ulcer patients on wound healing and cost-effectiveness: A cohort study. Int J Nurs Stud. 2009;47(3):279-86. [uri]
  7. Iizaka S, Nakagami G, Urasaki M, Sanada H. Influence of the hammock effect in wheelchair cushion cover on mechanical loading over the ischial tuberosity in an artificial buttocks model. J Tissue Viability. 2009;18(2):47-54. [uri]
  8. Aoi N, Yoshimura K, Kadono T, Nakagami G, Iizaka S, Higashino T, Araki J, Koshima I, Sanada H. Ultrasound assessment of deep tissue injury in pressure ulcers: possible prediction of pressure ulcer progression. Plast Reconstr Surg. 2009;124(2):540-50. [uri]
  9. Baharestani M, Black J, Carville K, Clark M, Cuddigan J, Dealey C, Defloor T, Harding K*, Lahmann N, Lubbers M, Lyder C, Ohura T, Orsted H, Reger, SI, Romanelli M, Sanada H. Dilemmas in measuring and using pressure ulcer prevalence and incidence: an international consensus. Int Wound J.. 2009;6(2):97-104. [uri]

総説(英語)

  1. Sanada H, Sugama J, Nakagami G. Innovations in pressure ulcer prevention and management: key initiatives introduced in japan. Wounds International. 2009;1(1). [uri]

書籍

  1. 日本褥瘡学会(編), 古江増隆(委員長), 真田弘美(副委員長). 褥瘡予防・管理ガイドライン. 照林社, 2009.
  2. 宇佐美しおり, 遠藤俊子, 岡田俊, 岡谷恵子, 上鶴重美, 真田弘美, 須釜淳子, 土屋紀子, 筒井真優美, 新田静江, 増野園惠(監訳者). 看護研究百科. 照林社, 2009.
  3. 真田弘美, 須釜淳子編集. 改訂版 実践に基づく最新褥瘡看護技術. 照林社, 2009.
  4. 真田弘美編集. 褥瘡アセスメント・ケアガイド 第2版. 中山書店, 2009.
  5. 真田弘美, 大桑麻由美編著. ナースのためのプロフェッショナル“脚”ケア. 中央法規, 2009.
  6. 須釜淳子, 真田弘美編集. 最新 褥瘡ケア用品ガイド. 照林社, 2009.
  7. 真田弘美, 松井典子, 北村薫(翻訳監修). INTERNATIONAL CONSENSUS リンパ浮腫管理のベストプラクティス. MEDICAL EDUCATION PARTNERSHIP LTD, 2009.

章記載

  1. Nagase T, Sanada H, Nakagami G, Sari Y, Minematsu T, Sugama J. Clinical and molecular perspectives of deep tissue injury: Changes in molecular markers in a rat model (V. Biochemical markers for early identification and for monitoring the healing of chronic wounds), Bioengineering Research of Chronic Wounds, Amit G(Editor), 301-41, 2009.
  2. 表志津子, 真田弘美. 第5部 症状・疾患に対する栄養療法-褥瘡, 改訂版 NST完全ガイド 経腸栄養・静脈栄養の基礎と実践, 東口高志 (編集), 349- 353, 2009.
  3. 大江真琴, 真田弘美. 足の褥瘡の見極めとケア方法, 褥瘡治療・ケアトータルガイド, 宮地良樹 溝上祐子 (編集), 226-232, 2009.
  4. 仲上豪二朗, 真田弘美. 褥瘡管理-最新トピックス, 褥瘡治療・ケアトータルガイド, 宮地良樹 溝上祐子 (編集), 6-10, 2009.
  5. 真田弘美, 石川陽子. <各論>第1部-1-Ⅰ 皮膚・排泄ケア 「褥瘡ハイリスク患者ケア加算」の評価に至るまで, 平成21年度版 看護白書, 日本看護協会 (編集), 38-51, 2009.

原著(日本語)

  1. 小柳礼恵, 大場美穂, 飯坂真司, 真田弘美, 大桑麻由美, 須釜淳子, 榮木実枝. 特定機能病院における褥瘡予防対策評価の質指標の検討. 日本褥瘡学会誌. 2009;11(1):29-39.
  2. 飯坂真司, 真田弘美, 関根里恵, 小柳礼恵, 大村健二, 須釜淳子, 田端恵子. 重度褥瘡保有患者の滲出液を用いた蛋白質漏出量の推定と栄養状態への影響の予備的検討‐パイロットスタディ‐. 日本褥瘡学会誌. 2009;11(2):112-7.
  3. 大桑麻由美, 仲上豪二朗, 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子. 血液透析療法中における振動の循環動態に与える影響-血圧と下肢末梢循環に及ぼす影響-. 日本看護技術学会誌. 2009;8(2):56-62.
  4. 木下幸子, 菅井亜由美, 紺家千津子, 須釜淳子, 真田弘美. 車椅子座位で生活する脊髄損傷者が有する褥瘡の状態と関連要因. 看護実践学会誌. 2009;21(1):36-43.
  5. 荒木真由美, 大桑麻由美, 紺家千津子, 須釜淳子, 真田弘美, 樋木和子. 人工心肺装置を使用する心臓・大血管手術における術後踵部褥瘡発生状況と要因. 日本循環器看護学会誌. 2009;5(1):72-8.
  6. 井上歩, 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美, 松尾淳子. 退院時に未治癒であった褥瘡の転帰-退院後1年間の追跡調査-. 日本褥瘡学会誌. 2009;11(4):520-7.

総説(日本語)

  1. 長瀬敬, 真田弘美. オーバービュー 褥瘡の理解(特集 褥瘡へのアプローチUPDATE-褥瘡対策チームの今). Journal of Clinical Rehabilitation. 2009;18(1):10-6.
  2. 真田弘美. 皮膚・排泄ケア認定看護師が行うAdvanced Skin Careとは(第17回日本創傷・オストミー・失禁研究会教育講演). 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌. 2009;12(2):8-11.
  3. 仲上豪二朗, 真田弘美. 新しい失禁対応パッドのコンセプト. エキスパートナース. 2009;25(7):23-7.
  4. 紺家千津子, 真田弘美. 皮膚・排泄ケア ストーマ周囲皮膚障害を評価する「DETスコア」(最新のケアがまるごとわかる!Advanced Nursing). エキスパートナース. 2009;25(9):12-7.
  5. 大江真琴, 真田弘美. 皮膚・排泄ケア 足(脚)の潰瘍 知っておきたいトピックス(最新のケアがまるごとわかる!Advanced Nursing). エキスパートナース. 2009;25(10):20-4.
  6. 飯坂真司, 真田弘美. 皮膚・排泄ケア 褥瘡の分類が変わった!-世界と日本の変化のポイント(最新のケアがまるごとわかる!Advanced Nursing). エキスパートナース. 2009;25(12):18-22.
  7. 真田弘美, 榮木実枝編集. 特集 排尿ケアを極める-床上での排泄ケア~ベストプラクティスを探る. EB NURSING. 2009;9(4):12-96.
  8. 真田弘美. Editorial 床上での排泄ケア~ベストプラクティスを探る. EB NURSING. 2009;9(4):8-11.
  9. 仲上豪二朗, 峰松健夫, 赤瀬智子, 真田弘美. 創傷領域の最新トピックス②-クリティカルコロナイゼーションの病態と対応. ナーシング・トゥデイ. 2009;24(14):39-42.
  10. 紺家千津子, 飯坂真司, 真田弘美. ストーマ領域の最新トピックス-ストーマ周囲の皮膚障害評価ツール. ナーシング・トゥデイ. 2009;24(14):20-7.
  11. 真田弘美. 日本創傷・オストミー・失禁管理学会の設立とこれからの展望. ナーシング・トゥデイ. 2009;24(14):18-9.

その他(日本語)

  1. 岡田晋吾, 真田弘美, 板倉洋子, 仙石真由美参加. 座談会 褥瘡管理のいま 専門性を生かし、さらなる連携をめざす. 週刊医学界新聞. 2009;2847:1-3.
  2. 真田弘美. 健康科学・看護学科から健康総合科学科へのパラダイムシフト-年を取るのも悪くないと思える社会を-. 東京大学教養学部 進学情報センターニュース. 2009;54:2-3.
  3. 真田弘美(座長), 雨海照祥(講演者). 第5回ET/WOCブラッシュアップセミナー2009 いままで知らなかった「栄養管理と創傷の関連」. 月刊ナーシング. 2009;29(13):105-11.
  4. 真田弘美, 本間之夫, 岩坪映二, 鳥羽研二(参加). 座談会 高齢者の排尿管理. Geriatric Medicine(老年医学). 2009;47(10):1323-35.
  5. 真田弘美(座長), 上出良一(講演者). 第11回日本褥瘡学会学術集会ランチョンセミナー「予防的スキンケアの重要性とその実践」. 月刊ナーシング. 2009;29(14):105-6.
  6. 真田弘美, 大橋優美子, 大江真琴, 和久井君江. 「患者さんのこころをひらく」糖尿病足外来(東京大学医学部附属病院 糖尿病足外来). 糖尿病ケア. 2009;6(2):6-8.
  7. 真田弘美(日本ET/WOC協会会長). お祝いメッセージ. 社団法人日本オストミー協会(会報). 2009;233:14.
  8. 真田弘美(日本看護科学学会理事). <巻頭言>看護学におけるトランスレーショナルリサーチが臨床を変える. 日本看護科学学会誌. 2009;29(1):1.
  9. 東京大学真田研究室(コンバテックジャパン株式会社共催). 日米創傷管理最前線2009レポート. エキスパートナース. 2009;25(11):79-80.
  10. 真田弘美(CourtneyHLyder先生との特別対談). 入院中発生した褥瘡に医療費が支払われないシステムが始まった! 米国における最新医療・看護事情. エキスパートナース. 2009;25(11):74-8.
  11. 真田弘美. 褥瘡予防にエコー検査「皮下深部の損傷を早期発見」(特集 日常診療の裏ワザ10). 日経メディカル. 2009;501:56.
  12. 真田弘美. 「駒場の授業紹介 総合科学D 生きることを支える科学:看護学の最先端」. 東大が創る人たち、東大を創る人たち(現役東大生による東京大学情報本 サクセスシリーズ 東大2010). 2009:145.
  13. 真田弘美(シンポジスト). 「褥瘡予防・管理におけるEBNの実践と医療への貢献」(分科会Ⅰ「新しい看護のかたち」). 第13回日本看護サミットとうきょう’08 開催報告書. 2009:71-7.

2008

原著(英語)

  1. Futamura M, Sugama J, Okuwa M, Sanada H, Tabata K. Evaluation of comfort in bedridden older adults using an air-cell mattress with an automated turning function: Measurement of parasympathetic activity during night sleep. J Gerontol Nurs. 2008;34(12):20-6. [uri]
  2. Sakai K, Nakagami G, Matsui N, Sanada H, Kitagawa A, Tadaka E, Sugama J. Validation and determination of the sensing area of the KINOTEX sensor as part of development of a new mattress with an interface pressure-sensing system. BioScience Trends. 2008;2(1):36-43. [uri]
  3. Shimada T, Kudo T, Akase T, Aburada M. Preventive effects of Bofutsushosan on obesity and various metabolic disorders. Biol Pharm Bull. 2008;31(7):1362-7. [uri]
  4. Konishi C, Sugama J, Sanada H, Okuwa M, Konya C, Nishizawa T. A prospective study of blanchable erythema among university hospital patients. Int Wound J. 2008;5(3):470-5. [uri]
  5. Sanada H, Miyachi Y, Ohura T, Moriguchi T, Tokunaga K, Shido K, Nakagami G. The Japanese Pressure Ulcer Surveillance Study: A retrospective cohort study to determine the prevalence of pressure ulcers in Japanese hospitals. WOUNDS. 2008;20(6):176-82. [uri]
  6. Sari Y, Nakagami G, Kinoshita A, Huang L, Ueda K, Iizaka S, Sanada H, Sugama J. Changes in serum and exudate creatine phosphokinase concentrations as an indicator of deep tissue injury: a pilot study. Int Wound J. 2008;5(5):674-80. [uri]
  7. Suriadi, Sanada H, Sugama J, Thigpen B, Subuh M. Development of a new risk assessment scale for predicting pressure ulcers in an intensive care unit. Nurs Crit Care. 2008;13(1):34-43. [uri]
  8. Nishizawa T, Sugama J, Sanada H. Changes in nurses' competency for pressure ulcer management after the introduction of a pressure ulcer management program. J So Nurs Pract. 2008;20(1):24-33.
  9. Tanaka H, Nakagami G, Sanada H, Sari Y, Kobayashi H, Kishi K, Konya C, Tadaka E. Quantitative evaluation of elderly skin based on digital image analysis. Skin Res Technol. 2008;14(2):192-200. [uri]
  10. Iizaka S, Tadaka E, Sanada H. Comprehensive assessment of nutritional status and associated factors in the healthy, comunity-dwelling elderly. Geriatr Gerontol Int. 2008;8(1):24-31. [uri]
  11. Nakagami G, Sanada H, Sugama J, Morohoshi T, Ikeda T, Ohta Y. Detection of Pseudomonas aeruginosa quorum sensing signals in an infected ischemic wound: An experimental study in rats. Wound Repair Regen. 2008;16(1):30-6. [uri]

書籍

  1. 宮地良樹,真田弘美(編集). 現場の疑問に答える褥瘡診療Q\&A. 中外医学社, 2008.
  2. 日本褥瘡学会(編), 森口隆彦, 真田弘美, 石川治, 川上重彦, 鳥居修平, 古江増隆, 阿曽洋子, 中山健夫, 大浦武彦, 溝上祐子, 栗原誠一, 廣瀬千也子, 古田勝経, 伊賀立二, 賀勢泰子, 鷲見よしみ. 在宅褥瘡予防・治療ガイドブック. 照林社, 2008.
  3. 森口隆彦, 真田弘美(編著). 褥瘡ポケットマニュアル. 医歯薬出版株式会社, 2008.
  4. 御供泰治(編著), 赤瀬智子(著). デカリン先生の薬まるくん 改訂3版. メディカ出版, 2008.

章記載

  1. 大江真琴, 真田弘美. コラム 17 とっておきのフットケア情報, 6コメディカルのフットケアを知る 看護からみたフットケアと患者指導のコツ, 皮膚科診療最前線シリーズ フットケア最前線, 河野茂夫 宮地良樹 (編集), 234-5, 2008.
  2. 真田弘美, 仲上豪二朗. 褥瘡 第3章高齢者に特徴的な臨床徴候(老年症候群)の理解と対策, 老年医学の基礎と臨床I, 216-223, 2008.

原著(日本語)

  1. 木下幸子, 菅井亜由美, 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子. 脊髄損傷者の褥瘡の深さと健康行動との関係-Health Action Process Approachによる分析-. 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌. 2008;11(2):21-9.
  2. 西出薫, 大江真琴, 大橋優美子, 大場美穂, 真田弘美. 糖尿病足病変の炎症徴候診断ツールとしてのサーモグラフィーの有用性. 看護実践学会誌. 2008;20(1):83-7.
  3. 鈴木基子, 須釜淳子, 真田弘美, 大桑麻由美. 閉塞性動脈硬化症による間歇性跛行患者の痛み. 看護実践学会誌. 2008;20(1):43-52.
  4. 大桑麻由美, 須釜淳子, 大江真琴, 田端恵子. 寝たきり高齢者の下腿・足部に生じる皮膚症状の実態. 看護実践学会誌. 2008;20(1):6-23.
  5. 西澤知江, 真田弘美, 萱間真美. 皮膚・排泄ケア認定看護師の褥瘡管理コンピテンシーモデルの構築. 日本褥瘡学会誌. 2008;10(2):117-21.
  6. 赤瀬智子, 小林敏生. 妊娠時鉄欠乏性貧血における適切な食事指導に関する基礎的検討-鉄補給のためのレバー過剰摂取の問題点-. 日本看護研究学会雑誌. 2008;31(2):17-24.
  7. 赤瀬智子, 日原永美子, 植松和子, 小高雅信, 赤瀬朋秀, 田代眞一. 妊娠時貧血と妊娠前の生活習慣との関係についての調査研究. YAKUGAKU ZASSHI. 2008;128(7):1081-6.
  8. 高島尚美, 大江真琴, 五木田和枝, 渡部節子. 看護学生におけるリラクセーション効果の検討―唾液中コルチゾールによる評価―. 日本看護学教育学会誌. 2008;18(1):33-42.

総説(日本語)

  1. 仲上豪二朗, 真田弘美. 「ずれ」を予防するための効果的な方法. エキスパートナース. 2008;24(2):54-7.
  2. 下田晋也, 松井典子, 酒井梢, 真田弘美. 褥瘡予防マットレスに求められる機能 動きやすさと寝心地(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から). エキスパートナース. 2008;24(2):108-11.
  3. 松井典子, 山本裕子, 下田晋也, 酒井梢, 真田弘美. 体圧分散寝具のこれから(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から). エキスパートナース. 2008;24(3):28-31.
  4. 飯坂真司, 大場美穂, 真田弘美. 褥瘡ケアの基礎知識 褥瘡ケアとガイドライン-日米欧の比較. 臨床栄養. 2008;112(6):645-50.
  5. 真田弘美. まえがき-褥瘡ケアのあゆみと今後. 臨床栄養. 2008;112(6):617-8.
  6. 日本褥瘡学会実態調査委員会, 須釜淳子(執筆者), 志渡晃一, 石川治, 真田弘美, 佐藤明代, 貝谷敏子, 阿部正敏, 川上重彦, 三富陽子, 岡博昭, 田中克己. 平成18年度日本褥瘡学会実態調査委員会報告1 療養場所別褥瘡有病率、褥瘡の部位・重症度(深さ). 日本褥瘡学会誌. 2008;10(2):153-61.
  7. 飯坂真司, 真田弘美. 褥瘡の予防と治療. THE BONE. 2008;22(4):75-8.
  8. 貝谷敏子. ドレッシング材の種類と使用法の特徴. メディカル朝日. 2008;9:28-9.
  9. 真田弘美, 仲上豪二朗. 変わってきた褥瘡の定義. メディカル朝日. 2008;9:16-7.
  10. 真田弘美, 仲上豪二朗. 後期高齢者診療の実際とコツ-褥瘡対策(特集 後期高齢者をどう診ていくか). 総合臨床. 2008;57(10):2525-33.
  11. 仲上豪二朗, 長瀬敬, 真田弘美. 病態生理とケアの実際から学ぶ皮膚・排泄ケア最前線第8回 褥瘡①病態生理. ナーシング・トゥデイ. 2008;23(13):37-41.
  12. 南條裕子, 東村志保, 真田弘美. 体位変換と離床. 外科治療. 2008;99(5):479-88.
  13. 松井典子, 真田弘美. 在宅褥瘡予防・治療ガイドブック(診療ガイドラインニュース Vol 30). メディカル朝日. 2008;37(11):62-5.

症例報告(日本語)

  1. 仲上豪二朗, 真田弘美, 繁田佳映, 紺家千津子, 須釜淳子. 細菌がパッド表面材pHに及ぼす影響に関する研究. 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌. 2008;24(3):119-23.

その他(日本語)

  1. 仲上豪二朗, 真田弘美. 褥瘡ケアに有効な新しい機器. エキスパートナース. 2008;24(2):67-9.
  2. TomDefloor, 真田弘美. 褥瘡予防における問題点と対策-ヨーロッパと日本に見る現状. エキスパートナース. 2008;24(2):70-3.
  3. 真田弘美(ゲスト), 今野由梨(聞き手). Now Interview-老年看護額のあり方-. Living Science Now. 2008;135:1- 2.
  4. 真田弘美, 麻原きよみ. 看護研究のエボリューション-看護の技を極める(シンポジウムⅢ・座長). 日本看護科学学会誌. 2008;28(1):87.
  5. 真田弘美. 褥瘡がよみがえる 褥瘡アセスメントに苦慮しているあなたのために. 臨床雑誌内科. 2008;102(3):616.
  6. 真田弘美. 医療・看護のチャレンジ最前線「糖尿病の患者さんがいつまでも“自分の足で歩ける”ために-臨床看護師と創傷看護学が手を結んで行うフットケア」. エキスパートナース. 2008;24(12):7-10.

2007

原著(英語)

  1. Sugama J, Matsui Y, Sanada H, Konya C, Okuwa M, Kitagawa A. A study of the efficiency convenience of an advanced portable Wound Measurement System (VISITRAKTM). J Clin Nurs. 2007;16(7):1267-9. [uri]
  2. Tanaka A, Tanaka S, Miyamoto K, Yi S, Nakatani T. Gross anatomical study of the sympathetic cardiac nerves in the house musk shrew (Suncus murinus). Anat Rec (Hoboken). 2007;290(5):468-76. [uri]
  3. Nagase T, Koshima I, Maekawa T, Kaneko J, Sugawara Y, Makuuchi M, Koyanagi H, Nakagami G, Sanada H. Ultrasonographic evaluation of an unusual peri-anal induration: a possible case of deep tissue injury. J Wound Care. 2007;16(8):365-7. [uri]
  4. Nakagami G, Sanada H, Matsui N, Kitagawa A, Yokogawa H, Sekiya N, Ichioka S, Sugama J, Shibata M. Effect of vibration on skin blood flow in an in vivo microcirculatory model. BioScience Trends. 2007;1(3):161-6. [uri]
  5. Nakagami G, Sanada H, Konya C, Kitagawa A, Tadaka E, Matsuyama Y. Evaluation of a new pressure ulcer preventive dressing containing ceramide 2 with low frictional outer layer. J Adv Nurs. 2007;59(5):520-9. [uri]
  6. Hohashi N, Nakagami G. Results of removal of oral bacteria among infants brushing their own teeth: using α-hemolytic Streptococcus count on the tooth surface as the indicator. Jpn J Health Hum Ecol. 2007;73(5):183-92.
  7. Suriadi, Sanada H, Sugama J, Kitagawa A, Thigpen B, Kinosita S, Murayama S. Risk factors in the development of pressure ulcers in an intensive care unit in Pontianak, Indonesia. Int Wound J. 2007(3):208-15. [uri]

症例報告(英語)

  1. Nagase T, Hisatomi T, Koshima I, Hattori N, Koyanagi H, Sanada H. Heterotopic ossification in the sacral pressure ulcer treated with basic fibroblast growth factor: coincidence or side effect?. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2007;60(3):327-9. [uri]

書籍

  1. 真田弘美, 須釜淳子監修. どう観る、どう治す 実践に基づく最新褥瘡看護技術. 照林社, 2007.
  2. 前川厚子, 真田弘美監修. ストーマケア エキスパートの実践と技術. 照林社, 2007.
  3. 真田弘美監修. ベストプラクティス 創傷滲出液およびドレッシング材の役割. MEDICAL EDUCATION PARTNERSHIP LTD, 2007. [uri]

章記載

  1. 真田弘美. 5. 皮膚 (褥瘡) IV ADLの拡大と自立への看護ケア, 成人看護学D. リハビリテーション患者の看護 (第2版), 氏家幸子 (編集), 126-139, 2007.
  2. 真田弘美. XXII ストーマ造設する大腸切除術を受ける患者の看護, 成人看護学B. 急性期にある患者の看護II-周手術期看護- (第3版), 氏家幸子 (編集), 219-249, 2007.
  3. 須釜淳子, 真田弘美. 第12章 褥瘡-圧力分散ケア, 看護実践の根拠を問う (改定第2版), 菱沼典子 小松浩子 (編集), 163-181, 2007.
  4. 真田弘美. 高齢者における褥瘡の評価と治療 (Ⅱ. 総説), 老年医学update 2007-08, 日本老年医学会雑誌編集委員会 (編集), 88- 99, 2007.
  5. 大江真琴, 真田弘美. III.褥瘡の評価-1.リスク評価, 褥瘡チーム医療ハンドブック, 宮地良樹 三富陽子 (編集), 34-42, 2007.

原著(日本語)

  1. 大桑麻由美, 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 北川敦子, 小西千枝. 特定機能病院における褥瘡予防ケアの質指標:前向きコホート調査. 日本褥瘡学会誌. 2007;9(1):56-63.
  2. 松井優子, 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 木下幸子, 間脇彩奈. 創傷計測キットの信頼性と妥当性の検証. 日本褥瘡学会誌. 2007;9(1):43-9.
  3. 村山志津子, 北山幸枝, 大桑麻由美, 北川敦子, 仲上豪二朗, 須釜淳子, 真田弘美. 在宅版褥瘡発生リスクアセスメントスケールの開発. 日本褥瘡学会誌. 2007;9(1):28-37.
  4. 和久井君江, 田高悦子, 真田弘美, 金川克子. 大都市部独居高齢者の抑うつとその関連要因. 日本地域看護学会誌. 2007;9(2):32-6.
  5. 藤居久美子, 須釜淳子, 中谷壽男, 真田弘美, 大桑麻由美. ずれが褥瘡治癒に及ぼす影響-ラット褥瘡モデルを用いた組織学的検討-. 日本褥瘡学会誌. 2007;9(2):152-9.
  6. 仲上豪二朗, 真田弘美, 須釜淳子, 諸星知広, 池田宰. 感染虚血性創傷における細菌数とクオラムセンシングシグナルの関係. 日本褥瘡学会誌. 2007;9(2):165-70.
  7. 大桑麻由美, 真田弘美, 須釜淳子, 大江真琴, 田端恵子. 寝たきり高齢者における踵部褥瘡の深達度とABI(ankle brachial index)との関係. 日本褥瘡学会誌. 2007;9(2):177-82.
  8. 浦崎雅也, 真田弘美, 田高悦子, 北川敦子, 仲上豪二朗, 広田愛, 須釜淳子. 踵部の褥瘡予防-振動による血行促進効果の検討-. 日本褥瘡学会誌. 2007;9(2):192-8.

総説(日本語)

  1. 西出薫, 小柳礼恵, 真田弘美. 褥瘡の創面評価法 (特集/リハビリテーション関係者のための実践褥瘡予防・治療ガイド<褥瘡の治療> ). Monthly Book- MEDICAL REHABILITATION. 2007;75:37-45.
  2. 片田正一, 加藤チイ, 真田弘美. 8) 高齢者における褥瘡と栄養の関係 (特集 高齢者の栄養管理とケア-各病態別の対応-). Geriatric Medicine (老年医学). 2007;45(3):281-5.
  3. 小柳礼恵, 真田弘美. ストーマケアに学ぶ肛門周囲皮膚炎の管理. 臨床皮膚科. 2007;61(5):113-7.
  4. 酒井梢, 仲上豪二朗, 真田弘美. 最近の褥瘡管理について. 感染と消毒. 2007;14(1):60-2.
  5. 真田弘美, 仲上豪二朗, 酒井梢. 褥瘡管理のevidence based nursing (特集創傷管理の新知見Ⅰ). 形成外科. 2007;50(5):505-14.
  6. 真田弘美. 最新の褥瘡管理. 日本老年医学会雑誌. 2007;44(4):425-8.
  7. 松井典子, 酒井梢, 仲上豪二朗, 下田晋也, 影山光子, 真田弘美. 体圧分散の基本的概念とは?(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から). エキスパートナース. 2007;23(12):30-3.
  8. 真田弘美, 西澤知江, 仲上豪二朗. 最新の褥瘡対策 (日本医師会生涯教育講座「褥瘡の治療」). 東京都医師会雑誌. 2007;60(8):910-6.
  9. 酒井梢, 松井典子, 下田晋也, 影山光子, 真田弘美. 褥瘡発生の要因とその予防について-なぜマットレスで褥瘡予防が可能なのか-(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から). エキスパートナース. 2007;23(13):92-5.
  10. 松井典子, 真田弘美. 褥瘡についての最新の話題. 訪問看護ステーションニュース. 2007;78:7.
  11. 松井典子, 酒井梢, 下田晋也, 真田弘美. 体圧分散寝具の基本的構造と選択のポイント(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から). エキスパートナース. 2007;23(15):26-9.
  12. 酒井梢, 松井典子, 下田晋也, 真田弘美. 体圧分散ケアとしてのポジショニング(短期連載:褥瘡予防マットレスを正しく使おう 看護理工学的側面から). エキスパートナース. 2007;24(1):30-3.
  13. 仲上豪二朗, 西澤知江, 真田弘美. 褥瘡の処置と管理. 外科治療. 2007;98(1):79-86.

その他(日本語)

  1. 廣瀬秀行, 真田弘美, 栗原誠一(司会). office dermatology ①-シーティングの知識と褥瘡の予防について(2006年11月9日収録). 皮膚病診療. 2007;29(3):319-328.
  2. 真田弘美. 床ずれは予防も治療もできる病気です. JST News. 2007;4(1):12-13.
  3. 真田弘美, 大橋優美子. [特集]糖尿病患者のフットケア 施設訪問 (お知恵を拝借) -東京大学医学部附属病院. DM Trend Journal(糖尿病療養支援に携わるメディカルスタッフ向け情報誌). 2007;1(2):4.
  4. 真田弘美. 質疑応答「臀部角化性苔癬化皮膚と褥瘡の関係について」. 皮膚病診療. 2007;29(12):1492- 1493.
  5. 真田弘美. 最新の褥瘡ケア. 日本皮膚科学会雑誌. 2007;117(13):2394-1295.
  6. 真田弘美, 溝上裕子, 南由起子, 山本亜矢, 大江真琴, 貝谷敏子, 仲上豪二朗, 飯坂真司. 褥瘡ハイリスク患者ケア加算導入が褥瘡発生率および医療コストに与える効果に関する研究. 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌. 2007;11(2):59-62.

2006

原著(英語)

  1. Sato M, Sanada H, Konya C, Sugama J, Nakagami G. Prognosis of stage I pressure ulcers and related factors. Int Wound J. 2006;3(4):355-62. [uri]
  2. Okuwa M, Sanada H, Sugama J, Inagaki M, Konya C, Kitagawa A, Tabata K. A prospective cohort study of lower-extremity pressure ulcer risk among bedfast older adults. Adv Skin Wound Care. 2006;19(7):391-7. [uri]
  3. Suriadi, Sanada H, Sugama J, Thigpen B, Kitagawa A, Kinosita S, Murayama S. A new instrument for predicting pressure ulcer risk in an intensive care unit. J Tissue Viability. 2006;16(3):21-6. [uri]
  4. Nakagami G, Sanada H, Konya C, Kitagawa A, Tadaka E, Tabata K. Comparison of two pressure ulcer preventive dressings for reducing shear force on the heel. J Wound Ostomy Continence Nurs. 2006;33(3):267-72. [uri]
  5. Nakagami G, Sanada H, Kitagawa A, Tadaka E, Maekawa T, Nagase T, Konya C. Incontinence induces stratum corneum vulnerability and impairs the skin barrier function in the perianal region. Dermatology. 2006;213(4):293-9. [uri]
  6. Nakagami G, Konya C, Kitagawa A, Tadaka E, Urasaki M, Sanada H. Effect of a new pressure ulcer preventive dressing on shear force reduction. epuap Review. 2006;7(1):16-7.

章記載

  1. 真田弘美. 皮膚科―1.褥瘡の予防と治療, 診断と治療 増刊号, 五十嵐正男 (編集), 407-412, 2006.
  2. 須釜淳子, 真田弘美. 褥瘡のケア, 基礎看護学テキスト EBN思考の看護実践, 深井喜代子 前田ひとみ (編集), 284-295, 2006.
  3. 真田弘美. 高齢者在宅医療の実際「褥瘡の管理」, 日常診療に活かす老年病ガイドブック 8 - 高齢者の退院支援と在宅医療, 大内尉義 (編集), 143-148, 2006.
  4. 田高悦子. 褥瘡ケアの質の保証, よくわかって役に立つ新 褥瘡のすべて, 宮地良樹 真田弘美 (編集), 362-370, 2006.
  5. 北川敦子, 真田弘美. 褥瘡発症後のケア, よくわかって役に立つ新 褥瘡のすべて, 宮地良樹 真田弘美 (編集), 281-293, 2006.
  6. 真田弘美. 褥瘡のリスク評価-2-1, よくわかって役に立つ 新 褥瘡のすべて, 宮地良樹 真田弘美 (編集), 22-25, 2006.

原著(日本語)

  1. 二村芽久美, 須釜淳子, 真田弘美, 大桑麻由美. 縦エアセルマットレスにおける自動体位変換機能の評価-在宅療養高齢者における体圧分散と介護負担に対する効果-. 老年看護学. 2006;10(2):62-9.
  2. 佐藤文, 須釜淳子, 真田弘美, 大桑麻由美, 玉井奈緒, 河崎美保子. 二層式エアマットレス導入による褥瘡の治癒過程と費用対効果. 日本褥瘡学会誌. 2006;8(2):140-7.
  3. 広田愛, 田高悦子, 真田弘美, 北川敦子, 仲上豪二朗, 浦崎雅也. 防ぎきれる褥瘡と防ぎきれない褥瘡‐創傷・オストミー・失禁看護認定看護師の意識‐. 日本褥瘡学会誌. 2006;8(4):579-85.

総説(日本語)

  1. 日本褥瘡学会, 宮地良樹, 真田弘美(執筆担当), 大浦武彦, 森口隆彦, 徳永恵子, 志渡晃一. 褥瘡対策未実施減算導入前後の褥瘡有病率とその実態についてのアンケート調査報告. 日本褥瘡学会誌. 2006;8(1):92-9.
  2. 真田弘美. 高齢者における褥瘡の評価と治療. 日本老年医学会雑誌. 2006;43(2):137-46.
  3. 長瀬敬, 光嶋勲, 仲上豪二朗, 真田弘美. 褥瘡の管理-EBMに基づく創傷管理のプロトタイプ-. 小児外科. 2006;38(4):497-505.
  4. 紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子. 褥瘡外来から見た褥瘡治療の実態 (特集 褥瘡と在宅ケア-入院患者から在宅障害者へ). Journal of Clinical Rehabilitation. 2006;15(6):510-4.
  5. 日本褥瘡学会調査委員会, 宮地良樹, 真田弘美(執筆担当), 大浦武彦, 森口隆彦, 徳永恵子, 志渡晃一. 褥瘡対策未実施減算導入後における褥瘡対策委員会と体圧分散寝具の実態. 日本褥瘡学会誌. 2006;8(2):216-23.
  6. 大江真琴, 大桑麻由美, 真田弘美. 足のアセスメント (特集 フットケア最前線 ナースだからできること). 月刊ナーシング. 2006;26(9):25-35.
  7. 大桑麻由美, 須釜淳子, 真田弘美. 1.WOC看護のトピック「下腿潰瘍のアセスメント~ナースができるアセスメント方法」 (認定看護分野のToday's care 第3回). ナーシング・トゥデイ. 2006;21(10):5-7.
  8. 紺家千津子, 真田弘美. 創の洗浄について (第1特集 創傷ケアをきわめる創傷ケアの温故知新). 臨牀看護. 2006;32(11):1552-5.
  9. 前日本褥瘡学会調査委員会, 宮地良樹, 真田弘美(論文執筆担当), 大浦武彦, 森口隆彦, 徳永恵子, 志渡晃一. 褥瘡対策未実施減算導入前後における外用薬と創傷被覆材の実態についてのアンケート調査報告. 日本褥瘡学会誌. 2006;8(4):642-6.
  10. 西澤知江, 真田弘美. 褥瘡ケアの現在 最新ケアとエビデンス. 精神科看護. 2006;33(12):34-40.

その他(日本語)

  1. 真田弘美. 褥瘡ケアの新しい展開. 月刊ナーシング. 2006;26(4):108-9.
  2. 田村佳奈美. 福島労災病院褥瘡対策委員会とNSTのコラボレーション企画. 月刊ナーシング. 2006;26(8):90-3.

2005

原著(英語)

  1. Okuwa M, Sugama J, Sanada H, Konya C, Kitagawa A. Measuring the pressure applied to the skin surrounding pressure ulcers while patients are nursed in the 30°position. J Tissue Viability. 2005;15(1):3-8. [uri]
  2. Sugama J, Inagaki M, Sanada H. Structural model of the prognostic factors affecting healing of pressure ulcers in elderly patients. Japanese Journal of Pressure Ulcers. 2005;7(1):115-23.
  3. Sugama J, Sanada H, Nakatani T, Nagakawa T, Inagaki M. Pressure-induced ischemic wound healing with bacterial inoculation in the rat. WOUNDS. 2005;17(7):157-68. [uri]
  4. Konya C, Sanada H, Sugama J, kitayama S, Y, Ishikawa S, Togashi H, Tamura S. Skin Debris and Micro-organisms on the Periwound Skin of Pressure Ulcers and the Influence of Periwound Cleansing on Microbial Flora. Ostomy Wound Manage. 2005;51(1):50-9. [uri]
  5. Konya C, Sanada H, Sugama J, Okuwa M, Kitagawa A. Does the use of a cleanser on skin surrounding pressure ulcers in older people promote healing?. J Wound Care. 2005;14(4):169-71. [uri]
  6. Kitagawa A, Nakatani T, Sanada H, Inagaki M. Distribution of myofibroblasts in stage II and IV pressure ulcers. Journal of the Tsuruma HEALTH SCI. 2005;29(1):1-9.
  7. Omote S, Sugama J, Sanada H, Konya C, Okuwa M, Kitagawa A. Healing process of pressure ulcers after a change in the nutrition regimen of bedridden elderly: A case series. Japan Journal of Nursing Science. 2005;2(2):85-93.

書籍

  1. 塩谷信幸(監修), 真田弘美, 中條俊夫, 宮地良樹, 森口隆彦. 創傷治癒. ブレーン出版, 2005.
  2. 日本褥瘡学会(編), 宮地良樹, 真田弘美, 須釜淳子, 立花隆夫, 福井基成, 古田勝経, 貝谷敏子, 徳永恵子, 中條俊夫, 美濃良夫, 大浦武彦, 岡博昭, 舘正弘, 藤井徹, 森口隆彦, 中山健夫, 長瀬敬, 杉元雅晴, 日髙正巳. 科学的根拠に基づく褥瘡局所治療ガイドライン. 照林社, 2005.

章記載

  1. 真田弘美. 27. 介護に関わる問題-褥瘡ケア, 今日の治療指針 2005年版, 山口徹 北原光夫 (編集), , 2005.

原著(日本語)

  1. 藤本由美子, 真田弘美, 須釜淳子. 座位姿勢をとる高齢者の褥瘡形成の実態把握調査-褥瘡の形状と車椅子接地形状の関係から. 日本看護科学会誌. 2005;24(4):36-45.
  2. 松井優子, 須釜淳子, 真田弘美, 大桑麻由美, 紺家千津子, 北川敦子, 村山志津子. 褥瘡状態判定スケール(DESIGN)の予測妥当性の検証と重みづけの検討. 日本褥瘡学会誌. 2005;7(1):67-75.
  3. 仲上豪二朗, 紺家千津子, 北川敦子, 田高悦子, 真田弘美, 須釜淳子, 田端恵子. 新しい褥瘡予防用皮膚保護材の皮膚バリア機能回復効果とずれ力軽減効果に関する研究. 日本褥瘡学会誌. 2005;7(1):107-14.
  4. 紺家千津子, 北川敦子, 真田弘美, 西田絵美, 瀬川雅世, 長崎恭子. 高齢者における褥瘡のポケット洗浄液温度の検討. 日本褥瘡学会誌. 2005;7(4):773-8.
  5. 北山幸枝, 中谷壽男, 真田弘美, 田中愛, 青木和恵, 佐藤文, 玉井奈緒. マウス皮膚における創周囲皮膚の清潔が創傷治癒過程に及ぼす影響. 日本褥瘡学会誌. 2005;7(4):818-26.
  6. 黄芳, 中谷壽男, 真田弘美, 紺家千津子, 鈴木定, 佐藤文, 間脇彩奈. ポケットを有する褥瘡のポケット被蓋部の組織学的研究. 日本褥瘡学会誌. 2005;7(4):798-803.

短報(日本語)

  1. 大西香代子, 田高悦子, 大串靖子. 臨地実習における個人情報の取り扱いに関する研究. 日本看護科学学会誌. 2005;25(1):23-30.
  2. 二村芽久美, 西澤知江, 大桑麻由美, 須釜淳子, 真田弘美, 永川宅和, 高橋誠. 二層式エアマットレスのギャッチアップにおけるずれに関する有効性の検討-健康成人を対象としたずれ力測定から-. 日本褥瘡学会誌. 2005;7(1):141-5.

総説(日本語)

  1. 紺家千津子, 真田弘美. 臨床検査技師が知っておきたい褥瘡の知識. メディカル・テクノロジー. 2005;33(2):137-42.
  2. 大桑麻由美, 真田弘美. 足・下腿にできる「褥瘡」- 予防と局所治療. エキスパートナース. 2005;21(3):48-52.
  3. 紺家千津子, 真田弘美. 難治性褥瘡と看護-ポケットについての新しい知見. エキスパートナース. 2005;21(4):106-10.
  4. 田高悦子, 金川克子, 天津栄子, 佐藤弘美, 酒井郁子, 細川淳子. 認知症高齢者に対する回想法の意義と有効性-海外文献を通して-. 日本老年看護学会誌. 2005;9(2):56-63.
  5. 大桑麻由美, 真田弘美. リスクアセスメントツールをいかす. 医学のあゆみ. 2005;218(8):725-30.
  6. 紺家千津子, 真田弘美. エビデンスに基づく周術期の感染予防ケア-非感染創の管理. EB NURSING. 2005;5(3):32-6.
  7. 真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子, 大桑麻由美, 北川敦子. 最前線-褥瘡の予防と治療. 理療. 2005;35(2):24-39.
  8. 大桑麻由美, 真田弘美. 高齢者のリスクアセスメントに何を用いるか. EB NURSING. 2005;5(4):10-5.
  9. 木下幸子, 紺家千津子, 真田弘美. 脊髄損傷者のリスクアセスメントに何を用いるか. EB NURSING. 2005;5(4):28-31.
  10. 松井優子, 須釜淳子, 真田弘美. DESIGNはどのように使われているか, どう役立つか. EB NURSING. 2005;5(4):40-5.
  11. 須釜淳子, 西澤知江, 真田弘美. 褥瘡への看護介入とその効果 体圧分散寝具の有効性はどこまで明らかにされているか. EB NURSING. 2005;5(4):53-9.
  12. 仲上豪二朗, 北川敦子, 真田弘美. 褥瘡への看護介入とその効果 褥瘡部の感染はどこまで明らかにされているか. EB NURSING. 2005;5(4):68-73.
  13. 真田弘美, 仲上豪二朗. 特集=寝たきり老人に対する感染症の予防と治療 part1-褥瘡. MEDICAMENT NEWS. 2005.

その他(日本語)

  1. 大西香代子, 田高悦子, 大串靖子. 臨地実習における個人情報の取り扱いに関する研究. 日本看護科学学会誌. 2005;25(1):23-30.
  2. 真田弘美, バーバラベイツジェンセン. 足・下腿の潰瘍 ナースはどのように観察する?. エキスパートナース. 2005;21(3):21-31.
  3. 真田弘美(監修). 特集 足・下腿の潰瘍 フットケアにつなげる基本. エキスパートナース. 2005;21(3):20-57.
  4. 真田弘美, 阿部俊子. EBMを実践する鍵-つくる・さがす・つかう. 日本看護研究学会雑誌. 2005;28(1):19.
  5. 須釜淳子, 真田弘美, 阿曽洋子, 紺家千津子, 大桑麻由美, 北川敦子. IT化を目指したEBNに基づく新しい褥瘡部ケア基準の開発-その概念とCD-ROMの紹介-. 日本看護技術学会誌. 2005;4(1):43-6.
  6. 真田弘美. 特別レポート 第48回日本形成外科学会総会・学術集会/ 第2回看護セミナー形成外科看護のUp to date -褥瘡治療における看護の役割-. エキスパートナース. 2005;21(10):108.
  7. 宮地良樹, 真田弘美, 中山健夫. 「褥瘡局所治療ガイドライン」で実現する褥瘡管理の標準化. エキスパートナース. 2005;21(12):28-33.
  8. 宮地良樹, 真田弘美, 森口隆彦. 第7回日本褥瘡学会-「褥瘡局所治療ガイドライン」を発表. Medical Tribune. 2005;38(38):16-7.
  9. 真田弘美. Editorial (特集:褥瘡管理は進歩したか-リスクアセスメントと看護介入に焦点をあてて). EB NURSING. 2005;5(4):6-8.
  10. 木村隆仁. 特別講演会報告-褥瘡治療の最前線 (講演:真田弘美・宮地良樹). 富薬. 2005;27(9):34-6.
  11. 大久保豪, 斎藤民, 李賢情, 吉江悟, 和久井君江, 甲斐一郎. 介護予防事業への男性参加に関連する事業要因の予備的検討ー介護予防事業事例の検討からー. 日本公衆衛生雑誌. 2005;52(12):1050-8.

before 2004

書籍

  1. 青葉安里編集, 田高悦子(分担執筆). 老年期痴呆の治療と看護. 南江堂, 2002.
  2. 真田弘美編. 最新 褥瘡ケア用品ガイド2002-2003年版. 照林社, 2002.
  3. 見藤隆子他編集, 田高悦子(分担執筆). 看護学事典. 日本看護協会出版会, 2003.
  4. 真田弘美, 須釜淳子編. エビデンスに基づく褥瘡ケア. 中山書店, 2003.
  5. 金川克子他編集, 田高悦子(分担執筆). 最新高齢者ナーシング; 地域・在宅における高齢者の看護. 中央法規, 2004.
  6. 真田弘美編集. 褥瘡アセスメント・ケアガイド. 中山書店, 2004.
  7. 真田弘美編集. 褥瘡ケア完全ガイド 予測・予防・管理のすべて. 学習研究社, 2004.

章記載

  1. 真田弘美. 13. 排泄, 14. 皮膚と清潔, 看護・介護サービスのための目で見る用語事典, 島内節 佐藤美穂子 下平唯子 (編集), 220-269, 2000.
  2. 叶谷由佳, 真田弘美, 藤谷久美子. 褥瘡, [在宅ケア]クリニカルパスマニュアル-ケアの質保証と効率化, 島内節 友安直子 木村恵子 (編集), 53-73, 2000.
  3. 紺家千津子, 真田弘美. 褥瘡の予防とケア, 実践臨床看護手技ガイド-手順に沿って図解した手技のすべて-, 和田攻 (編集), 928-944, 2000.
  4. 真田弘美. 4床ずれのケアと栄養管理, 新版・すこやかシルバー介護 3楽しい食事の工夫, NHK福祉番組取材班 (編集), 68-75, 2000.
  5. 真田弘美, 紺家千津子. スキンケアの原則, 臨牀看護セレクション10実践ストーマ・ケア, 穴澤貞夫 (編集), 75-84, 2000.
  6. 真田弘美. Q10 床ずれを食事で治すことはできますか?床ずれのケアと栄養管理について教えてください, 生活実用シリーズ NHKすこやかシルバー介護 在宅ケアと介護保険Q\&A, NHK「すこやかシルバー介護」制作班 (編集), 37-40, 2000.
  7. 真田弘美, 紺家千津子. 11. 消化と吸収, 看護生理学テキスト 看護技術の根拠と臨床への応用, 深井喜代子 福田博之 禰屋俊昭 (編集), 251-282, 2000.
  8. 真田弘美, 須釜淳子. 看護生理学トピックス(2) 褥瘡, 看護生理学テキスト 看護技術の根拠と臨床への応用, 深井喜代子 福田博之 禰屋俊昭 (編集), 107-109, 2000.
  9. 真田弘美, 須釜淳子. 第6節 褥瘡のケアと福祉用具, 介護福祉士のための福祉用具活用論, 澤村誠志 (編集), 214-223, 2000.
  10. 真田弘美, 大桑麻由美. 頸部の安静が必要な患者の洗髪方法の工夫, 看護のコツと落とし穴① 看護技術, 小島操子 青山ヒフミ (編集), 45, 2000.
  11. 真田弘美, 紺家千津子. おむつ使用失禁患者のスキンケアのポイント, 看護のコツと落とし穴① 看護技術, 小島操子 青山ヒフミ (編集), 38-39, 2000.
  12. 藤本由美子, 真田弘美. 増えてきた尾骨部褥瘡をどう防ぐか―座りきり褥瘡の問題点, 最新 褥瘡ケア, 57-62, 2001.
  13. 紺家千津子, 真田弘美. 褥瘡の予防方法②スキンケア, 最新 褥瘡ケア, 28-33, 2001.
  14. 大桑麻由美, 真田弘美. アセスメント・予防 褥瘡アセスメントの進め方, 最新 褥瘡ケア, 12-21, 2001.
  15. 真田弘美. 褥瘡のリスクをアセスメントする, よくわかって役に立つ褥瘡のすべて, 宮地良樹 真田弘美 (編集), 7-12, 2001.
  16. 真田弘美編. 褥瘡対策のすべてがわかる本, 別冊『エキスパートナース』MOOK, , 2002.
  17. 真田弘美, 大桑麻由美. 第2部症候別スキンケア Ⅰ乾燥, Ⅱ掻痒, Ⅵ出血傾向・皮下出血, Ⅶ浮腫, Ⅷ黄疸, スキンケアガイダンス 創傷ケア基準シリーズ③, 日本看護協会認定看護師制度委員会創傷ケア基準検討会 (編集), 109-117,143-155, 2002.
  18. 真田弘美編著. BN思考の褥瘡ケア ケースリポートを中心に, 別冊「ナーシング・トゥディ」17, , 2002.
  19. 宮地良樹, 真田弘美, 大浦武彦, 中條俊夫, 徳永恵子, 森口隆彦, 福井基成, 足立香代子, 廣瀬秀行, 村山志津子(日本褥瘡学会学術教育委員会). 2部「褥瘡対策に関する診療計画書」記入の手引き, 褥瘡対策の指針, 日本褥瘡学会 (編集), 15-40, 2002.
  20. 真田弘美編. 瘡患者の看護技術―最新の知識と看護のポイント, 臨牀看護セレクション13, , 2002.
  21. 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美. 7部瘻孔ケアの実際 Ⅱ目的的瘻孔のケア Aドレーン創, 瘻孔・ドレーンのケアガイダンス, 創傷ケア基準シリーズ②, 日本看護協会認定看護師制度委員会創傷ケア基準検討会 (編集), 310-343, 2002.
  22. 真田弘美. 褥瘡の予防, 皮膚科診療プラクティス15. 難治性皮膚潰瘍を治すスキル, 橋本公二 宮地良樹 瀧川雅浩 (編集), 158-171, 2003.
  23. 真田弘美. 褥瘡のアセスメントと処置, 実践看護技術学習支援テキスト 基礎看護学, 川島みどり (編集), 260-275, 2003.
  24. 真田弘美. 第7部 瘻孔ケアの実際 - Ⅱ. 目的的瘻孔のケア - A. ドレーン創, 創傷ケア基準シリーズ② 瘻孔・ドレーンのケアガイダンス, 日本看護協会認定看護師制度委員会創傷ケア基準検討会 (編集), 310-343, 2004.
  25. 真田弘美. 褥瘡予防とケア, [新版]高齢者ケアマニュアル, 福地義之助 (編集), 69-73, 2004.
  26. 宮地良樹, 真田弘美, 須釜淳子, 足立香代子, 福井元成, 中川浩一, 中西健史, 河合修三, 美濃良夫, 三浦英一朗, 穴澤貞夫, 森口隆彦, 村木良一, 立花隆夫, 三富陽子, 大浦武彦. 変容する21世紀の褥瘡診療, 根拠に基づく褥瘡予防とそのケア, 宮地良樹 (編集), 8-19, 2004.

原著

  1. Sugama J, Sanada H, Inagaki M, Ban M, Nagakawa T. Study of the effectiveness of four support surfaces - Changes in the skin blood flow caused by applying pressure to the heel -. Memoirs Al. Med. Prof. Kanazawa Univ.. 1994;18:129-33.
  2. Sugama J, Sanada H, Inagaki M, Ban M, Nagakawa T. Comparison of five replacement mattresses with regard to interface pressure and comfortableness. Memoirs Health Sci. 1996;20:119-26.
  3. Sugama J, Sanada H, Okuwa M, Konya C, Kitagawa A, Tamai N, Nagakawa T. Effectiveness of double-layer air-cell overlay on tangential force in healthy young women with their head in an elevated position. Japan Journal of Nursing Science. 2004;1(2):125-31.
  4. Sugama J, Sanada H, Takahash M. Reliability and validity of a multi-pad pressure evaluator for pressure ulcer management. J Tissue Viability. 2002;12(4):148-53. [uri]
  5. Ohta T, Nagakawa T, Yoshimitsu Y, Sanada H, Fonseca L, Miyazaki I, Terada T. The role of 16, 16-dimethyl prostaglandin E2 on the intrahepatic biliary branches in dogs. Hepatology. 1993;17(6):1062-5. [uri]
  6. Ohta T, Nagakaw T, Tsukioka, Yoshimitsu Y, Sanada H, Miyazaki I, Terada T. Proliferative activity of bile duct epithelium after bacterial infection in dogs. Scand J Gastroenterol. 1992;27:845-51. [uri]
  7. Nagakawa T, Yoshimitu Y, Suzaki Y, Takeda T, Sanada H, Kayahara M, Ohta T, Ueno K, Konishi I, Miyazaki I. Postoperative digestive function and nutritional management after pancreaticoduodenectomy. Jpn J Bil-Panc Physiol. 1994;9(1):96-103.
  8. Tadaka E, Kanagawa K. A randomized controlled trial of a group care program for community-dwelling elderly people with dementia. Japan Journal of Nursing Science. 2004;1:19-25.
  9. Nagakawa T, Yoshimitu Y, Suzaki Y, Takeda T, Sanada H, Kayahara M, Ohta T, Ueno K, Konishi I, Miyazaki I. Assessment of postoperative digestive function after pancreatico-duodenectomy: a comparison of reconstruction techniques. Hepatogastroenterology. 1996;43(11):1218-24. [uri]
  10. Konya C, Inagaki M, Sanada H, Nakatani T, Sugama J. Change of cytokine in pressure ulcer with undermining. Journal of the Tsuruma Health Sci. 2004;28:25-30.
  11. Nagakawa T, Ohta T, Kayahara M, Sanada H, Tawara T. A new technique: total resection of the head of the pancreas preserving the duodenum, bile duct, and papilla with end-to-end anastomosis of the pancreatic duct. Memoirs Al. Med. Prof. Kanazawa Univ.. 1995;19:1-4.
  12. Kitagawa A, Sanada H, Nakatani T, Sugama J, Konya C, Okuwa M, Nagakawa T. Histological examination of pressure ulcer tissue in terminally ill cancer patients. Japan Journal of Nursing Science. 2004;1:35-46.
  13. Tanaka A, Nakatani T, Sanada H, Kitagawa A, Tanaka S. Histological examination of the distribution change of myofibroblasts in wound contraction. EWMA Journal. 2004;4(1):13-20. [uri]
  14. Sanada H, Nagakawa T, Yamamoto M, Higashidani K, Tsuru H, Sugama J. The role of skin blood flow in pressure ulcer development during surgery. Adv Wound Care. 1997;10(6):29-34. [uri]
  15. Sanada H, Nakatani T, Sugama J, Nagakawa T, Konya C, Ohkuwa M. The effect of hot bathing on local blood flow in elderly patients with pressure ulcers. memoirs Health Sci Med. Kanazawa Univ.. 2001;24(2):61-5.
  16. Sanada H, Moriguchi T, Miyachi Y, Ohura T, Nakajo T, Tokunaga K, Fukui M, Sugama J, Kitagawa A. Reliability and validity of DESIGN, a tool that classifies pressure ulcer severity and monitors healing. J Wound Care. 2004;13(1):13-8. [uri]
  17. Nagakawa T, Ueno K, Ohta T, Kayahara M, Yagi M, Sanada H, Tawara T, Miyazaki I. Evaluation of long-term survivors after pancreatoduodenectomy for pancreatoduodenal carcinoma. Hepatogastroenterology. 1995;42(2):117-22. [uri]
  18. Sanada H, Kanagawa K, Inagaki M, Imae J, Nishimura M, Yoshio K, Hiramatsu T. A study on the prevention of pressure ulcers: The relationship between transcutaneous PO2 in the sacral region and predictive factors for pressure ulcer development. WOUNDS. 1995;7(1):17-23.
  19. Nagakawa T, Mori K, Kayahara M, Ohta T, Ueno K, Sanada H, Miyazaki I. Three-dimensional studies on the structure of the tissue surrounding the superior mesenteric artery. Int J Pancreatol. 1994;15(2):129-38. [uri]
  20. Sanada H, Kawashima K, Tsuda M, Yamaguchi A. Natural evacuation versus irrigation, daily activities and psychosocial differences among colostomy patients,. Ostomy Wound Manage. 1992;38(4):24-35. [uri]
  21. Nagakawa T, Konishi I, Ueno K, Ohta T, Kayahara M, Yoshimitu Y, Suzaki Y, Tukioka Y, Sanada H, Miyazaki I. A new technique for variable-load cholangiomanometry, Implication for biliary tract surgery. Hepatogastroenterology. 1997;44(13):54-8. [uri]
  22. Sanada H, Sugama J, Matsui Y, Konya C, Kitagawa A, Okuwa M, Omote S. Randomised controlled trial to evaluate a new double-layer air-cell overlay for elderly patients requiring head elevation. J Tissue Viability. 2003;13(3):112-21. [uri]
  23. Nagakawa T, Konishi I, Ueno K, Ohta T, Kayahara M, Yoshimitsu Y, Suzaki Y, Tukioka, Y, Sanada H, Miyazaki I. Indication of additional surgery of distal common bile duct for cholelithiasis based on intraoperative cholangiomanometry. Mermoirs Al. Med. Prof. Kanazawa.. 1993;17:7-12.
  24. Sanada H, Sugama J, Inagaki M, Nagakawa T, Konya C, Konjima M, Tatsukuchi S. Study of pressure ulcer prevention - Evaluation of criteria on application of air mattress for terminally III patients-. Memoirs Health Sci Med. 1996;20:101-5.
  25. Nagakawa T, Sanada H, Inagaki M, Nakatani T. The actual situation of treatment of biliary tract cancer based on its statistics registry in Japan. Memoirs Health Sci Med. Kanazawa Univ.. 2001;24(2):93-101.
  26. Nagakawa T, Sanada H, Inagaki M, Sugama J, Ueno K, Konishi I, Ohta T, Kayahara M, Kitagawa H. Long-term survivors after resection of carcinoma of the head of the pancreas: significance of histologically curative resection. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 1994;11:402-8. [uri]
  27. Nagakawa T, Sanada H, Inagaki M, Sugama J. Clinicopathological study on long-term survivors after resection of carcinoma of the head of the pancreas. Journal of the Tsuruma Health Sci. 2002;26:31-7.
  28. Nakatani T, Sanada H, Sugama J, Nagakawa T, Konya C, Ohkuwa M. Appropriate site for intramuscular injection in the deltoid muscle evaluated in 35 cadaverous arms. Memoirs Health Sci Med. Kanazawa Univ.. 2001;24(2):27-31.
  29. Sanada H, Sugama J, Konya C, Nagakawa T. New synthetic fibre sheets prevent moisture and heat retention and reduce shear in bedfast patients. World Council of Enterostomal Therapists Journal. 2000;20(3):8-14.
  30. Sanada H. Current issues in pressure ulcer management of bedfast elderly in Japan. J Tissue Viability. 2001;11(1):35-6. [uri]
  31. Ohura T, Sanada H, Mino Y. Clinical activity-based cost effectiveness of traditional versus modern wound management in patients with pressure ulcers. WOUNDS. 2004;16(5):157-63. [uri]
  32. 田高悦子, 金川克子, 立浦紀代子, 北谷美之, 柳澤昌代. 在宅寝たきり高齢者のADL低下予防プログラム-技法と効果評価-. 訪問看護と介護. 2000;5(7):562-574.
  33. 田高悦子, 金川克子, 立浦紀代子, 和田正美. 痴呆性高齢者に対する回想法を取り入れたグループケアプログラムの効果. 日本老年看護学会誌. 2000;5(1):96-106.
  34. 須釜淳子, 真田弘美, 中野直美, 升谷奈奈, 田端恵子, 熊川良幸, 高橋誠. 褥瘡ケアにおけるマルチパッド型簡易体圧測定器の信頼性と妥当性の検討. 日本褥瘡学会誌. 2000;2(3):310-315.
  35. 大浦武彦, 近藤喜代太郎, 真田弘美, 杉山みち子, 徳永恵子, 藤井徹, 宮地良樹, 森口隆彦. 本邦二〇五病院・施設における褥瘡治療の方針と治療方法. 日本醫事新報. 2000;3991:12-20.
  36. 大浦武彦, 近藤喜代太郎, 真田弘美, 杉山みち子, 徳永恵子, 藤井徹, 宮地良樹, 森口隆彦. 本邦における褥瘡患者六五五例の現状と実態. 日本醫事新報. 2000;3990:23-30.
  37. 真田弘美, 須釜淳子, 永川宅和. 高齢者における入浴時の褥創部および創周囲の血流量の変化. インターナショナルナーシングレビュー. 2000;23(1):31-35.
  38. 叶谷由佳, 真田弘美, 沼田美幸, 藤谷久美子, 島内節. 褥瘡のある患者に対する訪問看護の質保証をめざした標準枠組の開発―クリティカルパス法の考え方を用いて―. 日本褥瘡学会誌. 2000;2(1):7-16.
  39. 真田弘美, 大西美千代, 北山幸枝, 牧田みさ, 宮山ゆかり, 紺家千津子, 須釜淳子, 田端恵子. 褥瘡を有する高齢者の創周囲皮膚における石鹸洗浄の有効性の検討. 日本褥瘡学会誌. 2000;2(1):32-39.
  40. 田高悦子. 高齢社会に求められる保健・医療・福祉システム-Discharge Planningに焦点をあてて-. 青森継続看護研究会誌. 2001;3(1):2-9.
  41. 田高悦子, 金川克子. 在宅高齢者のADL低下予防のケアプログラムの効果に関する研究-1年半後の推移-. 日本地域看護学会誌. 2001;3(1):52-58.
  42. 田高悦子, 金川克子, 立浦紀代子, 和田正美. 地域高齢者に対する介護予防プログラムの開発. 日本未病システム学会誌. 2001;7(1):90-92.
  43. 田高悦子, 金川克子, 立浦紀代子, 和田正美. 地域虚弱高齢者に対する介護予防-試行的研究-. 日本地域看護学会誌. 2001;4(1):61-68.
  44. 松井優子, 三宅繁美, 河崎伴子, 紺家千津子, 須釜淳子, 真田弘美. 層式エアセルマットレスの褥瘡予防における臨床実験研究. 日本褥瘡学会誌. 2001;3(3):331-337.
  45. 畑いずみ, 森川さおり, 龍口さだ子, 高道香織, 紺家千津子, 真田弘美. 医療用粘着テープによるスキントラブルの予測と予防―術後患者における発生要因の検討―. 第32回日本看護学会論文集―看護総合―. 2001;32:181-183.
  46. 大浦武彦, 阿曽洋子, 近藤喜代太郎, 真田弘美, 志渡晃一, 杉山みち子, 徳永恵子, 西村秋生, 藤井徹, 前川厚子, 宮地良樹, 村山志津子, 森口隆彦. 褥瘡危険要因とわかりやすい褥瘡予防・治療ガイドライン. 日本醫事新報. 2001;4037:19-29.
  47. 藤川由美子, 寺師浩人, 真田弘美. 褥瘡発生率と治療コストからみたICUでの低圧保持用上敷きマットレスの使用評価. 日本褥瘡学会誌. 2001;3(1):44-49.
  48. 大桑麻由美, 真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子, 松井優子, 越村洵子, 永川宅和. K式スケール(金沢大学式褥瘡発生予測スケール)の信頼性と妥当性の検討―高齢者を対象にして―. 日本褥瘡学会誌. 2001;3(1):7-13.
  49. 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美, 永川宅和, 岡本博之. 高齢者における二層式エアセルマットレスのギャッチアップ時の圧分散効果-単層式エアセルマットレスとの比較-. 金沢大学医学部保健学科紀要. 2001;24(2):125-129.
  50. 田高悦子, 金川克子, 立浦紀代子, 和田正美. 地域障害高齢者における自立度の測定. 日本地域看護学会誌. 2002;5(2):43-50.
  51. 田高悦子, 金川克子, 立浦紀代子. 在宅高齢者の日常生活行動と介護予防-要介護関連指標との検討-. 日本未病システム学会雑誌. 2002;8(2):147-150.
  52. 坂尾雅子, 永川宅和, 真田弘美. 膵切除術後長期生存例の栄養状態と看護介入. 金大医保つるま保健学会誌. 2002;26:65-73.
  53. 真田弘美, 紺家千津子, 北川敦子, 平山郁, 永田仁美, 西弥生, 山本あゆみ. 褥瘡保有者における足浴の有効性の検討. 日本褥瘡学会誌. 2002;4(3):358-363.
  54. 紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 大桑麻由美, 中谷壽男, 永川宅和. 高齢者における褥瘡治癒過程からみた形態的分類と看護ケアとの関係―ポケット形成のある褥瘡に焦点をあてて―. 日本褥瘡学会誌. 2002;4(1):60-69.
  55. 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美, 北山幸枝, 北川敦子, 田端恵子. 褥瘡予防における寝たきり高齢者用簡易栄養状態アセスメント用具の妥当性の検討. 日本褥瘡学会誌. 2002;4(1):55-59.
  56. 田高悦子. 実践に還元される量的研究;在宅痴呆性高齢者の日常生活適応にむけたプログラム開発と評価に関する研究. 日本看護科学学会誌. 2003;23(2):49-52.
  57. 田高悦子. 老年看護援助方法と効果性の追求;地域高齢者の寝かせきり予防に向けた看護介入と効果. 日本老年看護学会誌. 2003;7(2):36-9.
  58. 北川敦子, 紺家千津子, 表志津子, 真田弘美, 田中美和, 小野直美, 田端恵子. 体位変換技術が褥瘡の形状と血流に及ぼす影響. 日本褥瘡学会誌. 2003;5(3):494-502.
  59. 石川伸二, 冨樫博靖, 田村成, 真田弘美, 紺家千津子, 北山幸枝. 合成セラミド含有皮膚洗浄剤の褥瘡周囲皮膚への影響. 日本褥瘡学会誌. 2003;5(3):508-14.
  60. 玉井奈緒, 永川宅和*, 真田弘美, 紺家千津子, 越野守絵, 米村豊, 松木伸夫. 胃切除患者の加齢に伴う栄養状態の実態. 老年消化器病. 2003;5(1):67-71.
  61. 大浦武彦, 真田弘美, 美濃良夫. 褥瘡管理における近代的ドレッシング材使用と伝統的ドレッシング材使用の費用対効果に関するアクティビティー・ベースド・コスティング手法を用いた臨床的比較研究. 日本老年医学会雑誌. 2004;41(1):82-91.
  62. 越村洵子, 紺家千津子, 真田弘美, 中谷壽男, 須釜淳子, 矢島博昭, 田端恵子. 褥瘡におけるポケット形成にいたるまでの過程の検討. 日本褥瘡学会誌. 2004;6(4):607-15.
  63. 樋口友紀, 佐々木俊治, 高村由美子, 中道裕美子, 永江聡枝, 堀江佳名, 丸谷彰代, 山口桂, 真田弘美, 紺家千津子, 北川敦子, 田端恵子. 医療用粘着テープ貼付による高齢者の皮膚障害の実態. 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌. 2004;8(2):29-35.
  64. Nakatani T, Kitagawa A, KitayamaY, TanakaA., Yamazaki M, Konya C, Tanaka S. The course of the axillary nerve projected on the skin convering the deltoid muscle of a cadaver for safely administerng intramuscular injection in the deltoid muscle. Journal of the Tsuruma Health Science Society. 2003;27(1).

短報

  1. 藤本由美子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美, 北山幸枝, 北川敦子, 須釜淳子, 小西千枝. 褥瘡アセスメントツールの項目精選―ケア介入が可能なアセスメントツール―. 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌. 2002;5(2):36-39.
  2. 村山志津子, 大江真琴, 真田弘美, 大桑麻由美, 須釜淳子, 松井優子. 褥瘡発生に関連する介護力評価スケールの作成と信頼性の検討. 日本褥瘡学会誌. 2004;6(4):647-51.
  3. 西澤知江, 二村芽久美, 須釜淳子, 大桑麻由美, 真田弘美, 永川宅和. エアマットレスの体圧分散方式の違いが蒸散・発汗量と、皮膚温に及ぼす影響. 日本褥瘡学会誌. 2004;6(4):660-3.

総説

  1. Sanada H. EVALUATION TOOLS DESIGN- A NEW EVALUATION METHOD FOR PRESSURE ULCERS. epuap Review. 2004;6(2):53.
  2. Queen D, Orsted H, Sanada H, Sussman G. A dressing history. Int Wound J. 2004;1(1):59-77. [uri]
  3. 田高悦子. 用語解説「老人保健施設」「療養型病床群」. 地域ケアリング. 2000;2(7):91.
  4. 田高悦子. 用語解説「ノーマライゼーション」「地域リハビリテーション」. 地域ケアリング. 2000;2(14):93.
  5. 佐藤エキ子, 渡邊千登世, 真田弘美. 特集 看護の常識とエビデンス 看護現場の常識を見直す褥瘡ケア―体圧分散マットレスの効果について. EB Nursing. 2000;1(1):23-29.
  6. 紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第21回[ケア]Ⅳ. 湿潤 おむつ使用時の便失禁―便と褥創発生との関係. ナーシング・トゥディ. 2000;15(14):57-59.
  7. 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第20回[ケア]Ⅲ. 摩擦とずれ ギャッチアップ対応型エアマットレスを使用する. ナーシング・トゥディ. 2000;15(13):57-59.
  8. 真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第19回[ケア]Ⅲ. 摩擦とずれ ポケットのある難治性褥創に陰圧閉鎖療法を試みる. ナーシング・トゥディ. 2000;15(11):53-55.
  9. 藤本由美子, 真田弘美. QOLの高いターミナルステージのためのストーマケアのポイント. Urological Nursing. 2000;5(9):34-37.
  10. 須釜淳子, 真田弘美. 褥瘡発生と骨突出とのかかわり. 医学のあゆみ. 2000;194(11):868-869.
  11. 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第18回[ケア]Ⅱ. 除圧 円座使用の禁忌. ナーシング・トゥディ. 2000;15(10):53-55.
  12. 紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第17回[ケア]Ⅱ. 除圧 体位変換枕の貼用方法―円背患者の背部に褥創が発生した場合. ナーシング・トゥディ. 2000;15(9):47-49.
  13. 大桑麻由美, 真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第16回[ケア]Ⅱ. 除圧 新しいリクライニングの角度. ナーシング・トゥディ. 2000;15(8):49-51.
  14. 真田弘美, 大桑麻由美. 焦点 臨床看護に関する研究の動向と今後の課題 褥瘡のケアに関する研究の動向と今後の課題. 看護研究. 2000;33(3):21-28.
  15. 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第15回[ケア]Ⅱ. 除圧 低圧保持上敷きエアマットレス使用―予防用具から治療用エアマットレスへ. ナーシング・トゥディ. 2000;15(7):57-59.
  16. 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第14回[ケア]Ⅱ. 除圧 30度ルールで褥創を治す. ナーシング・トゥディ. 2000;15(5):54-56.
  17. 紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第13回[ケア]Ⅰ. 創の観察 壊死組織のある褥創の深度判定―深くなる褥創とは. ナーシング・トゥディ. 2000;15(4):62-64.
  18. 紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第12回[ケア]Ⅰ. 創の観察 褥創の治癒過程―PSSTとPUSH―創傷治癒を数量化してみる. ナーシング・トゥディ. 2000;15(3):52-54.
  19. 須釜淳子, 真田弘美. 褥瘡発生の重要因子「骨突出」のアセスメントとケア. エキスパートナース. 2000;16(3):52-55.
  20. 真田弘美. 日本の褥瘡ケアの現状と課題. エキスパートナース. 2000;16(3):38-39.
  21. 真田弘美. 褥創の予防方法におけるEBNの意味と有効性について‐問題の明確化からその評価まで. 看護. 2000;52(2):31-36.
  22. 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第11回[予防]Ⅴ. 栄養 栄養状態判定に腸骨突出との関係をみる. ナーシング・トゥディ. 2000;15(2):52-54.
  23. 紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第10回[予防]Ⅳ. 摩擦・ずれ シーツのしわ―シーツのしわとバスタオルのしわの違い. ナーシング・トゥディ. 2000;15(1):58-60.
  24. 田高悦子. 用語解説「介護保険制度」「介護支援専門員」「第1号被保険者」「第2号被保険者」. 地域ケアリング. 2001;3(4):89.
  25. 真田弘美. 根拠に基づく褥瘡予防とそのケ. 医薬の門. 2001;1(6):74-78.
  26. 須釜淳子, 真田弘美, 大桑麻由美. 褥瘡防止用マットレスの使い方とメンテナンス. リハビリテーション・エンジニアリング. 2001;16(3):15-19.
  27. 真田弘美. 特集 褥瘡治療に対する漢方の有効性と役割 <総論>2. 最新の褥瘡予防管理―予防から発生後のケアまで―. Progress in Medicine. 2001;21(8):14-18.
  28. 紺家千津子, 真田弘美. 褥瘡患者のケアのポイント 局所環境を整える看護技術. 臨牀看護. 2001;27(9):1408-1413.
  29. 須釜淳子, 北川敦子, 真田弘美. 褥瘡患者のケアのポイント 臥位時の褥瘡予防技術. 臨牀看護. 2001;27(9):1396-1402.
  30. 大桑麻由美, 真田弘美. 知っておきたい最新の基礎知識 褥瘡はどこまで予測できる?. 臨牀看護. 2001;27(9):1340-1345.
  31. 真田弘美. 本特集のねらい 褥瘡患者の看護技術. 臨牀看護. 2001;27(9):1287-1289.
  32. 真田弘美. 特集2 褥瘡・皮膚潰瘍治療~新しい薬物治療~ 3. 褥瘡の看護~予測と外的要因へのケア~. 医薬ジャーナル. 2001;37(7):151-158.
  33. 藤本由美子, 真田弘美. 増えてきた尾骨部褥瘡をどう防ぐか―座りきり褥瘡の問題点. エキスパートナース. 2001;17(9):36-39.
  34. 真田弘美(プランナー). 特集 ケースから学ぶ泌尿器科の褥瘡ケア. Urological Nursing. 2001;6(6):10-44.
  35. 真田弘美編. 特集 褥瘡ケアとエビデンス. EB NURSING. 2001;1(3):5-97.
  36. 真田弘美. 特集=高齢者に起きやすい疾患の治療 褥瘡. Medicament News. 2001;1691:16-18.
  37. 真田弘美. Geriatric syndrome―高齢者特有の病態 褥瘡Pressure ulcer. medicina. 2001;38(4):626-628.
  38. 真田弘美, 大桑麻由美, 須釜淳子, 紺家千津子. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 最終回[ケア]Ⅷ. 新しいチャレンジ 褥創部の圧を測る. ナーシング・トゥディ. 2001;16(4):57-59.
  39. 美代賢吾, 堀内成子, 水流聡子, 石垣恭子, 江藤宏美, 柏木公一, 真田弘美, 松本直子, 柳田征宏, 山田雅子. EBNと文献データベース―看護文献データベースの構築―. 看護展望. 2001;26(4):64-66.
  40. 須釜淳子, 真田弘美. 特集 臨床にEBNはどう貢献するのか 踵部褥瘡に足浴ケアを導入する. 看護学雑誌. 2001;65(3):214-218.
  41. 真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第24回[ケア]Ⅶ. 栄養 経口摂取の有効性―チームで取り組む栄養管理. ナーシング・トゥディ. 2001;16(3):54-56.
  42. 真田弘美, 須釜淳子, 紺家千津子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第23回[ケア]Ⅵ. 褥創の局所管理 患者の苦痛を最小限にするドレッシング材の選択. ナーシング・トゥディ. 2001;16(2):56-58.
  43. 真田弘美. 特集/皮膚科医のための実践的最新褥瘡治療 皮膚科医のための実践的予防ケアの知識―褥瘡リスク評価および体圧分散の工夫―. MB Derma.. 2001;44:7-14.
  44. 須釜淳子, 真田弘美, 紺家千津子, 大桑麻由美. EBN思考の褥創ケア―ケースリポートを中心に 第22回[ケア]Ⅴ. 血行を促す 踵部褥創に対する足浴の有効性. ナーシング・トゥディ. 2001;16(1):56-58.
  45. 田高悦子. 用語解説「ユニバーサルデザイン」「ユニットケア」「ボランティア」「シルバーマーク」. 地域ケアリング. 2002;4(5):98.
  46. 田高悦子. 用語解説「MMSE」「HDS-R」「CDR」「柄沢式臨床判定基準」. 地域ケアリング. 2002;4(4):98.
  47. 須釜淳子, 真田弘美, 大桑麻由美, 玉井奈緒, 松井優子. 褥瘡ケアのエビデンス―QOL拡大が可能な体圧分散寝具の臨床応用に向けて―. 臨牀看護. 2002;28(13):2078-2085.
  48. 須釜淳子, 真田弘美. 褥瘡の予防と管理1)体位変換・圧管理(特集 高齢者と褥瘡―予防とケアの技法). Geriatric Medicine(老年医学). 2002;40(8):1009-1015.
  49. 真田弘美. 褥瘡のリスクアセスメント(特集 高齢者と褥瘡―予防とケアの技法). Geriatric Medicine(老年医学). 2002;40(8):1004-1008.
  50. 真田弘美. 目で見るシリーズ 褥瘡―研究・治療の最前線② 高齢者の褥瘡予防. Journal of Clinical Rehabilitation. 2002;11(8):682-685.
  51. 北川敦子, 真田弘美. 褥瘡ケア最前線―訪問看護師としてはこれだけは知っておきたい. 訪問看護と介護. 2002;7(8):618-638.
  52. 真田弘美監修. 褥瘡対策マニュアル. エキスパートナース. 2002;18(7):47-79.
  53. 阿部俊子, 山下悦子, 天野志保, 大表歩, 真田弘美, 北川敦子. 褥瘡対策に関する診療計画書と褥瘡クリニカルパス. エキスパートナース. 2002;18(7):40-46.
  54. 岡田晋吾, 坂本すが, 真田弘美, 阿部俊子企画・監修. 緊急特集 わかりやすい褥瘡対策の基本. エキスパートナース. 2002;18(7):35-80.
  55. 高島三洋, 並木幹夫, 真田弘美. 褥瘡の管理(泌尿器科病棟管理マニュアル Ⅲ. ベッドサイド処置の実際). 臨床泌尿器科. 2002;56(4(増刊号)):139-143.
  56. 真田弘美. まえがき いまなぜ褥瘡ケアなのか. 臨床栄養. 2003;103(4):357.
  57. 真田弘美, 徳永恵子, 宮地良樹, 大浦武彦, 森口隆彦, 中条俊夫, 福井基成(日本褥瘡学会学術教育委員会). 「DESIGN」―褥瘡アセスメントツールとしての信頼性の検証―. 日本褥瘡学会誌. 2002;4(1):8-12.
  58. 紺家千津子, 真田弘美. Part 1褥瘡対策未実施減算〔事例でみる〕これでDESIGNはつけられる(特集 褥瘡 もう一度知りたいキホン). エキスパートナース. 2003;19(11):36-41.
  59. 須釜淳子, 真田弘美. 第7回 看護計画の具体的な立て方① 圧迫・ズレ力の排除(シリーズチームで進める褥瘡対策―褥瘡対策未実施減算対応へのストラテジー). エキスパートナース. 2003;19(10):24-28.
  60. 須釜淳子, 真田弘美監修. 体圧分散寝具選択のポイント(第2特集 褥瘡予防用具徹底研究). 地域ケアリング. 2003;5(8):42-45.
  61. 紺家千津子, 真田弘美. 第6回 創の評価② DESIGNをどうつける(後編)―炎症/感染、肉芽形成、壊死組織、ポケット(シリーズ チームで進める褥瘡対策―褥瘡対策未実施減算対応へのストラテジー). エキスパートナース. 2003;19(9):26-30.
  62. 真田弘美. 高齢者の褥瘡の予防と管理. 綜合臨牀. 2003;52(7):2156-2163.
  63. 北川敦子, 真田弘美. 第5回 創の評価① DESIGNをどうつける(前編)―深さ、滲出液、大きさ(シリーズチームで進める褥瘡対策―褥瘡対策未実施減算対応へのストラテジー). エキスパートナース. 2003;19(7):30-34.
  64. 北川敦子, 真田弘美. 在宅医療へのアドバイス<16> 褥瘡. プライマリ・ケア. 2003;26(2):145-147.
  65. 北川敦子, 真田弘美. 褥瘡の予防とトータルケア. 整形・災害外科. 2003;46(7):801-812.
  66. 須釜淳子, 真田弘美. 褥瘡は予防できるか?―褥瘡発生予測スケールと圧管理ケア―. Visual Dermatology. 2003;2(6):532-539.
  67. 森口隆彦, 宮地良樹, 真田弘美, 大浦武彦, 中條俊夫, 徳永恵子, 福井基成(日本褥瘡学会学術教育委員会). 「DESIGN」―褥瘡の新しい重症度分類と経過評価のツール―. 日本褥瘡学会誌. 2002;4(1):1-7.
  68. 須釜淳子, 真田弘美. 第2回 除圧の考え方と方法(シリーズ 最新 褥瘡予防・治療・ケアのスタンダード―いま問い直すエビデンスに基づく褥瘡の治療). エキスパートナース. 2002;18(3):28-31.
  69. 須釜淳子, 真田弘美. 体圧分散寝具の選択方法. 医薬の門. 2002;42(1):102-105.
  70. 真田弘美. 第1回 褥瘡のリスクアセスメント(シリーズ 最新 褥瘡予防・治療・ケアのスタンダード―いま問い直すエビデンスに基づく褥瘡の治療). エキスパートナース. 2002;18(2):26-29.
  71. 紺家千津子, 大桑麻由美, 真田弘美. 寝たきり高齢者における褥瘡の治癒過程のアセスメントと今後の課題. 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌. 2002;5(2):5-11.
  72. 真田弘美. 褥瘡管理をより科学的に、そしてより実践的に. 日本褥瘡学会誌. 2003;5(1-2):101-105.
  73. 真田弘美, 大浦武彦, 中條俊夫, 徳永恵子, 森口隆彦, 福井基成, 足立香代子, 廣瀬秀行, 村山志津子, 宮地良樹(日本褥瘡学会学術教育委員会). 褥瘡発生要因の抽出とその評価. 日本褥瘡学会誌. 2003;5(1-2):136-149.
  74. 大桑麻由美, 真田弘美. 褥瘡スクリーニングのために. 月刊ナーシング. 2003;23(5):6-17.
  75. 大桑麻由美, 真田弘美. 褥瘡看護の基礎知識―リスクアセスメントスケールを中心に―. 薬局. 2003;54(4):33-41.
  76. 須釜淳子, 真田弘美, 表志津子. 体圧分散方法―体位変換、寝具の選択. 形成外科. 2003;6(4):361-368.
  77. 真田弘美. 褥瘡のリスクアセスメント. 形成外科. 2003;6(4):353-360.
  78. 大桑麻由美, 真田弘美. 根拠のある褥瘡予防用具の選び方. 看護学雑誌. 2003;7(3):253-259.
  79. 真田弘美. プログレス 最新の褥瘡予防. 理学療法ジャーナル. 2003;37(3):247-50.
  80. 林みゆき, 紺家千津子, 真田弘美. 膀胱癌患者の看護. クリニカルスタディ. 2003;24(2):20-31.
  81. 村山志津子, 真田弘美. 最終回 在宅での褥瘡予防ケア(シリーズ 最新 褥瘡予防・治療・ケアのスタンダード―いま問い直すエビデンスに基づく褥瘡の治療). エキスパートナース. 2003;19(1):18-22.
  82. 大桑麻由美, 真田弘美. 褥瘡研究の背景と展望. JJPEN. 2003;25(1):3-11.
  83. 須釜淳子, 真田弘美. 褥瘡の予防と治療に必要な体圧分散寝具の知識. 皮膚病診療. 2003;25(増1):69-75.
  84. 真田弘美. 褥瘡のアセスメント. 皮膚病診療. 2003;25(増1):37-48.
  85. 大桑麻由美, 真田弘美, 須釜淳子. 看護・介護の技術(特集 新しい褥瘡予防と治療・ケアの実際). Progress in Medicine. 2003;23(10):65-70.
  86. 北川敦子, 真田弘美. 創の評価方法―DESIGN―(特集 新しい褥瘡予防と治療・ケアの実際). Progress in Medicine. 2003;23(10):43-51.
  87. 真田弘美. 褥瘡の予防・管理. 臨床栄養. 2003;103(4):391-397.
  88. 真田弘美. 褥瘡ケアに真田弘美. 褥瘡予防・管理の最前線. 2004;3(1):15-20.
  89. 大西香代子, 田高悦子, 大串靖子. 看護学教育における個人情報取り扱いの現状と課題. 看護展望. 2004;29(4):431-6.
  90. 真田弘美, 大桑麻由美, 村山志津子. 褥瘡発生リスクの予測-K式スケールの使用方法. クリニカルプラクティス. 2004;23(5):476-9.
  91. 紺家千津子, 真田弘美. 排泄介助が必要な場合のケア. 総合ケア. 2004;14(6):38-41.
  92. 真田弘美, 大桑麻由美. 高齢者における重点看護技術の教育と研究. Quality Nursing. 2004;10(6):4-8.
  93. 真田弘美. 褥瘡は予防に始まり予防に終わる~「圧の除去」と「栄養管理」がポイント. ヘルシスト. 2004;28(4):25-31.
  94. 真田弘美. 褥瘡の予防と管理-栄養管理を中心に-. 栄養日本. 2004;47(7):13-5.
  95. 真田弘美, 菅野由貴子, 北川敦子. 知っておいて役に立つ高齢者医療の実際 10褥瘡の管理. 治療学. 2004;38(7):59-64.
  96. 真田弘美. ブレーデンスケール. 栄養-評価と治療. 2004;21(4):78-81.
  97. 真田弘美. EPUAP褥瘡予防・治療ガイドライン. エキスパートナース. 2004;20(11):125-30.
  98. 真田弘美. EBMに基づく褥瘡予防・管理. ベストナース. 2004;15(9):17-20.
  99. 須釜淳子, 村山志津子, 真田弘美. 看護面からみた褥瘡予防-皮膚の観察とリスクアセスメント-. MB Med Reha. 2004;38:31-8.
  100. 真田弘美企画・編集. 総特集 褥瘡患者の看護技術;最新の知識と看護のポイント. 臨牀看護. 2001;27(9).

症例報告

  1. 荒木真由美, 真田弘美, 紺家千津子, 大山真希, 樋木和子, 須釜淳子, 浅井徹. 持続吸引による陰圧閉鎖療法を導入した褥瘡ケアの一例. 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌. 2000;4(2):68-71.
  2. 紺家千津子, 真田弘美, 須釜淳子, 大桑麻由美, 米澤保人, 筒口善央, 福冨由美, 新谷喜美子. 試作排便センサシステムの臨床使用評価. 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌. 2000;4(2):57-59.
  3. 高道香織, 山内由美子, 森川さおり, 畑いずみ, 大門史恵, 龍口さだ子, 紺家千津子, 真田弘美. 医療用粘着テープによるスキントラブルの予測と予防. 第31回日本看護学会論文集-看護総合-. 2000;31:181-3.
  4. 津田恭子, 真田弘美, 片田真理子, 北山幸枝, 小西千枝, 干場順子, 西村元一, 須釜淳子, 佐々木和弘, 高橋哲也, 吉川隆造. 消臭剤付きストーマ袋の使用評価-4症例適用して-. 日本ストーマリハビリテーション学会誌. 2000;16(1):55-59.
  5. 室島紀代美, 松本清子, 真田弘美. 筋ジストロフィー患者における鼻根部皮膚障害の実態と発生要因―鼻マスク装着患者4事例の検討―. 石川看護研究会誌. 2001;14(1):46-50.
  6. 北川敦子, 真田弘美. エビデンスに基づく褥瘡ケアの実際 再発を繰り返す褥瘡患者の経口摂取の整え. EB NURSING. 2001;1(3):87-92.
  7. 紺家千津子, 真田弘美. エビデンスに基づく褥瘡ケアの実際 下痢便により褥瘡の再発を繰り返す患者への湿潤対策. EB NURSING. 2001;1(3):82-86.
  8. 藤本由美子, 真田弘美. エビデンスに基づく褥瘡ケアの実際 処置時に苦痛を訴える患者へのドレッシング材の選択. EB NURSING. 2001;1(3):76-80.
  9. 須釜淳子, 真田弘美. エビデンスに基づく褥瘡ケアの実際 両踵部にⅣ度の褥瘡を有する患者の血行促進ケア. EB NURSING. 2001;1(3):71-5.
  10. 北山幸枝, 真田弘美. エビデンスに基づく褥瘡ケアの実際 ポケットのある難治性褥瘡をもつ患者の局所の摩擦・ずれ防止ケア. EB NURSING. 2001;1(3):66-70.
  11. 大桑麻由美, 真田弘美. エビデンスに基づく褥瘡ケアの実際 褥瘡部に疼痛がある患者の除圧ケア. EB NURSING. 2001;1(3):60-4.
  12. 北山幸枝, 真田弘美. 骨盤内臓器手術に伴う創の離開とケア―膀胱全摘除術後の正中創離開に対するケア. Urological Nursing. 2001;6(6):39-44.
  13. 高道香織, 龍口さだ子, 真田弘美. テープによるスキントラブルの予測と予防. 看護学雑誌. 2001;65(1):94-95.
  14. 田端恵子, 高波知佳, 梶原須美子, 真田弘美, 紺家千津子, 田中愛. 失禁による汚染が原因で治癒遅滞している褥瘡への新たなケア. エキスパートナース. 2002;18(10):106-8.
  15. 紺家千津子, 真田弘美, 畑いずみ, 高道香織. 術後患者の医療用粘着テープによる皮膚障害発生要因の検討. 看護実践の科学. 2002;27(5):92-3.

報告書

  1. 堀内成子, 水流聡子, 美代賢吾, 真田弘美, 石垣恭子, 山田雅子, 柏木公一, 柳田征宏, 江藤宏美(研究・学術情報委員会). 日本看護科学学会における情報発信構想と研究支援. 日本看護科学会誌. 2000;20(1):44-8.
  2. 松本直子, 堀内成子(委員長), 江藤宏美, 水流聡子, 美代賢吾, 石垣恭子, 柏木公一, 柳田征宏, 真田弘美, 山田雅子(研究・学術情報委員会). 電子化における学術雑誌のスタイルの課題―「日本看護科学会誌」の現状―. 日本看護科学会誌. 2001;21(3):91-94.
  3. 大浦武彦, 近藤喜代太郎, 真田弘美, 杉山みち子, 徳永恵子, 藤井徹, 宮地良樹, 森口隆彦. Ⅶ.本邦における褥瘡患者655症例の現状と実態―第1編―. Advances in Aging and Health Research 1999. 2000:85-98.

その他

  1. Sanada H. Meet our editorial executives. Int Wound J. 2004;1(1):7.
  2. 真田弘美. 褥瘡の予防的ケアの重要性 予防・治療ともに看護ケアが不可欠. Home Care Medicine. 2000;3:21-3.
  3. 真田弘美. 私流学会の楽しみ方 パワーを吹き込んでくれる学会. ナーシング・トゥデイ. 2000;15(6):54.
  4. 真田弘美, 須釜淳子. シリーズ 褥瘡予防4褥瘡と栄養管理. ふれあいの輪. 2000;14(1):9-12.
  5. 真田弘美. 投稿論文を選考して―研究の傾向と課題―. 日本看護協会 協会ニュース. 2001;414:5.
  6. 宮地良樹, 真田弘美. 対談 褥瘡治癒におけるWound Bed Preparationの重要性. Home Care Medicine. 2001;2(12):54-7.
  7. 真田弘美. Books 情報を系統的にかつ短期間に収集できる. 月刊ナーシング. 2001;21(8):64.
  8. 真田弘美. 褥瘡の看護, 一般的ケア. Home Care Medicine. 2001;2(6):34-6.
  9. 真田弘美. 在宅で役に立つ褥瘡ケア技術. Medical View Points. 2001;22(6):5-6.
  10. 真田弘美, 須釜淳子. イリアックメジャーを用いたスクリーニング. Cure \& Care Express. 2001;4:3-4.
  11. 真田弘美, 福井基成, 宮地良樹. Round Table Discussion高齢者の褥瘡をめぐる諸問題. Geriatric Medicine. 2002;40(8):1101-1113.
  12. 宮地良樹, 真田弘美. 対談 実効ある褥瘡対策を進めるために. エキスパートナース. 2002;18(13):24-26.
  13. 真田弘美. 褥瘡研究からみたエビデンス(シンポジウムⅡ「看護におけるエビデンス」, 第27回日本看護研究学会学術集会講演記事(2)). 日本看護研究学会雑誌. 2002;25(2):135-136.
  14. 須釜淳子, 真田弘美. 体圧分散マットレスの種類で褥瘡治癒率が異なるか?. ナーシング・トゥデイ. 2002;17(5):38.
  15. 真田弘美. 具体的な褥瘡部のケア方法(―褥瘡患者への対応と栄養管理―). Cure \& Care Express. 2002;6:6-7.
  16. 真田弘美. セミナー1 褥瘡ケアと栄養管理(エキスパートナース・フォーラム2001 褥瘡・嚥下障害へのアプローチ). エキスパートナース. 2002;18(3):85-6.
  17. 宮地良樹, 森口隆彦, 真田弘美. 談 いま求められている褥瘡予防・治療・ケアのエビデンス(シリーズ 最新 褥瘡予防・治療・ケアのスタンダード いま問い直すエビデンスに基づく褥瘡の治療). エキスパートナース. 2002;18(1):28-31.
  18. 表志津子, 大江真琴, 村田実穂, 須釜淳子, 真田弘美. 栄養リスクをもつ閉じこもり高齢者における二つの栄養介入モデルの効果. The Journal Club Journal Nutrition \& Dietetics. 2003;7(1):10-1.
  19. 手島恵, 亀井智子, 荒川唱子, 田高悦子, 真田弘美. 22回日本看護科学学会学術集会シンポジウムⅠ「実践に還元される量的研究」. 日本看護科学会誌. 2003;23(2):46-55.
  20. 真田弘美. セミナー2 褥瘡予防・管理―そのアセスメント方法の実際. エキスパートナース. 2003;19(3):104.
  21. 真田弘美. 褥瘡対策のポイントとスキンケア(インタビュー). 花王ハイジーンソルーション. 2003;3:1-5.
  22. 真田弘美. 褥瘡(インタビュー). Pallette. 2003;34:3-6.
  23. 表志津子, 須釜淳子, 真田弘美. 経口補液への亜鉛の添加:動物モデルにおける作用機序. The Journal Club Journal Nutrition \& Dietetics. 2003;6(1):38-9.
  24. 川尾基子, 須釜淳子, 真田弘美. 多変量モデル分析による合併症発生率、死亡率、入院期間、コストにおける栄養不良の影響(抄訳). The Journal Club Journal Nutrition \& Dietetics. 2004;7(2):4-5.
  25. 仲上豪二朗, 菅田勝也. コラーゲンとハイドロコロイドによる褥瘡治癒効果の比較-無作為化比較試験(抄訳). 看護管理. 2004;10(14):866-7.
  26. 真田弘美, 大桑麻由美. おすすめ褥瘡ケア用品ガイド―体圧減少用具セレクト30. エキスパートナース5月号特別付録. 2002.
  27. 真田弘美. 水仙友の会二十五周年に向けて, 二十五周年記念誌 社会復帰をめざして. (社)日本オストミー協会福井県支部 福井県水仙友の会. 2001:14-5.